当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

脳血管内科(脳神経内科)

当科の理念・診療方針

当科は2018年に新設された新しい診療科です。一般的に、脳神経内科は神経難病や認知症、脳炎、てんかんなどあらゆる神経疾患が対象となっております。その中でも脳卒中に特化した診療を行うことを目的とした診療科が脳血管内科です。脳血管内科は脳梗塞や脳出血など、すべての脳卒中の診療を行います。通常診療は脳神経外科とともに行っておりますが、脳神経外科が外科手術中心であるのに対して内科的治療を主体とした診療を行います。

 

脳卒中は、高血圧や脂質異常症、糖尿病など生活習慣病に起因する疾患であり、また、心房細動などの心疾患によっても発症します。脳卒中を発症した患者さんは、脳卒中そのものの治療とともに脳卒中の原因となったこれらの疾患の治療も必要です。当科は脳卒中とその原因となっている全身疾患の治療も行い、患者さんがより良い状態に回復されることを目指しております。  血栓溶解療法やカテーテルでの脳血栓回収療法など、脳血管の閉塞で発症する脳梗塞に対する治療には迅速な対応が必須です。当科は脳神経外科とともに24時間体制での救急対応を行っており、t-PA静注療法や脳血栓回収療法が迅速に行えるような体制を構築しております。

 

脳動脈瘤や頸動脈狭窄症などに対するカテーテル手術(脳血管内治療)は日進月歩の進歩を遂げており、その対象となる患者さんは年々増加しております。当科では、脳神経外科と共同で脳血管内治療を行っており、何らかの理由で外科手術が出来ないような患者さんやより低侵襲の手術を希望される患者さんへも最新の医療が提供できるように体制を整えております。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU