当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

乳腺外科

当科の理念・診療方針

乳腺外科では、乳がんなど悪性腫瘍を中心に診断、治療、治療後の定期検査等を常に最良の方法で行うことができるよう取り組んでいます。
私たちは、思い込みや独りよがりの治療ではなく、ガイドラインに則った標準治療をベースとしながらも、個々の患者さんの背景も考慮したオーダーメイドの医療を提供しています。

乳がんの罹患率は増加を続け、女性の第1位、死亡率は第5位ですが、30歳から64歳の働き盛りの女性のがんによる死亡では1位となっています。他のがんと同様、早期発見が重要であり、健診受診や早期診断技術が必要となります。当院では乳がん検診はもちろん、3Ⅾマンモグラフィ(トモシンセシス)、超音波検査、乳腺専用MRIを用いた画像診断や吸引針生検を用いた組織診断を行い、早期診断に心がけております。
現在では、治療前に針生検で組織を採取し“がんの性質”を調べることが重要で、それにより再発リスクが低いと判断した場合は、可能な限り低侵襲な治療をお勧めしますし、一方で、再発リスクが高いと判断した場合は、化学療法を先行させて腫瘍への反応を確認したり腫瘍を縮小させて乳房温存率を高めることも目指します。
乳がんの治療とは、外科的療法(手術)、ホルモン療法、化学療法(抗がん剤)、分子標的療法、放射線療法を適切に組み合わせることにより、治療成績の向上を目指すものです。この目的のもと、腫瘍内科、放射線治療科とは毎週、形成外科・病理診断科とも適宜カンファレンスを行い、集学的な治療を心がけています。

※低侵襲(ていしんしゅう) 手術などの医療行為では患者さんの体に負担をかける行為が避けられません。こうした行為とその程度を「侵襲」と呼び、現代の医療ではできるだけ侵襲の少ない医療、すなわち低侵襲性の医療が目指されています。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU