当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

小児科

診療体制

小児科

一般小児科では直接来院される患者さんはもとより、他病院からご紹介いただく重症の患者さんまで幅広く対応しております。救急救命センター開設、ドクター・ヘリ運航開始に伴い、2007年から札幌市の小児3次救急を引き受けています。また、小児の事故、交通外傷の患者さんも著しく増加し、外科医師や脳外科医師と連携しつつ治療に参加しています。

小児循環器

当病院では北海道内でも数少ない小児循環器および小児専門の循環器外科を有しています。札幌市内をはじめ、北見、旭川、釧路、帯広、苫小牧、室蘭、函館と北海道全域の数多くの病院から、特に新生児期、早期乳児期の管理や緊急手術、カテーテル治療などのため飛行機、ヘリコプター、救急車にて搬送されています。最近では、在胎20週-30週頃の胎児期に心臓の異常を指摘され、紹介いただくケースも増加しています。出産時期、出産方法を産科医師とよく検討し、生後すぐから専門医が管理できるようになりました。
小児循環器パンフレットのご紹介

小児集中治療科

当院では3次救急施設として、札幌市のみならず道央医療圏から広く小児重症患者を受け入れてきました。今後もその機能をさらに高めるべく、2014年4月小児集中治療科を道内で初めて新設し、重症児の救命のため日夜努力を重ねています。

主に、他の病院からの紹介患者さんを集中治療室で診療させていただいていますが、事故・外傷などは救急科とともに初療から診療に参加しています。人工呼吸や血液透析、体外補助循環など、特殊な高度救命医療が必要な患者さんにも24時間対応すべく体制を整えており、北海道における小児救急、小児集中治療の中心的な役割を果たしていきたいと考えています。

小児集中治療科のFacebookはこちら

お願い

当院では、小児救急診療を行っております。当然、夜間・休日の小児診療も対応はしておりますが、小児科医師不足の影響はいなめず、1次診療(紹介や救急車来院以外の一般診察)には研修医あるいは他科の医師が対応させていただく事が多くなっております。また、混雑しております際には、トリアージ(疾患や重症度による選別)させていただき、順番どおりにならないため大変お待たせすることがしばしばあります。何卒、ご理解の上、状態がゆるせば日中の小児科受診をしていただきますようお願い申し上げます。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU