新型コロナウィルス感染症対応のお知らせ

HOME > 新型コロナウィルス感染症対応のお知らせ

当院での新型コロナウイルス感染症発生について【収束報告】(令和3年度第4報)

2021.04.27 UP

 令和3年4月9日当院事務職員の一人が発熱し、10日に新型コロナウイルス感染症PCR検査陽性が判明、更に当該部署で11日に2名、12日に1名、計4名の陽性が判明いたしました。直ちにこの4名と接触のあった10名の職員(いずれもマスク着用して短時間の接触ですので低リスクと判断される)の抗原定量検査を行い、更に4月13日にPCR検査を追加し全員が陰性であることを確認いたしました。今回PCR検査陽性となった事務職員4名はいずれも仕事場が外来、入院部門とは分離されており、この間患者さん及びご家族との接触はございませんでした。

 札幌市保健所の指導のもと、病院職員に感染があった場合の対応を継続してまいりましたが、4月13日以降新型コロナウイルス感染症の発生はございませんでしたので、4月26日を持って収束と判断いたしました。

 新型コロナウイルス感染症の基本的対処方針(4月17日改正)に基づき、引き続き職員の健康状態の把握を行い感染予防に最大限留意しながらリハ医療サービスを提供して参ります。

 4月25日には4都府県に緊急事態宣言が発出されました。札幌でも各種の感染指標が増加しています。患者さん・ご家族はじめ関係者の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。
当院の感染対策については、適宜ホームページなどで報告いたします。

 

病院長 横串 算敏

当院での新型コロナウイルス感染症の新たな発生について(令和3年度第3報)

2021.04.14 UP

 令和3年4月9日当院事務部門の職員の一人が発熱したため、新型コロナウイルス感染症を疑い抗原定性検査とPCR検査を行いました。4月10日にこの職員のPCR検査が陽性と判明いたしました。直ちに当該事務部門全員の検査を行い、11日には2名,12日には1名の陽性が判明いたしました。この4名と発症2日前から接触のあった10名の職員(いずれもマスク着用して短時間の接触ですので低リスクと判断される)について抗原定量検査を行い、更に4月13日にPCR検査を追加し全員が陰性であることを確認いたしました。今回PCR検査で陽性となった事務職員4名はいずれも仕事場が外来、入院部門とは分離されており、この間患者さん及びご家族との接触はございません。札幌市保健所の指導を受け感染対応を継続しながら、外来、入院の受け入れは通常と変わりなく行っております。引き続き職員の健康状態の把握を行い、感染予防に最大限留意しながらリハ医療サービスを提供して参ります。

 感染対策の進捗状況については、適宜ホームページなどで報告いたします。患者さん・ご家族はじめ関係者の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

当院での新型コロナウイルス感染症の新たな発生について(令和3年度第2報)

2021.04.11 UP

 令和3年4月9日、当院事務部門の職員が発熱したため、新型コロナウイルス感染症を疑い抗原定性検査とPCR検査を行いました。その後自宅待機といたしましたが、4月10日にこの職員のPCR検査が陽性と判明いたしました。4月10日中に当該事務部門全員のPCR検査を行い、11日には更に2名の陽性が判明いたしました。直ちに陽性となった2名についての行動確認を行い、接触のあった10名の職員(いずれもマスク着用して短時間の接触ですので低リスクと判断される)の抗原定量検査を行い、全員が陰性であることを確認いたしました。事務職員はいずれも仕事場が外来、入院部門とは分離されており、この間患者さん及びご家族との接触はございません。札幌市保健所と連携し病院職員に感染があった場合の対応を開始しておりますが、4月12日(月曜日)以降の外来、入院の受け入れは通常と変わりなく行う予定です。引き続き職員の健康状態の把握を行い、感染予防に最大限留意しながらリハ医療サービスを提供して参ります。

 感染対策の進捗状況については、適宜ホームページなどで報告いたします。患者さん・ご家族はじめ関係者の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

当院での新型コロナウイルス感染症の新たな発生について(令和3年度第1報)

2021.04.10 UP

 令和3年4月9日、当院事務部門の職員が発熱したため、新型コロナウイルス感染症を疑い抗原検査、PCR検査を行い自宅待機といたしました。4月10日にPCR検査陽性の報告を受け、当該職員の感染が判明いたしました。この職員は事務部門に所属し、仕事場が外来、入院部門とは分離されており、患者さん、ご家族、他の職員との接触はございません。4月10日には関連する事務部門職員全員のPCR検査を行っております。現在、札幌市保健所と連携し、病院職員に感染があった場合の対応を開始しておりますが、外来、入院に関する病院機能についての制限はなく、通常の病院運営をさせていただいております。

 感染対策の進捗状況については、適宜ホームページなどで報告いたします。患者さん・ご家族はじめ関係者の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

新型コロナウイルスに関する対応について(3/8更新)

2021.03.08 UP

新型コロナウイルスに関する対応について(1/19更新)

2021.01.19 UP

当院での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生について(第7報)及び、病棟・外来など病院機能の再開についてのお知らせ

2020.11.24 UP

 新型コロナウイルス感染症の院内発生について、当院をご利用の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけしたことを改めて心からお詫び申し上げます。

 10月29日当院の職員1名に始まり、 11月8日までの間に職員が勤務する病棟の入院患者2名、職員5名、計7名の感染が確認されました。

 10月29日以降、当該病棟の入退院の中止、患者さん・職員の生活・治療空間の区切りを徹底し、札幌市保健所の指導の下に患者さん・職員の健康観察とPCR検査を行うとともに標準感染予防策を強化しました。また10月31日には全病棟の入退院、外来診療、外来リハ、通所リハ、訪問診療を休止しました。

 最後の感染者発生は11月8日でしたが、それから14日間以上経過し、11月24日の現在も新規の感染者の発生はございません。感染対策委員会を中心とした病院あげての取り組みにより、感染拡大は当該病棟のみに止まり、他病棟、他部門での感染発生は防ぐことができました。この結果を受けて11月25日から全病棟の入院、外来診療、外来リハ、通所リハ、訪問診療の再開を予定しております。

 北海道、札幌市では今までにない規模で感染拡大が続いております。当院では引き続き最大限の感染対策を継続し、回復期リハビリテーション専門病院としての役割を果たして行きたいと考えておりますので、皆様のさらなるご理解とご協力をお願い申し上げます。

2020年11月24日
医療法人渓仁会
札幌渓仁会リハビリテーション病院
院長 横串 算敏

当院での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生について(第6報)

2020.11.09 UP

 当院をご利用の皆様に、当院での新型コロナウイルス感染症発生とその対応の経過についてお知らせいたします。皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけしていることを心からお詫び申し上げます。

 10月29日、当院の病棟職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。その後11月7日までの間に、その職員が勤務する病棟の入院患者2名、職員5名、計7名の感染が確認されました。現在7名は新型コロナウイルス感染症対策で指定された医療機関・宿泊施設等で、治療および経過観察を受けております。

 10月29日以降,当院では当該病棟の入退院の中止、入院中の患者さんと当該病棟の職員の生活・治療空間の区切りを徹底し、札幌市保健所の指導の下に患者さん、職員の健康観察とPCR検査を行うとともに標準感染予防策を強化してまいりました。また10月31日からは全病棟の入退院、外来診療、外来リハ、通所リハ、訪問診療を休止させていただいております。現在のところ、当該病棟以外に感染の拡大はありません。制限が解除される11月24日を目標に、引き続き最大限の感染対策を継続していきますので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。今後の感染対策の進捗状況と病院機能の再開予定につきましては、適宜文書掲示およびホームページで報告させていただきます。

2020年11月9日
医療法人渓仁会
札幌渓仁会リハビリテーション病院
院長 横串 算敏

当院での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生について(第5報)

2020.11.05 UP

 10月29日、当院の病棟職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しましたが、その後11月4日までその職員が勤務する病棟の入院患者2名、職員3名、計5名の感染が確認されました。この5名については新型コロナウイルス感染症の診療が可能な医療機関に転院し、経過観察、治療を受けております。

 10月29日以降は、札幌市保健所の指導の下に入院患者、職員の健康観察とPCR検査を行うとともに標準感染予防策を強化してまいりました。 また10月31日からは全病棟の入退院、外来診療、外来リハ、通所リハ、訪問診療を休止させていただいております。現在のところ、当該病棟以外に感染拡大はありませんが、引き続き最大限の感染対策を継続していきます。関係者の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけしておりますが、何とぞご協力のほどお願い申し上げます。今後の感染対策の進捗状況と病院機能の再開予定につきましては、その都度ホームページなどで報告させていただきます。

2020年11月5日
医療法人渓仁会
札幌渓仁会リハビリテーション病院
院長 横串 算敏

当院での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生について(第4報)

2020.11.04 UP

 10月29日、当院の病棟職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。当該職員は職員以外の知人から院外で感染した可能性があり、濃厚接触者として検査(PCR検査)をしたところ感染を確認しました。濃厚接触の疑いが分かった10月28日より、院内では職員の健康観察と標準感染予防策を講じてきました。 

 10月29日以降は、札幌市保健所の指導の下に当該病棟の全ての患者さんおよび職員に対してPCR検査を行いました。その結果10月30日に入院中の患者さん1名、11月1日に職員1名に感染を確認しました、その他の患者さん、職員は全て陰性でした。しかし、当院発生2例目の濃厚接触者で自宅待機をしていた職員が、11月3日に再度の検査でPCR陽性が確認されました。また、上記4名については新型コロナウイルス感染症の診療が可能な医療機関に転院あるいは入院し、経過観察を受けております。

 当院では10月29日から当該病棟の受け入れを中止させていただきましたが、10月31日からは全病棟の入退院、外来診療、外来リハ、通所リハ、訪問診療を休止させていただいております。現在のところ、当該病棟以外に感染拡大はありません。関係者の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけしておりますが、何とぞご協力のほどお願い申し上げます。今後の感染対策の進捗状況と病院機能の再開予定につきましては、その都度ホームページなどで報告させていただきます。

2020年11月4日
医療法人渓仁会
札幌渓仁会リハビリテーション病院
院長 横串 算敏

< 過去の記事