当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

小児歯科

周術期口腔機能管理

周術期口腔機能管理(手術やがん治療前後のお口の管理)について

入院治療や手術を受ける際に、お口にトラブルがあると食事がとれなくなり、栄養状態が低下し、創部の治癒や全身の回復が悪くなることがあります。また、お口の中の細菌が原因で、肺や心臓、消化器系などの全身感染症を招くこともあります。

そのため、手術・治療前よりお口の中の環境を整えておくことが重要になります。
また、がん治療の化学療法や放射線治療の副作用として、口内炎や口腔乾燥症、味覚異常などが起こる可能性が高く、治療前からのお口の環境改善は、これらの副作用の発現を防いだり、症状を軽くしたり、副作用の悪化による治療の中断や中止を防ぎ、治療を完遂することに役立ちます。

つまり、病気の治療・治癒が円滑に進むようにサポートする「周術期口腔機能管理」を行うことにより、患者さんのQOL向上、治療成績の向上、在院日数の短縮や医療費の削減につながることが期待できます。
この仕組みは、平成24年より保険導入され、当院でも様々な病気で入院される方のお口の管理を行っています。
平成26年度は、217名の方の管理を行いました。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU