当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォームオンライン相談〈疾患限定〉

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

小児科

学術活動

英語回診

毎週金曜日に興味深い症例について英語回診を行っています。研修医が英語でプレゼンテーションをし、症例のディスカッションを行う際に英語を使うことにより、知識の整理とプレゼンテーション能力の向上をはかることが目的です。また海外の医師や医学生を積極的に招き、国際交流を図りながら診療技術の向上を目指しています。

 

国際学会発表

若手医師が積極的に国際学会に参加し、最新の医学知識の収集と当院での症例等を発表しています。


2019年 荒井勇人医師(6年目医師)ESPE Annual meeting, Vienna, Austria
2017年 野上正雄医師(3年目後期研修医)IMPE, Washington DC, USA
2017年 篠原未来医師(3年目後期研修医)IMPE, Washington DC, USA
2016年 堀部加那子医師(2年目初期研修医)SGIM Annual meeting, Florida, USA

臨床研究

2021~現在 ビタミンD欠乏症とステロイドホルモンシグナルによる胎児発育遅延の原因解明
2020~現在 成長ホルモン分泌不全症におけるグルココルチコイドホルモン代謝とメタボリックプロファイルの関連について
2019~現在 重症小児におけるグルココルチコイドホルモン代謝の検討
2017~2019 食物アレルギー児におけるビタミンD充足状態の検討
2015~2018 川崎病におけるステロイドホルモン代謝と治療感受性の検討

論文・著書

2022年
■上野倫彦.一般小児科医のための小児循環動態の考え方 : 小児の心疾患を診るこつ.日本小児循環器学会雑誌.2022;38(1):3-14.
■奥村遼、小野洋輔、及川純子、齋秀二、上野倫彦、南雲淳、山田秀人、長谷山圭司.早発型新生児敗血症で発症した先天梅毒の1例.小児科.2022;63(7):799-803.
■實川美緒花、上野倫彦、長谷山圭司、齋藤光里、野上正雄、荻原重俊、和田宗一郎、西迫良、田村卓也、八田英一郎、田端祐一、南雲淳.早期診断により心機能低下前から入院管理を行い、体外式膜型人工肺(ECMO)導入にて救命しえた劇症型心筋炎の8歳女児例.臨牀小児医学.2021;69:61-66.
■飯島貴美子、青葉登美子、齋秀二.成長ホルモン療法を継続してきた成長ホルモン分泌不全性低身長症の思春期の子どもが抱く困難.外来小児科.2022;25(2):180-184.
■園田博、木村礼子、柳沢容子、川井田能史、谷口直行、藤井裕泰、中田結子、米谷美智子、坂本泰子、齋 秀二.事業主,健康保険組合,健康診断施設が三位一体となった特定保健指導プロトコルは,大規模事業所の指導実施率を100%近くまで上昇させる.人間ドック.2022;37:74-82.
■Nogami M, Wada S, Sai S, Onda T, Cho K. Treatment evaluation of genetic surfactant disorder with a high-flow nasal cannula. Pediatr Int. 2022;64(1):e15004.
■Okumura R, Aoyama T, Oikawa J, Tamura T, Sai S. Facial palsy and subsequent posterior reversible encephalopathy syndrome due to Lyme disease. Pediatr Int. 2022;64:e15243.

 

2021年
■荻原重俊. 小児の鎮静と新しいモニタリング. 小児科.2021;62(9):920-929.
■金高有里、小林道、土肥聡、荻原重俊. 妊娠期の葉酸サプリメント摂取と児の喘息発症リスクとの関連. DOHaD研究.2021;10(1):69-75.
■及川純子、齋秀二、大谷杏奈、南雲淳、杉原暁美、玉腰暁子.食物アレルギー児のビタミンD充足状態.日本小児科学会雑誌.2021;125(8):1156-1161.
■廣上晶子、及川純子、小杉山清隆、齋藤光里、齋秀二、南雲淳、岩田正道.梅毒未治療の母体から出生し先天梅毒として治療を行った同胞例.日本小児科学会雑誌.2021;125(7):1066-1071.
■齋藤光里、野呂歩、水島正人、内田雅也、里見達郎、塩野展子、本庄遼太、木下貴正.無症候の母体より出生した単純ヘルペス1型ウイルスによる壊死性網膜炎の早産児例.日本周産期・新生児医学会雑誌.2021;57:175-181.
■和田宗一郎、野上正雄、田村卓也、齋秀二、上野倫彦、長谷山圭司、南雲淳.小児の循環補助用心内留置型ポンプカテーテル(IMPELLA®) 装着下メディカルジェット搬送.日本集中治療医学会雑誌.2021;28:110-113.
■中村千紘、木内英、齋秀二、小杉山清隆、岩田正道、南雲淳、安藏慎.正期産児における無呼吸発作のリスク因子と発症パターン~早産児との比較~.小児科診療.2021;84:127-131.
■Nogami M, Constantine S, Sai S. Neurological and gastrointestinal symptoms as an initial presentation of pediatric thyroid storm: report of three cases. J Pediatr Endocrinol Metab. 2021;34(9):1197-1200.
■Ogiwara S, Tamura T, Sai S, Nojima M, Kawana S. Superiority of OxyMaskTM with less carbon dioxide rebreathing in children. Eur J Pediatr. 2021;180(12):3593-3597.
■Nakano T, Kobayashi R, Matsushima S, Hori D, Yanagi M, Suzuki D, Kobayashi K. Risk factors for delayed elimination of high-dose methotrexate in childhood acute lymphoblastic leukemia and lymphoma. Int J Hematol. 2021;113:744-750.
■Ueno M, Takeda A, Yamazawa H, Takei K, Furukawa T, Suzuki Y, Chida-Nagai A, Kimura A. A case report: Twin sisters with restrictive cardiomyopathy associated with rare mutations in the cardiac troponin I gene. J Cardiol Cases. 2020;23(4):154-157.

 

2020年
■中野貴明.小児科勤務医は夜間勤務後に明らかな集中力の低下をきたす.日本医療マネジメント学会雑誌.2020;21(2):91-96.
■飯島貴美子、青葉登美子.在宅成長ホルモン療法を受けている親子への支援.小児看護.2020;43(12):1574-1579.
■Sai S, Esteves C, Kelly V, Sakaguchi K, McAndrew R, Chudleigh S, Spence A, Gibson B, Thomas A, Chapman KE. Reciprocal Regulation of HSD11B1 and HSD11B2 Predicts Glucocorticoid Sensitivity in Childhood Acute Lymphoblastic Leukemia. J Pediatr. 2020;220:249-253.
■Arai Y, Kosugiyama K, Tamura T, Matsumoto S, Sudo A, Shiraishi H, Ivor C, Ohtake A, Nagumo K. Successful recovery from severe hypertension in a patient with Leigh syndrome. Mol Genet Metab Rep. 2020;25:100684.

 

2019年
■南雲淳、田村卓也、齋秀二、野上正雄、松元献、荒井勇人、三宅のえる、及川純子、小杉山清隆、杉原暁美、中島泰志、長谷山圭司、岩田正道、衣川佳数.重症川崎病に対する血漿交換とステロイドパルス療法の併用について.臨牀小児医学.2019;67(1/6):33-37.
■田村卓也.嘔吐.小児科.2019;60(5):495-502.
■Sai S, Tamura T, Nagumo K, Chapman KE. Peripheral glucocorticoid signaling in Kawasaki disease. Pediatr Res. 2019;86(5):550-552.
■Arai Y, Okumura R, Wada S, Haseyama K, Sai S. A rare case of neonatal hypocalciuric hypercalcemia complicated with arrhythmia. Horm Res Paediatr. 2019;91:373.
■Sai S, Tamura T, Nagumo K, Chapman K. Peripheral glucocorticoid metabolim may reflect resolution of inflammation in Kawasaki disease. Horm Res Paediatr. 2019;91:76-77.

 

2018年
■和田宗一郎.小児集中治療室患者における気管切開の気道予後.人工呼吸.2018;35:64-70.
■田村卓也.窒息.小児内科.2018;50:414.
■田村卓也.循環(視診).小児科診療 2018;81(11):1417-1423
■Sai S, Yamada T, Katsuyama N, Takaoka A. Peripheral glucocorticoid metabolism selectively modulates innate immune receptor RIG-I. Endocrine Abstracts. 2018;59:35.

 

2017年
■田村卓也.小児救急のルール.Emergency Care. 2017;30(3):15-16.
■Nogami M, Sai S. Accidental tightening of a seatbelt around the neck of a 5-year-old boy. Pediatr Int. 2017;59(9):1031.
■Sai S, Yamaguchi R, Chapman KE, Hongo T. Reciprocal regulation of 11β-HSDs may predict steroid sensitivity in childhood nephrotic syndrome. Horm Res Paediatr. 2017;88:260.
■Shinohara M, Sai S. A rare case of neonatal thyrotoxicosis following transient hypothyroidism. Horm Res Paediatr. 2017;88:471.
■Nogami M, Arai Y, Shimizu T, Sai S. Rare cases of thyroid storm in adolescence. Horm Res Paediatr. 2017;88:595.

 

2016年
■田村卓也.クループ症候群.小児内科.2016;48(11):1798-1801.
■田村卓也.小児のNIVは有効なのか? 救急集中治療.2016;29:9-10.
■Sai S, Yamamoto M, Yamaguchi R, Chapman KE, Hongo T. Reciprocal Regulation of 11β-HSDs May Predict Steroid Sensitivity in Childhood Nephrotic Syndrome. Pediatrics. 2016 Sep;138(3). pii: e20154011.
■Itoshima R, Kobayashi R, Sano H, Hori D, Kishimoto K, Suzuki D, Miura M, Takagi Y, Yamamoto H, Fujita S, Honjo R, Kobayashi K. Extrarenal Nephroblastoma of the Retroperitoneal Space in Children: A Case Report and Review of the Literature. J Pediatr Hematol Oncol. 2017;39(4):296-298.

 

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU