当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

当科の理念・診療方針

 

耳鼻咽喉科・頭頸部外科疾患を幅広く診療しておりますが、なかでも当院の最先端の設備を活かし、より高度な専門的検査、手術が必要な耳鼻咽喉科・頭頸部疾患、入院を要する救急疾患の患者さんの診療に重点を置いております。地域の医療機関と密接な連携を保ち、地域に根ざした医療を提供する方針です。

特に重点をおいて診療している疾患

○入院治療が必要な救急疾患

反復性鼻出血、扁桃周囲膿瘍、喉頭蓋炎、頸部膿瘍、咽頭喉頭食道の異物

○高度な専門的検査、手術が必要な耳鼻咽喉科・頭頸部疾患

頭頸部腫瘍(喉頭がん、口腔がん、咽頭がん、鼻副鼻腔がん、甲状腺がん、耳下腺腫瘍など)、突発性難聴、先天性難聴、慢性中耳炎、難治性中耳炎、良性発作性頭位めまい、メニエール病(急性期)、前庭神経炎、末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺、ハント症候群、後遺症)、難治性副鼻腔炎、副鼻腔嚢胞、鼻閉塞が著しい鼻アレルギー、反復性扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群、声帯ポリープ、反回神経麻痺、音声障害、嚥下障害(飲み込みの障害)、言葉の遅れ

頭頸部外科って何でしょう?

 

当院において耳鼻咽喉科は「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」と標榜しております。「頭頸部外科」という名称は聞き慣れないと思いますが、大学病院や地域の基幹病院においては「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」を標榜する医療機関が増えつつあります。耳鼻咽喉科で扱う疾患は幅広く、科の名前から思い浮かぶ一般的な耳・鼻・咽頭・喉頭の病気の他、頭頸部腫瘍(首のしこり、鼻・口・のどのできもの)も耳鼻咽喉科で診療する代表的な病気です。この頭頸部腫瘍は手術治療が選択されることが多く、「頭頸部外科疾患」と呼ばれ、またその専門科、専門医を「頭頸部外科」「頭頸部外科医」と呼称しております。この”頭頸部”は英語の”head and neck”を訳したものであり、首から上の部位の総称です。日本語で”頭(あたま)”というと、脳と頭蓋骨が思い浮かびますが、英語の”head”という言葉の意味には、顔面や口の中、鼻の中、眼なども含まれており、首よりも上の全ての部位を指します。また英語の”neck”も日本語の”首”だけではなく、首の中にあるのど(咽頭、喉頭)、気管も含んでいます。”頭頸部”のうちでも脳は脳神経外科が、眼は眼科が、歯は歯科が診療しますので、「頭頸部外科」は実際には脳、眼、歯を除いた頭頸部の良性・悪性腫瘍に対する手術を主に行っています。頭頸部外科で最も重要なものは頭頸部腫瘍の診療です。頭頸部にできる腫瘍には、鼻・副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、耳下腺、顎下腺、甲状腺の良性腫瘍、悪性腫瘍(癌)などがあります。また、頸部のリンパ節炎やリンパ腫、嚢胞なども診療しています。診療内容をみても、診療所の耳鼻咽喉科では耳、鼻、のどの炎症や機能障害を主に取り扱いますが、当院では頭頸部腫瘍の患者さんも多く、診療の実態はまさに「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」であるのが現状です。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU