当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

小児歯科

周術期口腔機能管理

周術期口腔機能管理(手術やがん治療前後のお口の管理)について

がん治療の化学療法や放射線治療の副作用として、口内炎や口腔乾燥症、味覚異常などが起こる可能性が高く、治療前からのお口の環境改善は、これらの副作用の発現を防いだり、症状を軽くしたり、副作用の悪化による治療の中断や中止を防ぎ、治療を完遂することに役立ちます。また循環器疾患、頭頚部疾患、消化器系疾患の手術の際に口腔細菌による創部感染や肺炎を防ぐために、口腔衛生指導や専門的口腔ケアをおこなっております。つまり、病気の治療・治癒が円滑に進むようにサポートする「周術期口腔機能管理」を行うことにより、患者様のQOL向上、治療成績の向上、在院日数の短縮や医療費の削減につながることが期待できます。この仕組みは、平成24年より保険導入され、当院でもさまざまな病気で入院される方のお口の管理をおこなっています。

 

対象疾患の例

イ.全身麻酔下で実施される以下の手術

① 頭頸部領域、呼吸器領域、消化器領域等の悪性腫瘍の手術

② 臓器移植手術

③ 心臓血管外科手術

④ 脳血管外科手術

⑤ 人工股関節置換術等の人工関節置換術

⑥ 口腔内に感染源となり得る病巣がある患者、口腔衛生状態が不良である患者、肺炎の既往がある患者又は低栄養の患者等、術後合併症(術後肺炎等)のリスクが高いと考えられる患者に対して実施される手術

 

ロ.造血幹細胞移植の手術 

 

ハ.放射線治 療、化学療法若しくは緩和ケアを実施する患者

がん治療中にみられる口腔有害事象

カンジダ症

     カンジダ症

口腔乾燥症

     口腔乾燥症

放射線治療による口腔粘膜炎

  放射線治療による口腔粘膜炎

化学療法による口唇粘膜炎

    化学療法による口唇粘膜炎

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU