当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

がん治療管理センター

役割

当院は2009年4月より地域がん診療連携拠点病院に指定されました。

がん治療管理センターは、当院に通院・入院する全てのがん患者さんに対して適切な診断・治療・看護・ケアが、ずーっと継続できる体制を構築する役割を担っており、以下の活動を行っています。

  • 1. 5大がん(肺がん・胃がん・大腸がん・肝がん・乳がん)をはじめすべてのがんの全国標準的・応用的治療の実施
  • 2. 外来化学療法室の稼動
  • 3. 緩和ケアチームによる早期からの適切な緩和ケアの提供
  • 4. 院内がん登録システムの運用
  • 5. がん相談支援センターによる相談対応

さらに、

  • ・ がん医療を専門的に行う医療従事者を養成するとともに、チーム医療を推進し、放射線療法・化学療法・手術療法やこれらを組み合わせた集学的治療の質の向上を図る
  • ・ 早期から全人的緩和ケアを提供する
  • ・ がん登録を推進する
  • ・ 働く世代や小児へのがん対策を推進する

は、がん対策基本計画の重点事項であり、今後さらなる機能強化を推進して行く考えです。


また、cancer board(手術、放射線診断、放射線治療、化学療法、病理診断および緩和ケアに携わる専門的な知識および技能を有する医師その他の専門を異にする医師・看護師・薬剤師等によるがん患者の病状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレス)を開催しており、一人の患者さんに対して多くの診療科が関われる環境も整いつつあります。


そのほか、地域の関係医療機関等との連携・協力に努めております。
当センターを構成する部門は、緩和ケア室、がん相談支援センター、医療情報・がん登録統計室、外来化学療法室、事務局です。全ての部門でマンパワーが満たされているわけではありませんが、徐々に人員の整備を図っています。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU