過去ログ看護・介護部便り

HOME > 2月, 2018

患者さんは 金メダル級

2018.02.27

皆さんこんにちは!
今年は寒く雪が多いので、春の訪れが待ち遠しいですね。
患者さんも連日 オリンピックの応援をしています。

当院 1Fの ロビーでの一コマです。

「きのうはジャンプを見たよ」
「応援をしていたら 寝不足になっちゃうね」
「金メダル 良かったね」

ロビーからのたくさんの日差しを浴びながら、患者さんが平昌オリンピック関連の新聞に目を通し、大好きなコーヒーを飲んで、看護師と素敵な時間を過ごしています (^o^)

回復期リハビリテーション病棟では、病棟での生活もリハビリテーションの大切な時間です。

患者さんがリハビリテーションの成果を出し、自分の力で歩行して、大切な時間を患者さんらしく過ごす。
患者さんの生命力は金メダル級 いいえ、それ以上ですね!

そして看護師は患者さんに寄り添い、傍らにいる。
患者さんも、看護師もハッピーになる素敵な一コマでした。

(ちなみに 私の体重も金メダル級です (^_^;) )

T

小学生の介護体験会

2018.02.13

 2月8日桑園児童会館に在籍する小学生をお招きし、「ご近所先生、介護体験会」を開催しました。これは、児童会館で企画している体験学習の一環として開催したものです。

 小学1年生から4年生までの11名が参加してくれました 🙂 

 子供達には「介護される側」「する側」の両方を体験してもらいました。
子供達からは、「低く見えたスロープでも車椅子で上るのは大変だった」
「高齢者体験メガネをかけると、食べ物が変な色にみえておいしそうに見えなくなった」「以外と簡単にできた」という素直な感想が聞かれました。体験を通し子供達なりに色々と感じてくれたようで、私たちにも楽しいイベントとなりました。

 またこのような機会があったら子供達に限らず、学習の場を提供していきたいと思います。

M・S

はじめに「介護って何かな?」を勉強中

順番に3つの体験をしています

体験会終了。最後にみんなで
「ハイ、チーズ!」

※写真掲載にあたり、主催者よりご本人ご家族から同意を得ております。