病院概要

HOME > 病院概要 > 院長挨拶

院長挨拶


札幌渓仁会リハビリテーション病院
院長 横串算敏

 

 札幌渓仁会リハビリテーション病院は、4つの病院機能(高度急性期、急性期、回復期、慢性期)のうち、回復期機能を受け持つ143床のリハビリテーション専門病院です。

 2025年には団塊の世代(1947〜1949年生まれの第一次ベビーブーム世代)が後期高齢者となり、高齢者の医療、介護需要が非常に大きくなることが予想されています。この問題に対応するため、医療では「地域医療構想」、介護では「地域包括ケアシステムの構築」が進められています。地域医療構想では、将来的な地域の医療需要に応える病院構成にすること、特に回復期機能を持った病床(回復期リハビリテーション病床、地域包括ケア病床)の整備が課題となっています。札幌渓仁会リハビリテーション病院は、専門的で質の高い回復期リハビリテーション医療を提供し、地域の医療、介護、福祉を繋ぐ地域包括ケアの要となる病院を目指しています。専門的なリハビリテーションと良質なケアを提供することで、患者さんの運動機能や生活機能の回復を図り、社会復帰や社会参加にとり組むお手伝いをさせていただきます。また、地域の皆さんや、医療、介護、福祉サービスを提供している方々とも協力して、「一人ひとりが住み慣れたところで、いきいきとその人らしく暮らしていただけるような地域づくり」のお手伝いもさせていただくつもりです。

 札幌渓仁会リハビリテーション病院は、親切、信頼、進取を合い言葉に、これからも地域医療に貢献してまいりますので、どうか温かいご支援とご協力をお願い申し上げます。