部門紹介

HOME > 部門紹介 > 診療部

診療部

 当院では日本リハビリテーション医学会のリハ科認定医・専門医・指導医が中心となり総合内科、循環器内科、消化器内科、整形外科、神経内科、老年医学科の専門資格を持った医師により診療体制を整えております。また、様々な合併症に対応するために、精神科医師を非常勤で配置し、歯科医師による訪問診療も行っております。

 入院部門では、医師がリハビリテーションをコーディネートし、各スタッフの役割を明確にしてゴール設定を主導します。そして365日リハビリテーションを提供できる体制作りと、ご家族とともに作り上げる多職種連携によるチーム医療の充実を心がけております。

 外来部門では、リハビリテーション科、内科、循環器内科(心臓リハビリ)の診療科目に加え、下記の専門外来を配置しております。

  • 小児リハ専門外来:障害を持った子供たちを訪問リハ・外来リハ診療を行いながら在宅生活を支えております。
  • シーティング専門外来:車いすの背張りやマットを調整・最適化し、利用者の安楽・利用性の向上図っております。
  • 装具専門外来:障害状況をしっかり評価し、最適な装具や補助具の作成や指導を行っております。
  • 痙縮治癒専門外来:中枢神経窓外にておこる痙縮をボトックス等の治療薬を適切に活用しながら身体機能の改善を図っております。
  • 摂食嚥下専門外来:嚥下内視鏡や透視化での嚥下検査を活用し、経口からの食摂食にこだわり、食事指導をしております。

※睡眠時無呼吸症候群外来(SAS)を診療出来る体制もございます。

 病気の治療だけに留まらず、様々な障害を適切に評価したうえでリハビリ計画を策定し、チーム全体を見渡しながらリハビリ計画の進捗状況を確認していきます。在宅復帰された生活をイメージした病棟生活におけるリハビリテーションを心がけ、患者さんとそのご家族も私たちのチームの一員として一緒に在宅復帰を目指していきます。

診療部長 大本 泰裕