当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォームオンライン相談〈疾患限定〉

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

リウマチ膠原病内科

診療内容

関節リウマチ

手指、手首、足趾の関節腫脹やこわばりで発症する持続性・破壊性の炎症性関節炎です。メトトレキサート、生物学的製剤、JAK阻害剤の登場により、炎症を速やかに改善して、進行を防ぐことができるようになりました。疾患の評価・モニタリングを行い、寛解・低疾患活動性を目標に、副作用の少ない、安全な治療を基本としています。併存病変の評価・治療、外科的治療、リハビリテーション、栄養指導などの非薬物療法、ソーシャルワーカーによる社会資源の紹介など、各職種・専門科と連携・協力して診療しています。

 

全身性エリテマトーデス

発熱、倦怠感、皮疹、関節炎、腎炎などで発症する難治性の全身性自己免疫疾患です。近年、ヒドロキシクロロキン、ミコフェノール酸モフェチル、ベリムマブ、アニフォルマブが承認され、ステロイドに依存しない、多角的な免疫療法へと治療は進歩しています。仕事と生活、妊娠・出産、趣味など通常の生活ができることを目標に診療しています。

 

血管炎症候群

発熱、頭痛、体重減少、眼球充血、難聴、息切れ、触知できる紫斑、蛋白尿・血尿などで発症する全身の血管に炎症を起こす疾患です。血管のサイズ・部位・病態により多彩な臓器障害を来たし、時に、急速に進行し、重症・致死的となることがある難治性疾患です。シクロフォスファミド、リツキシマブ、トシリズマブ、メポリズマブなどの治療により、寛解導入率・非再燃率・予後が改善してきています。関連する専門科と連携し、診療しています。

 

脊椎関節炎

仙腸関節、脊椎、胸鎖関節など体軸関節の炎症を共通の特徴とする疾患の総称です。強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、炎症性腸疾患関連脊椎関節炎、反応性関節炎などが含まれます。共通症状として、滑膜炎、付着部炎、指趾炎、炎症性背部痛などの関節症状や、ぶどう膜炎、腸炎、乾癬などの関節外症状があります。2019年、メトトレキサートの適応に乾癬性関節炎が追加されました。主な病変臓器の組み合わせに従い、NSAIDs、従来型抗リウマチ薬、TNFα、IL-17、IL-23などに対する生物学的製剤、Jak阻害薬などを選択して、治療しています。

 

皮膚筋炎・多発性筋炎

ゴットロン丘疹・徴候、ヘリオトロープ疹、”機械工の手”などの皮疹、筋力低下・筋痛、間質性肺疾患、発熱、関節炎、レイノー現象などを特徴とする炎症性筋疾患です。近年、抗ARS(抗Jo-1を含む)、抗Mi-2、抗MDA-5、抗Tif-1γなど筋炎特異抗体が承認され、臨床的亜型・予後の推測が可能になりました。難治例・重症例では、タクロリムス、シクロフォスファミド、免疫グロブリンなどにより治療します。

 

全身性強皮症

手指硬化、レイノー現象、爪郭毛細血管異常などにより発症し、指尖部潰瘍、皮膚硬化、間質性肺疾患、肺高血圧症、食道蠕動運動障害、偽性腸閉塞、腎クリーゼなどを来す、線維化と血管病変を特徴とする難治性疾患です。皮膚硬化が両肘・膝関節より遠位にとどまる限局皮膚硬化型と、近位に進展するびまん皮膚硬化型に分類され、抗セントロメア、抗トポイソメラーゼI(抗Scl-70)、抗RNAポリメーラゼIII、U1-RNPなど特異抗体を認めます。血管拡張薬、シクロフォスファミド、トシリズマブ、抗線維化薬、ACE阻害剤などにより治療します。

 

痛風・偽痛風

急性単関節炎で発症する結晶性関節炎です。関節穿刺、偏向顕微鏡による結晶同定(尿酸ナトリウム塩、ピロリン酸カルシウム塩)により診断します。急性期は、非ステロイド性消炎鎮痛剤、コルヒチンもしくはステロイド関節注射により治療します。痛風では、血清尿酸値6mg/dL以下を目標に、尿酸降下薬・非薬物療法による寛解維持療法行います。

 

その他

リウマチ性多発筋痛症、RS3PE症候群、成人発症スティル病、シェーグレン症候群、抗リン脂質抗体症候群、混合性結合組織病、ベーチェット病、サルコイドーシス、再発性多発軟骨炎、IgG4関連疾患、自己炎症症候群、若年性特発性関節炎

 

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU