当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

救急科

後期研修について

はじめに

手稲渓仁会病院救急科は、地域医療の中心を担う基幹病院に基盤をおく救命救急センターとして活動しており、道央ドクターヘリの基地病院でもあります。救急科には2017年4月現在で11名の救急科専従医(日本救急医学会指導医2名、同専門医7名)がおり、救急患者のアドバンストリアージ、救急科担当患者の入院管理、フライトドクターと院内救急への対応を行っています。また、ICLSやJATECなどのOJT普及活動も行っています。

当施設での後期研修では、初期から三次までの救急初期診療や、救命救急センターとしての重要な機能である救命処置、多発外傷・心肺蘇生後その他特殊病態の初期治療や入院管理、メディカルコントロールや病院前救護、災害医療など広い視野を持った救急医の考え方を習得し、守備範囲の広い救急医として活躍できる人材の育成を目指しています。

救急医の養成と当院が目指す形

当院では、日本救急医学専門医・指導医施設であり、救急専門医を養成するための後期研修医コースを設定しています。当院の研修コースの教育目標は、救急外来で遭遇する初期から三次までの傷病者に対する初期診療や診断、救命救急センターとして重要な機能である救命処置、多発外傷、心肺蘇生後やその他の特殊病態の初期治療や入院管理を習得することであり、またドクターヘリを含む病院前救護体制やメディカルコントロールなどにも関与し広い視野を持った守備範囲の広い救急専門医を養成することです。

救急外来だけに関わる北米式は日本の診療システムに必ずしも馴染むものではありません。日本では救急外来だけでなく、重症患者の入院管理や治療に関わることのできる「日本型救命救急センター」で中心となる救急医が必要です。当院では、そのような救急医の養成を目指しています。
また、救急領域の中で外傷の診療システムの構築は重要であり「防ぎ得た外傷死」を少しでも減少させることが必要と考えております。外傷センターとしての機能も模索しております。

主たる専門医資格と条件

日本救急医学会専門医

取得条件(詳細は日本救急医学会ホームページ参照)
•専門医指定施設またはそれに準ずる施設での救急部門での専従期間36カ月以上(初期研修期間中の専従期間含む)
•医師免許取得後5年間以上の臨床経験
•日本救急医学会会員歴3年間以上

他の取得可能な専門医資格

•日本航空医療学会認定指導者

施設認定の名称

•日本救急医学会専門医指定施設
•日本航空医療学会認定指定施設
•救命救急センター
•道央ドクターヘリ基地病院
•災害拠点病院
•北海道DMAT指定医療機関

研修計画

研修期間

3年間

研修計画の概要

当院は、救急科専門医取得を目的とした救急科専門研修プログラムの基幹病院になっています。

プログラムの特色

当院救急科専門研修プログラムは、オールラウンドな救急医の養成をめざし、さらに自身の将来像をイメージできる機会を与えることを目的としています。
そのため、当院における初期から三次にわたる救急研修とドクターヘリ研修、大学病院における三次救急医療(高度救命と集中治療)に特化した研修とリサーチマインドの修得、地方型の救命救急センターでの地域に密着した研修等で構成されています。研修の習熟度によって院内他科での専門研修も考慮します。詳細はHP内の臨床研修を参照してください。
また、救急医療の研鑽をつみたい、あるいは経験してみたい、救急診療の不安を払拭したい等の希望を持っている先生方に救急科スタッフの指導・助言の下、安心して研修できる環境を整えています。
研修期間についても短期から長期まで相談に応じますので興味のある先生はご連絡いただければと思います。

各学年の研修内容

後期研修1年目
•救命救急センターの外来業務に従事し、幅広く、多数の救急症例の初期診療に習熟する(6ヵ月から9カ月)
•入院患者担当の救急科指導医の補佐として救急科入院患者管理を行う(3カ月から6カ月)
•救急科スタッフ医師のフライトドクターに同行してドクターヘリ出動を経験する(通年)

後期研修2年目
•救急外来業務に関しては、救急科指導医から独立して行う機会を増やし、多発外傷や心停止患者、その他の重症患者の診療などのチーム医療のリーダーとして機能する(9ヵ月)
•救急科の入院患者管理を単独で行う(3カ月)
•フライトドクターとして単独で搭乗し、病院外治療のリーダーとして機能する(通年)

後期研修3年目
•外来、入院管理を通じ、救急科スタッフと同様に機能する
•救急外来の管理や他科との連携時のコーディネータとしての機能、地域の救急医療システムとメディカルコントロールについての認識を深める

カンファレンススケジュール

症例検討会
(前日の外来重症例と
救急科入院中の症例検討)
毎朝8時半から
救急科抄読会 第3火曜10時半から
整形・救急検討会 第2火曜7時45分から8時30分
Trauma Board 第4水曜7時30分~8時30分
道央ドクターヘリ事例検討会 2カ月毎

救急施設実績(2015年度)

詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.keijinkai.com/teine/kyumei/

 

※募集人数や研修期間、応募資格などは後期臨床研修医募集要項をご覧ください。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU