当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

栄養部

チーム医療について

NST(栄養サポートチーム:Nutrition Support Team)

NST

私たちは日常、食べ物を口から摂取して栄養を補給しています。しかし、病気やケガの為に必要な栄養を取ることが難しくなったり、体の中で栄養が消化・吸収する力が変化する事があります。

 

このような状態が続くと栄養状態は低下し、病気や傷の治り、リハビリが遅れるだけでなく、感染症や褥瘡を作る原因となってしまうことがあります。

 

NSTは、医師を中心に他職種が職種の壁を越え、患者さんの栄養状態を維持・改善する事で、患者さん自身の病気や傷を治す力を高め、感染症などを起こしにくくする事を目的に活動しています。また、褥瘡対策チームやPCT等、院内の様々なチーム医療と連携をしながら活動を行っています。

NSTカンファレンス

NSTセミナー

写真

医療従事者を対象に、年4回NSTセミナーを開催しています。
当院スタッフのレベルアップに加え、地域医療機関とともに、栄養療法を考え繋いでいけることを目的としています。

 

 

 

 

【NSTセミナー内容】

    テーマ 講師
2014年
12月
第1回 『重症患者に対する早期経腸栄養管理~腸はもっと使えるはず!~』 札幌医科大学医学部 
集中医療医学
巽 博臣 先生
2015年
6月
第2回 『看護師の視点で考える栄養ケアの重要性~なぜ栄養?どのように実践する?~』 那覇市立病院 
集中治療・呼吸ケア認定看護師
清水 孝宏 先生
2015年
9月
第3回 『経腸栄養管理に強くなろう』 手稲渓仁会病院 NST
管理栄養士 入江 翠 先生
看護師   島田 文 先生
2015年
12月
第4回 『ERAS~周術期管理を学ぼう~』 手稲渓仁会病院 NST Chairman
外科部長 中村 文隆 先生
『体液区分と電解質輸液のお話』 手稲渓仁会病院 NST
薬剤師 芳賀 貴史 先生
2016年
2月
第5回 『高齢者の栄養管理』 札幌西円山病院 NST Chairman
主任診療部長 小村 博昭 先生
2016年
8月
第6回 『がんの栄養管理~周術期化学療法から緩和医療まで~』 上尾中央総合病院 外科顧問
栄養サポートセンター長 大村 健二 先生
2016年
11月
第7回 『摂食機能障害の基本的な考え方と歯科的対応』 札幌西円山病院 
診療部長 藤本 篤士 先生
2017年
3月
第8回 『食べることへのサポート~看護の視点から~』 手稲渓仁会病院 NST 
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
浜谷 千尋 先生
『NSTが介入し摂食機能療法を行った症例紹介』 手稲渓仁会病院 NST専従
NST専門療法士 管理栄養士
山下 翠 先生
2017年
7月
第9回 『栄養管理の疑問に全て答えます!~栄養管理の基礎を重点的に~』 手稲渓仁会病院 NST専従 
NST専門療法士 管理栄養士
山下 翠 先生
『静脈栄養の基礎と脂肪乳剤の使用方法~明日から役立つ輸液の知識~』 手稲渓仁会病院 NST専任
薬剤師
吉田 健太郎 先生
2017年
11月
第10回 『がんにおける栄養サポートとその戦略』 関西電力病院 栄養管理室長 
管理栄養士 真壁 昇 先生
2018年
2月
第11回 『当院の嚥下食が変わる!安心して美味しく食べられる食支援 ~嚥下調整食 学会分類2013に基づいた食事提供について~』 手稲渓仁会病院 NST
管理栄養士
難波 由季菜 先生/原 奈美子 先生
2018年
3月
第12回 『認知症高齢者における食支援』 北海道医療大学看護福祉学部 看護学科
地域保健看護学講座 教授
山田 律子 先生


●NST実地修練について
2018年度より『日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士認定規定認定教育施設』となりました。年に1回実地修練を開催しております。
募集要項は病院ホームページの『施設のお知らせ』にて毎年4月にご案内しております。
ご希望の方はご確認ください。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU