当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

当院について

病院長あいさつ

 

intyou

手稲渓仁会病院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

当院は1987年の開院以来、地域住民の皆さまから頼りにされる“かかりつけ医”として、同時に質の高い急性期総合医療を提供する病院を目指して、職員一同、日々研鑽しております。

その結果、多くの皆さまのご支援により、「地域医療支援病院」、「地域がん診療連携拠点病院」、「救命救急センター」、「ドクターヘリ基地病院」、「地域災害拠点病院」、「初期臨床研修指定病院」等の指定を受けるに至りました。また制度改定当初の2012年度より、大学附属病院本院と同等の機能を有する「DPC医療機関群II群(高診療密度病院)」としての指定を受けております。
これからも急性期医療・専門医療を提供する地域中核病院として、質の高い急性期総合医療を提供することを使命と考え努力して参る所存です。

 

そのために必要な体制作りとして、2015年12月に新棟(F棟)を竣工いたしました。これにより、増加する高度医療へのニーズに対応すべく最新の設備を備えた手術室の増設(12室→15室)を実現することができました。また、専門医療を受ける外来患者さんが快適に治療を受けることができるよう、外来化学療法室(15床→23床へ増床)と人工透析室を新棟1階に移転し、治療環境をさらに整備いたしました。加えて2階から7階は、従来から要望の多かった個室率の大幅な増加やアメニティーの充実など、患者さんの入院療養環境の改善を実現しました。
引き続いて着手した既存棟の大改修により、まずは特定機能病床をNICU(3床→6床)、SCU(9床→15床)、ICU(12床→16床)とそれぞれ増床し、GCU 6床を新設しました。一般病棟も本年7月には工事が終了し、個室が増えて(一般病床の24.3%)快適な療養環境となり、これまで以上に患者さんのニーズに応え易くなると思われます。

 

救命救急センターにつきましても2015年12月に増床(19床→30床)し、本格稼働しております。これにより手稲区近郊のみならず、札幌市北西部~石狩・後志地域の救急医療により一層貢献できるものと考えています。

 

なお、初診外来につきましては紹介状をお持ちの方や救急患者さんを中心としており、「“かかりつけ医”としての役割」である一般外来につきましては政策により縮小しております。ですが、その分患者さんが抱えている不安を取り除くべく、患者サポートセンター内に「受診相談コーナー」を設けて手厚くサポートしております。(相談方法等の詳細はこちら

 

この患者サポートセンターには、受診相談のみならず、手術や検査の説明から入院前オリエンテーション、退院支援、よろず相談など、様々なご相談に対応できるよう、看護師や薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーや事務職員など多職種を配置して皆さまのご利用をお待ちしております。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

当院の取組・姿勢・体制等にご理解とご信頼をいただく上で、当ホームページが皆さまと結びつく一助となることを期待しております。

 

皆さまのご支援、ご指導を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院
院長 成田 吉明

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU