当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

救急科

当科の理念・診療方針

軽症から重症の患者さんまで全てに対応しています

キャプション

はじめに

はじめに

救急部門は1997年に専従医を配置して院内診療部門として独立し、2005年3月23日に新型救命救急センターとして正式認可を受け、2005年4月1日から、当院救命救急センターを基地病院として北海道ドクターヘリの正式運航が開始され、道央圏における中心的な救命救急センターとしての重要な役割を担っています。

2007年5月より新しく完成した新救急棟に救急関連部門を集約して診療を開始し、2008年度より診療科として救急科を標榜しております。当院では365日・24時間体制で重症・重篤の患者さんに対応し、職員一人ひとりが日々かけがえのない命と向き合っています。

診療方針

当院は重症の患者さんだけを受け入れるのではなく、軽症、中等症の患者さんも受け入れています。年間約2万~3万人近くの救急患者が来院するため、救急部門だけで全ての救急患者の診療を行うのは困難ですので、各診療科と連携し病院全体で救急医療を行っていくというのが基本方針です。

受け入れの依頼があったにもかかわらず、種々の理由(入院ベッド特に重症病床不足、救急外来が多忙で対応不能、スタッフ不足等)で受け入れができなかった患者数が増える傾向にあり、対策を講じていますが、不応需は必ずしも減少してはいません。これは当院の大きな課題であり、解決に向けて更なる対策が必要と考えています。

救急部門としての最優先事項は高度救命救急医療を展開し、重症患者(特に一般総合病院では救命困難な最重症患者)を救命することですが、全ての救急患者を受け入れるような体制を構築し、地域の要望に十分応えられる救命救急センターにしたいと考えています。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU