当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

小児歯科

当科の特色

小児歯科・障がい者歯科の紹介

健全な永久歯列の完成を目的に0歳児からの口腔保健指導を始めとして、むし歯予防処置、むし歯治療、咬合誘導(歯並び)などを行います。当小児歯科では特に、一般歯科医院では処置のむずかしい小児患者さんへの医療サービスの提供に重点を置いています。歯医者が嫌いで泣いて暴れてしまう子ども、先天性心疾患をはじめとして様々な病気がある子ども、自閉症、発達障がいなどコミュニケーションをとることが苦手な子どもたちに、健常児と同等、同質な歯科治療、かつ安全な歯科治療を心がけています。全身管理、かかりつけ医師との連携も密接におこないますのでご安心ください。保護者の方と面談をおこない、治療方法・期間・料金等について詳しくご説明し、ご希望をふまえたうえで治療方法を決定いたします。

治療法

①通常の歯科治療

②行動管理

診療室や歯科治療に慣れていただくために、患者さんの心身の発達に合わせた工夫や練習をします。

③抑制治療

身体の動きをコントロールできず危険な場合は、保護者の方の同意を得て抑制して治療をおこないます。

④全身麻酔

通常の歯科治療では安全に治療することができない時や、通院の都合などで一度に多くのむし歯などを治療する必要がある時におこないます。

⑤その他

摂食・嚥下訓練にも取り組んでおります。「うまく食べられない、飲み込めない、食事中にむせる」などでお困りの方も、お気軽にご相談ください。

障がい者治療の最前線

TEACCH法の応用

行動変容法のひとつで、特に自閉症の子どもに対して、診療室で何をするのかをあらかじめ視覚的に提示すると、理解しやすいといわれています。「なにをする」「いつまで続く」「いつ終わる」を絵カードや写真、文字、実物などで順番に示し、見通しをつけてあげると、パニックを起こさずにスムーズに受け入れてくれることがあります。この手法を当科でも応用しておりますが、ある子どもには受け入れられても、別な子どもには受け入れてもらえなかったり、けっして画一的なものではなく、子ども一人ひとりに合わせて対応、工夫するように心がけております。

キャプションキャプションキャプション
キャプションキャプションキャプション

出典:大阪大学歯学部附属病院 障害者歯科治療部

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU