当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

腎臓内科

当科の理念・診療方針

診療理念

(1)腎臓病を早期に診断し適切な治療によって透析療法を回避することに全力を注ぐ

腎臓病はこれまで有効な治療法が少なく、「腎臓が悪くなれば透析がある」という考えのもとに適切な診断や治療が軽視されがちでした。しかし最近は完治を期待できる治療法も考案されてきています。たとえばIgA腎症は4割の方が透析が必要になるとされてきましたが、「扁桃腺摘出とステロイド療法」によって蛋白尿や血尿が消失する方も少なくありません。また治療が遅れると透析が必要になるばかりでなく致命的になる急速進行性腎炎も発症早期にステロイドや免疫抑制薬、血漿交換などの強力な治療で腎機能を維持することができます。

このように腎臓病は早期の診断と的確な治療が非常に重要です。当科では腎生検入院(2泊3日)や食事療法を含めた教育入院(1週間)など腎疾患の早期診断と治療に積極的に取り組んでおり改善例や治癒例など症例も豊富です。また腎臓病には膠原病や呼吸器疾患、血液疾患、悪性疾患など各科専門医の診断・治療が不可欠な場合があり院内各科と連携し集学的治療を実践しています。

(2)腎臓病に高率に合併し予後やQOLを左右する循環器疾患の予防・治療を実践する

腎臓病が心血管疾患の強い危険因子であることが世界的に注目されています。腎機能や尿検査に異常があると腎臓だけでなく心臓も病気になりやすいのです。当科のスタッフは循環器疾患の診療にも精通しており循環器科と連携しながら腎臓病に合併する心血管疾患の予防や治療を実践しています。

(3)透析が回避できない場合には安全で質の高い透析療法を提供する

様々な治療をしても残念ながら透析が避けられない場合もあります(全国では毎年3万人があらたに透析を始めています)。透析が必要な患者さんには安全で質の高い透析療法を提供し、特に透析にともなう症状や予後に強く影響する循環器疾患の治療に力を注いでいます。

腎臓が心配な方、腎臓病で悩んでいる方へ

病気は早期発見・早期治療が大切ですが、腎臓病は無症状に進行することが多いので特に注意が必要です。幸い、わが国では健診で尿検査が実施されていますから蛋白尿や血尿は早期に発見可能です。最近は早期に適切に治療することでかなりの効果が期待できるものも多くなってきました。健診時の尿異常を軽視しないようにしましょう。「毎年指摘されることだから心配ない」というのは大きな間違いです。

腎臓病では食事療法も大切です。腎臓病の食事制限は糖尿病のカロリー制限や高血圧の塩分制限などに比べて複雑で制限の種類も多く、その上、長期間の継続が必要です。腎臓の機能が低下すると生活(活動)制限も必要になります。家族や職場の協力も必要になり、本人にもたいへんなストレスがかかってしまいます。
皆さんに納得して前向きに治療に参加していただくために、腎臓病の専門家として協力いたします。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU