病院概要

HOME > 病院概要 > 院長挨拶

院長挨拶


札幌渓仁会リハビリテーション病院
院長 橋本 茂樹

 

 当院開院後の5年間、多くの患者様に当院でのリハビリ治療を経験していただきました。いかがだったでしょうか。当院を選んでいただいた患者様には感謝しております。

 さてこれからですが、私たちは一歩前に進み、これまで以上にニューロリハビリテーションをベースとした、エビデンスのあるリハビリ治療を基幹に据え、患者様の身体機能の改善、活動能力をより改善すべく、より良いリハビリサービスを展開していきたいと考えております。

 当院には、様々なロボットリハビリ機器、特殊治療機器(脳の可塑性のポテンシャルを上げる磁気刺激装置)など、多彩なリハビリ治療機器・装置がそろっております。患者様の症状(身体機能低下)は一人一人違っております。その患者様個々の状態に応じた個別リハビリを提供できる体制を構築してきました。また回復期リハビリテーション病棟でのリハビリ治療の実践で重要なことは、1日24時間の活用方法です。私たちは24時間をフル活用したチームでのリハビリサービスを心掛けております。ケアの部分も重要なリハサービスの一環としてとらえ、中心担当の介護福祉士もリハビリチームの一員となり、みんなで一つの目標(患者様の改善目標)に向かってリハビリサービスを包括的に提供する体制を組んでいます。

 今後はチーム医療のレベルを上げ、リハビリ機器・装置を適切に活用して、さらに効果的で効率的なリハビリサービスを提供するとともに、入院そして外来・通所・訪問リハビリサービス等をフル動員して患者様の退院後の生活がより豊かなものとなるように努めてまいります。