部門紹介

HOME > 部門紹介 > 診療部

診療部

副院長 兼 診療部長 橋本茂樹

 当院の入院部門は3病棟ありますが、その3病棟はすべて回復期リハビリテーション病棟となっています。当院の回復期リハビリテーション病棟では24時間を有効利用すべく、ご家族とともにチーム医療の充実に心がけています。病棟でのリハビリテーションは医師がコーデネートし、各スタッフの役割を明確にし、ゴール設定を主導します。当院にはリハの専門医が4人(うち一人が産休)います。この4人が先導し、病院のリハビリテーションの質を上げる努力しております。また、他の医師も循環器、消化器科、整形外科、神経内科、脳卒中、老年学、内科等の専門資格を持ち、その協力体制の中で患者様を適切に診療する体制ができております。

 外来部門ではリハ病院ではありますが、次のような専門の医師による内科外来診療ができるように医師を配置しております。
  《一般内科、消化器科、循環器科、腎臓内科、老年内科、神経内科》

 またリハ病院としての役割を果たすために、つぎの専門外来を配置しております。

  • シーティング専門外来;
    車いすの背張りやマットを調整・最適化し、利用者の安楽・利用性の向上を図っています
  • 小児リハ専門外来;
    障害を持った子供たちを訪問リハ・外来リハを活用しながら在宅生活を支えています。
  • 痙縮治療専門外来;
    中枢神経障害にておこる痙縮をボトックス等の治療薬を適切に活用しながら身体機能の改善を図っています
  • 摂食嚥下専門外来;
    嚥下内視鏡や透視下での嚥下検査をフル活用し、経口からの食摂食にこだわり、食指導をしております
  • 装具専門外来;
    障害状況をしっかり評価し、最適な装具や補助具の作成や指導を行っています。

※夜間無呼吸症候群を外来で診療できる体制もできております。

 訪問診療もリハに精通した医師が中心に全身管理も含め対応ができるように体制を整えております。

 リハ病院として診療全般でチーム医療の徹底を図り、多職種協働での効率的、効果的リハの提供をベースに在宅復帰、在宅での生活をサポートできるか用に心がけております。どうぞご利用ください。

各科のご紹介

♠薬剤科(準備中)

放射線科

臨床検査科

栄養科

歯科衛生科