当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォームオンライン相談〈疾患限定〉

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

小児科

小児科専攻医募集
 手稲渓仁会病院 小児科専門研修プログラム 2022年度の専攻医募集を開始しています。
 Web説明会の資料を希望される方は、下記窓口にお問い合わせください。
 ●お問い合わせ窓口:tkh-senmoni@keijinkai.or.jp

  ※なお応募者多数の場合、早期に募集を締め切らせて頂くことがございます。

当科の理念・診療方針

当院小児科は地域の小児医療のため、小児救急・小児集中治療を担うことを最重点業務であり主な柱としています。これを支える形で裾野を広げ、一般小児科から新生児、小児循環器疾患などを網羅し、より総合的かつ柔軟に重症な小児患者様にも対応出来る体制を構築しています。当院は小児救急医療支援病院として札幌市の二次救急輪番体制に参加しておりますが、要請によっては当番以外の日でも二次救急相当の患者さんの受け入れをしております。これからも北海道の小児医療の中核となる病院として機能すべく日々努力しています。私達はまた、各人が尊敬し合い、助け合うことの出来る小児科であるように心掛けています。

 

当院は若手小児科医の育成にも力をいれており、市中病院としては道内で唯一、小児科専攻医研修の基幹病院にもなっております。臨床現場では,指導医のもとで研修医がいわゆるcommon diseaseから重症疾患まで、多くの患者さんと接することができる体制を維持出来るようにしています。教育カンファレンスにも力を入れており、指導医のレクチャーや屋根瓦式の教育体制の下、専攻医が初期研修医に指導をすることで自分自身の学びにつながるようにしています。最新の知見に基づく小児医療の提供と国際的に情報発信する医師の育成を目的に、英語教育にも力をいれており、教育回診を行っております。

 

受診される患者さんへのお願い

当院では、24時間365日小児救急診療を行っております。当然、夜間・休日の小児診療も対応しておりますが、小児科医師不足の影響はいなめず、1次診療(紹介や救急車来院以外の一般診察)には研修医あるいは他科の医師が対応させていただく事が多くなっております。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU