当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォームオンライン相談〈疾患限定〉

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

放射線診断科

対象疾患・診療実績

対象疾患、診療内容

画像診断は主に消化器科領域と救急科のCT、MRIを中心にレポート作成を行っていますが、各科から画像診断に関するコンサルトがあった場合にはその都度対応しています。また、他院からのCTやMRIの御依頼にも対応しています。
IVRに関しては循環器科と脳神経外科、心臓血管外科(大動脈のステントグラフト)以外の領域を担当しており、特殊な道具が必要なものを除けば日本で行われているIVRのほとんどは当院で施行可能です。以下に施行可能な手技の主なものを記載します。

 

    • ・様々な出血(喀血、消化管出血、血尿、産後出血、術後出血、特発性出血など)に対する動脈塞栓術(TAE)、ステント留置
    • ・大量の出血が予想される婦人科、産科手術に対するバルーンカテーテル留置術
    • ・外傷(肝損傷、脾損傷、腎損傷、骨盤骨折、大腿骨骨折など)による出血に対する動脈塞栓術(TAE)
    • ・内臓動脈瘤、仮性動脈瘤、肺動静脈瘻(奇形)に対する塞栓術(TAE)
    • ・悪性腫瘍(肺癌、肝臓癌、肝転移、婦人科悪性腫瘍など)の動脈塞栓術、動注化学療法(抗癌剤を動脈から注入する)、動注用リザーバー留置
    • ・良性腫瘍(腎臓の血管筋脂肪腫、子宮筋腫など)に対する動脈塞栓術
    • ・門脈圧亢進症に対する部分的脾動脈塞栓術
    • ・肝硬変に伴う静脈瘤に対するバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)
    • ・治療抵抗性の腹水に対するデンバーシャント留置、経頸静脈肝内門脈大循環短絡術(TIPS)
    • ・巨大腎嚢胞や肝嚢胞に対する嚢胞ドレナージ、嚢胞廃絶術、動脈塞栓術
    • ・上腸間膜動脈閉塞に対するウロキナーゼ動注療法、血管形成術(PTA)
    • ・上大静脈、下大静脈閉塞に対するステント留置術
    • ・中心静脈ポート、PICCの留置
    • ・経皮経食道胃管挿入術(PTEG)
    • ・肝切除術前の肝内門脈枝塞栓術(PTPE、ITPE)
    • ・深部静脈血栓症、肺塞栓症に対する下大静脈フィルター留置術
    • ・血管内異物除去
    • ・肝癌、肺癌、腎癌に対するラジオ波凝固療法(RFA)
    • ・経皮的針生検(肺、肝、骨、リンパ節など)
    • ・肝膿瘍、腹腔内膿瘍、骨盤部膿瘍、後腹膜膿瘍などに対する経皮的膿瘍ドレナージ
    • ・リンパ管造影、リンパ管の塞栓術
    • ・圧迫骨折や骨転移の痛みに対する経皮的椎体形成術、動脈塞栓術
    • ・運動器痛(五十肩やテニス肘などの)に対する動脈塞栓術(TAME)(今後導入予定)

画像診断とIVRは日進月歩の領域であり、今後も様々な機器や手技が開発されてくると思われますが、時代に遅れることがないよう日々情報収集に努め、手技の研鑽に努めています。

 

診療実績

・レポート作成件数:CT、MRI併せて約3000件/年
・血管造影、IVR:約450件/年

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU