当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

手稲渓仁会病院のすうじ

手稲渓仁会病院のすうじ

平成27年度 手稲渓仁会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


【各指標の集計について】
※患者数が10未満の場合は規定により-(ハイフン)で表示しています。
※歯科・口腔外科は集計対象となっておりません。

1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,507 357 594 1,148 1,390 1,674 3,336 3,706 2,324 396

 平成27年度中に退院された患者さんの数を年代別にあらわしたものです。
 当院は北海道より「地域医療支援病院」「救命救急センター」「地域周産期母子センター」の指定を受けており、地域中核病院として幅広い年齢層及び疾患の患者さんの診療にあたっております。
一般的に、年齢を重ねるほど病気や怪我が増え、回復するまでに時間がかかる傾向がみられます。
当院におきましても60歳台以上の入院患者さんが約60%を占めており、同様の傾向が見られます。
小児の患者さんの中には、小児科のみならず、出生時の入院や耳鼻科、外科系(整形、形成、外科)、小児循環器などの患者さんが含まれております。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 109 9.20 14.34 4.89% 76.74
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 69 11.28 12.60 2.50% 75.81
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 39 15.77 21.69 20.97% 83.64

 当院の内科は「総合内科・感染症科」として診療を行っています。入院診療は①肺炎・腎盂腎炎・敗血症など急性感染症、②原因不明の発熱、③病気がちな高齢者の種々の内科的疾患、の診療が中心です。
 特にご高齢の患者さんは複数の持病を持つ方が多いため、入院が長期化する傾向があります。このためご家族や地域の医療介護福祉機関の協力を得ながら、患者さんやご家族のご希望や、病状、社会的背景などに配慮し、退院や転院に向けての支援を行っています。

■用語の解説(以下につきましては、すべての診療科に共通する説明です)■

【DPCコードとは】
DPCコードとは「診断群分類」を意味する言葉で、入院患者さんの「病名」と「治療方法」の組み合わせで決定される厚生労働省が定めた番号です。
例えば胆石症で入院し腹腔鏡下手術を受けた場合は060335××02000×となり、 同じ胆石症であっても検査入院をした場合は060335××99×00×というコードに振り分けられます。
平成28年度現在、4,244種類のDPCコードに分類されています。

【DPC名称について】
「一入院中もっとも医療資源が使われた主病名」を記載しています。

【平均在院日数について】
平均在院日数は病院に入院していた期間の平均値です。
当院は、入院患者さんが早期退院・早期社会復帰できるよう、安全管理体制や感染対策、退院支援、早期リハビリ、栄養管理、褥瘡対策、認知症ケア等のチーム医療に力を入れています。

【転院率】
転院率とは、当院から退院後も、引き続き他医療機関で入院診療を継続された方の割合です。

【平均年齢】
当該DPCコードに該当する方の平均年齢です。


呼吸器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍(化学療法有り) 104 13.12 13.38 4.76% 66.86
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍(診断目的) 100 2.94 3.29 0.00% 71.15
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 63 16.67 20.63 7.50% 72.16

 当院の呼吸器内科の入院診療は、肺がんと重症呼吸不全の患者さんが多数を占めています。
肺がんはここ数年で診断法や治療法が大きく進歩しています。
専門医が検査のうえ診断し、外科(呼吸器外科)や院内各科と連携のうえ個々の患者さんに合った治療を安全に提供しています。
抗がん剤治療におきましては副作用対策を重視し、看護師・薬剤師、リハビリスタッフ等も含めたチーム医療で患者さんを支えています。


消化器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎(手術有り) 221 7.62 10.93 5.80% 73.38
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍(手術有り) 149 8.48 9.20 0.00% 73.19
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍(診断等) 144 8.83 10.10 12.24% 68.58

 当院の消化器内科で2015年度に実施した内視鏡(検査・手術)件数は14,332件で、がんの早期診断と内視鏡治療に力を入れています。
入院で実施する内視鏡治療の中で件数が多いものは、胆管結石・慢性膵炎の対するステント治療、乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術、胆管狭窄に対するステント治療、消化管の早期がんに対するESD(粘膜下層剥離術)などです。
また肝がんについてもマイクロ波凝固法、ラジオ波焼灼療法、外科的手術など様々な治療を提供しています。


血液内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫(手術無し) 31 10.90 17.69 0.00% 71.10
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫(手術有り) 28 31.75 36.93 0.00% 71.57
130040xx99x50x 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 18 23.33 24.78 0.00% 73.44

 当院の血液内科では、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍に加え、再生不良性貧血などの骨髄不全病態、自己免疫性溶血性貧血、免疫原性血小板減少症などの免疫疾患など様々な血液疾患の診断・治療を行っています。
近年血液の悪性疾患は、抗がん剤や分子標的療法、移植療法など治療法の進歩にめざましいものがあり、専門医が個々の患者さんに合わせて治療方針をご提案しています。


循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患(カテーテル検査等) 245 2.18 3.07 0.00% 70.61
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患(カテーテル手術等) 163 3.70 4.87 0.61% 70.65
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈(経皮的カテーテル心筋焼灼術) 62 4.15 5.68 0.00% 63.98

 当院の循環器内科では、心臓カテーテル検査、冠動脈・末梢動脈インターベンション、構造的心疾患インターベンション、電気生理学的検査、カテーテル心筋焼灼術、心エコー、経食道エコーなどの治療・検査を行う専門医・指導医の専属チームを配備し、診断結果から治療方針を十分に検討し、患者さんとご相談のうえ治療にあたっています。
高度な石灰化病変に対するロータブレーターの使用や、難易度の高い慢性完全閉塞病変に対する治療、TAVI(重症大動脈狭窄症に対する経カテーテル的大動脈弁留置術)や心房中隔欠損症を経カテーテル的に治療する心房中隔欠損孔閉鎖栓留置術等など、高度医療への体制も整っています。
また心臓血管外科と密接に連携しており、個々の患者さんにとって最善の治療を提供できるよう合同の症例検討会を定期的に実施しています。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 310 6.55 6.17 0.97% 0.00
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 111 4.40 5.72 0.00% 1.90
040100xxxxx00x 喘息 76 4.11 6.31 0.00% 4.58

 当院は地域周産期母子医療センターとして新生児特定集中治療室(NICU)6床、継続保育治療室(GCU)6床を有しており、低体重出生や出生時の病気、先天性疾患の診療を小児科医・小児循環器専門医が担当しています。
小児病棟が新棟に移転してからは、個室の数が増えましたので感染症による入院が増えています。また小児集中治療科を院内標榜し、札幌市内のみならず道央医療圏から広く小児重症患者を受け入れています。
小児循環器の分野でも、専門医が心臓血管外科医と術前・術中・術後を通じて常に共同し、専門医療を提供しています。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 159 4.98 7.84 1.25% 59.16
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 115 11.34 17.41 0.87% 71.50
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 87 8.92 13.03 2.08% 70.00

※外科には消化器外科、呼吸器外科が含まれます。

 当院の外科では、腹腔鏡や胸腔鏡を用いた体に優しい手術に積極的に取り組んでいます。適応としては気胸、肺がん、縦隔腫瘍、鼠径ヘルニア、胆石、食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、膵腫瘍などです。低侵襲で術後の疼痛も少なくなったため、入院期間の大幅な短縮化が実現しています。
消化器外科専門医、肝胆膵外科高度技能指導医、肝胆膵外科高度技能専門医、食道外科専門医、内視鏡外科技術認定医、呼吸器外科専門医、胸部外科認定医など、どの領域においても高度で専門的な医療提供が可能な診療体制となっています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 112 25.10 28.70 81.42% 80.64
160760xx97xx0x 前腕の骨折 54 3.98 5.70 0.00% 53.98
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 43 3.21 5.41 2.33% 24.88

 当院の整形外科は、上肢・下肢・脊椎の専門医が複数在籍し、高齢者の骨折(大腿頚部等)や、救急搬送の外傷、スポーツ外傷などを中心に診療にあたっています。2015年度の手術1,279例のうち、734例が外傷性疾患で、多発外傷や顕微鏡下で行う神経血管損傷など重症症例の手術に対応しています。
高齢化により、高齢者の大腿頚部骨折の手術についても年々増加しています。
脊椎疾患・脊髄疾患については専門医が2名常勤しており2015年度は115件の手術を実施しています。
整形外科疾患はリハビリが非常に重要ですので、チーム医療で他診療科および多職種で協力し診療にあたっています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞 58 14.36 15.80 20.00% 70.09
010060x099030x 脳梗塞(核医学装置使用) 53 17.40 18.08 24.53% 67.47
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) 29 17.45 19.32 41.38% 65.62

 救命救急センターを有する当院の脳神経外科では、急性期医療として脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)および頭部外傷を中心に幅広い疾患に対応しています。急性期治療と同時に早期にリハビリテーションを開始し、早期社会復帰を目指して多職種チームで総合的に治療とケアを行っています。
大型脳動脈瘤に対するクリッピング術、閉塞性血管障害への血行再建術、脳血管内治療、脳腫瘍摘出術など、専門性を要する高度医療を提供しています。
また脳卒中患者専用の治療室(SCU)を有しており、脳卒中専門医、専属看護師、リハビリテーションスタッフなどからなる”脳卒中チーム”を配属しています。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 113 4.63 7.59 0.00% 72.17
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 97 2.02 2.89 1.03% 65.21
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 85 10.59 14.03 0.00% 67.53

 当院の泌尿器科は、悪性腫瘍(前立腺がん・膀胱がん・腎がん・腎盂尿管がん・精巣腫瘍・副腎腫瘍など)、前立腺肥大症・尿路結石症、婦人泌尿器科の4つの領域を診療の基幹として取り組んでいます。
北海道内で最初に手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入し、先駆けてロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術を開始し、現在は腎がんにおいても保険診療の認定施設となりました。膀胱がんについては可能な限り膀胱温存を図りながら内視鏡手術を第一選択としています。上部尿路の腎盂尿管がんの根治手術に対しては腹腔鏡手術で身体に優しい手術を行っています。
がん治療については抗がん剤治療・高精度放射線治療など手術以外にも多彩な治療法選択に対応しています。


産科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 95 7.63 9.94 0.00% 34.39
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 60 16.60 20.87 0.00% 31.82
120140xxxxxxxx 流産 23 1.30 2.34 0.00% 32.22

 当院は「地域周産期母子センター」の指定を受けており、産科病棟30床にNICU6床・GCU6床を併設しています。地域医療連携の役割として、特にハイリスク分娩について多くの紹介を受けています。また、他院で発生した分娩時の危機的な状況においても、救急科と一丸となって対応しています。

●通常分娩について●
正常分娩の入院期間は5日間です。バース(分娩)プランは16週目以降にお母さんとスタッフがコミュニケーションを取りながらまとめ、また栄養の取り方、生活の仕方や様々な不安などに対し色々とアドバイスを行います。
分娩室はすべて陣痛から分娩まで個室内で行うLDRとなっています。
夫立ち会いはもちろん、ご家族みなさんで新しい命の誕生に立ち会うこともできますし、アロマセラピーやBGMによる自然な和痛を行いながら分娩まで過ごしていただけます。出産後は、授乳、沐浴、おむつ交換、服、赤ちゃんが眠る環境など育児に関する全般を双方的なコミュニケーションで支援しています。


婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 434 4.09 6.34 0.00% 42.29
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 164 3.90 6.50 0.00% 39.48
120100xx01xx0x 子宮内膜症 107 4.27 8.05 0.00% 37.36

 当院の婦人科では「がん診療」、「不妊治療(体外受精・顕微受精等)」、「腹腔鏡手術」に力を入れています。それぞれの分野における指導的立場の専門医・指導医がおりますので、それらの医師を中心に高度で専門的な診療を提供しています。
2015年度の手術数は1,249件で、良性疾患のほとんどを腹腔鏡手術で行っています。腹腔鏡手術はからだに優しい手術ですので、平均在院日数も短くなっております。
悪性腫瘍に対しても通常のがん根治手術のほか個々の患者さんに適した治療法をご提案できる体制です。術後リンパ浮腫予防に対しては専門のセラピストが対応します。また抗がん剤治療を安全に行うため多職種でチームとなり医療を提供しています。
子宮内膜症に対する腹腔鏡下手術も積極的に行っており疼痛で悩んでいる患者さんに有効です。


眼科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 88 11.83 11.08 0.00% 56.34
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 71 9.42 7.99 0.00% 66.48
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 23 8.91 16.51 0.00% 65.57

 当院の眼科は大きく分けて「網膜硝子体」と「眼窩・神経眼科」の治療を中心としております。
網膜硝子体の主な疾患は増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜症、増殖硝子体網膜症、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑牽引症候群、網膜静脈閉塞症などで手術による治療に力を入れています。
眼窩・神経眼科の分野では視神経はもちろん、それ以外の眼に関連する神経や筋肉の病気、眼球周囲の骨(眼窩)の病気や腫瘍について診断治療しています。
以上のほか白内障・緑内障・斜視・眼瞼下垂・眼瞼内反・翼状片に対する手術も多数行っています。
3番目に多い症例の「手術・処置等の合併症」は、眼内レンズがずれたり脱落した患者さんへの手術が大半です。


耳鼻咽喉科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 50 7.46 8.20 0.00% 31.30
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 39 3.90 5.53 1.72% 39.41
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 38 7.74 7.76 0.00% 57.00

 当院において耳鼻咽喉科は「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」と標榜しております。①聴力改善手術などより「良い聞こえ」を目指した治療、②頭頸部腫瘍の手術、③ナビゲーションシステムを用いた安全な鼻副鼻腔内視鏡手術、④顔面神経麻痺のトータルケア、⑤睡眠時無呼吸症候群の診断と治療、⑥嚥下障害の診断とリハビリテーション、⑦気管切開と気管孔ケア、の7分野に力を入れ治療にあたっており、可能な限り短い期間で回復していただけるよう努力しています。
全国的に症例数が少ないため上位3疾患には入っていませんが、鼻・副鼻腔・口腔・咽頭・喉頭の癌に対する手術、声帯ポリープ・喉頭腫瘍摘出術、甲状腺悪性腫瘍手術(頸部郭清術を含む)など頭頸部腫瘍に対しての集学的治療について、院内各科や多職種協力のもと積極的に取り組んでいます。


放射線診断科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)(手術有り) 30 10.10 11.98 0.00% 72.07
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)(化学療法有り) 11.08
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 10.55

 当院の放射線診断科は「IVR(画像下治療)」に力を入れています。IVRとは画像診断装置を用いた治療を指し、具体的には超音波画像やCTで観察しながら目的の部位に針を刺したり、血管造影の手技を用いて薬の注入や血管の塞栓をするなどの治療です。
肝腫瘍に対する肝動脈塞栓術、リザーバーによる動注化学療法、中心静脈ポートの留置、外傷等の出血に対する緊急止血術など様々な疾患に対応しています。


心臓血管外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤(ステントグラフト内挿術) 59 13.03 16.65 1.69% 76.12
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤(カテーテル手術等) 40 4.13 4.97 0.00% 75.58
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 34 22.50 25.69 11.76% 69.82

 当院の心臓血管外科の治療対象は先天性から後天性までの心疾患全般、大動脈瘤などの大血管疾患、下肢閉塞性動脈硬化症などの末梢血管疾患と幅広く、2015年の手術総数は451例、うち心臓大血管手術は224例となっています。
2013年にハイブリッド手術室を設置したことで症例数が増加し、特にステントグラフト留置術は東京を除く関東以北で最大の症例数です。
高齢者や脳血管病変、慢性腎不全、重症糖尿病などの複合合併症を有するハイリスク患者さんに対しても院内各科の専門医や各メディカルスタッフと連携のうえ安全に手術を行う体制です。
開胸手術においては、できるだけ小さな傷で手術する低侵襲心臓手術(MICS)に取り組んでいます。
小児については術前・術中・術後と常に小児循環器医と共同し手術治療を行っています。


形成外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 15 5.73 5.86 0.00% 22.93
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 14 6.64 6.31 0.00% 57.79
080180xx970xxx 母斑、母斑症 10 3.00 4.28 0.00% 5.80

 当院の形成外科では、交通事故などによる顔面の骨折や外傷の治療、先天性異常(口唇裂・口蓋裂・耳介など)による体や顔面への治療、あざやほくろなど皮膚の良性腫瘍や悪性黒色腫(皮膚悪性腫瘍)をはじめとした様々な治療に対応しています。また、乳がん術後の乳房再建など病気の治療や自己などによって組織欠損・変形した部分を再建する手術も担当しています。
2015年度は617件の手術を行っています。


腎臓内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 61 4.59 13.64 0.00% 48.80
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全(針生検有り) 29 3.24 7.47 0.00% 48.14
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 18 26.94 23.89 5.56% 53.06

 当院の腎臓内科では、IgA腎症・ネフローゼ症候群・急速進行性糸球体腎炎・慢性腎臓病などを中心に入院診療を行っています。
IgA腎症は4割の方で将来的に透析が必要になるとされてきましたが、「扁桃腺摘出術とステロイド療法」によって蛋白尿や血尿が消失する方も少なくありません。また治療が遅れると透析が必要になるばかりでなく致命的になる急速進行性腎炎も発症早期にステロイドや免疫抑制薬、血漿交換などの強力な治療で腎機能を維持することができます。
このように腎臓病は早期の診断と的確な治療が非常に重要です。当科では腎生検入院(2泊3日)や食事療法を含めた教育入院(1週間)など腎疾患の早期診断と治療に積極的に取り組んでおり改善例や治癒例など症例も豊富です。また腎臓病には膠原病や呼吸器疾患、血液疾患、悪性疾患など各科専門医の診断・治療が不可欠な場合があり院内各科と連携し集学的治療を実践しています。


乳腺外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍(郭清を伴わない乳房全切除) 19 7.68 10.37 0.00% 70.16
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍(郭清を伴う手術) 18 7.78 11.63 0.00% 61.00
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍(郭清を伴わない乳房部分切除) 17 4.59 6.79 0.00% 59.76

 当院の乳腺外科では、乳がんの診断と治療を主に行っています。治療は、手術、ホルモン療法、抗がん剤治療、分子標的療法、放射線治療を組み合わせて行います。また形成外科と連携し乳房温存手術や乳房全摘出術後の再建など患者さんにあった幅広い治療選択を提供しています。
一般的にがんの手術にリンパ節郭清はつきものです。しかし乳がんにおいては、患肢のリンパ浮腫や可動制限など腋窩郭清に伴う合併症を回避するため、術前検査で転移がないと思われる患者さんに対して、“センチネルリンパ節生検”を行なっています。今では多くの病院で行なわれている手技ですが、当院は北海道でも数少ないRI法と色素法の併用が可能な施設であり、短時間に低侵襲で正確な検査が可能となっています。この技術により、多くの患者さんが安全性を損なわずに腋窩リンパ節郭清を省略できています。


救急科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 22 4.00 7.52 5.71% 42.77
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 21 2.10 3.58 4.00% 35.90
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術有り) 13 3.92 10.02 2.50% 61.00

 当院の救急科は、救急車やドクターヘリ搬送患者や救急外来に来院した緊急性を要する患者などに対する初期治療を担当しています。
診断が確定した時点で各専門科に引き継ぎをします。多発外傷や中毒などの重症者については救急科が主治医となり入院治療を行う場合もあります。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 211 39 20 47 69 1 7
大腸癌 105 68 106 55 22 108 2 7
乳癌 30 22 39 1 7
肺癌 63 46 80 139 185 1 7
肝癌 13 32 33 22 189 2 5

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 日本で現在5大がんと呼ばれるがん(大腸がん・肺がん・胃がん・肝がん・乳がん)の患者さんについて初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。平成27年度中に退院した延べ患者数となっております。つまり、集計対象期間中に同じ患者さんが複数回退院すると、1回の退院ごとに1件(2回退院すると2件)として集計しています。

【UICC病期分類】
国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無 の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4つの病期(ステージ)に分類するものです。

【癌取扱い規約】
癌の状態や治療結果を記録する際の約束事をUICC病期分類と同じように、日本の関連学会がまとめたものです。
癌の進み具合を評価するための基準を示し、治療法の選択や治療効果を評価するためのよりどころとなります。
各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4つの病期(ステージ)に分類しています。

 当院は2009年より「地域がん診療連携拠点病院」として、5大がんをはじめ各部位のがんにおいて、患者さんのそれぞれのリスクや病態に応じて近隣地域の他施設と連携して診療しています。
 胃がん、肝がん、大腸がんは消化器内科・消化器外科で、乳がんは乳腺外科で、肺がんは呼吸器内科・呼吸器外科で主に診療を行っています。
 胃がんのⅠ期の件数が多いのは、消化管(胃がん・大腸がん)の早期がんに対して、内視鏡を用いた粘膜下層剥離術(ESD)による切除を積極的に行っているためです。また、全体的にⅢ期やⅣ期の患者さんの件数も少なくはなく、患者さんの状態や希望をふまえて、手術・化学療法・放射線療法・緩和ケアなどの治療を行っています。
 「再発」の症例については、肝がんは治療後に再発することが多いとされているがんで、当院の患者さんも、Ⅰ期~Ⅳ期の件数と比較して件数が多くなっています。また、他の部位のがんでも、当院での治療後に再発したケースに加え、他施設から再発時の加療依頼を受けて治療を行うこともあり、その件数は少なくはありません。
 なお、病期分類が不明に分類されている症例については、入院中に検査結果が出ず、当該入院中の情報だけでは病期分類ができていないことなどが理由として挙げられます。特に大腸がんなど、内視鏡で見た限りでは、がんかどうか判断の難しい腫瘍の治療を実施し早期に退院するため、入院中に検査結果が出ていないことがあります。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 97 11.85 74.01
重症度 1 56 11.16 75.02
重症度 2 38 14.08 77.13
重症度 3 18 27.39 81.33
重症度 4 0
重症度 5
不明 0

 成人(15歳以上)の市中肺炎患者さんの重症度(0軽症~5超重症)、平均在院日数(入院期間)、平均年齢を示したもので、市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症する肺の急性炎症です。原因菌の多くは肺炎球菌、インフルエンザ桿菌です。また、マイコプラズマやクラミジア、レジオネラのような細菌ではない微生物が原因となる場合もあります。
 肺炎の重症度は、年齢が高くなるにつれ重症度は高くなる傾向となっており、入院日数も長くなっております。

5.脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 210 24.40 73.27 40.95%
その他 12 28.42 73.50 50.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 21 13.14 71.95 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 0

 脳梗塞の患者さんについて、患者数(症例)、入院期間、平均年齢等を表した表です。タイトルにありますICD10とは世界保健機関が定める国際的な「疾患分類法」のことです。
 脳梗塞とは脳に血液を送る血管に血栓が詰まったり、流れが極端に悪くなったりして、その先の脳細胞が壊死し意識障害や最悪死に至る病気です。
 発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期脳梗塞が95%と高率となっております。平均年齢は73~74歳で、高齢者の方が多くなっております。
 当院では開頭術をはじめ、カテーテル治療や超急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA療法)も行っております。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 2.82 22.45 6.67% 81.09
K386 気管切開術 10 14.00 65.70 28.13% 72.90
K6261 リンパ節摘出術

・経尿道的尿管ステント留置術は泌尿器科医が行っています。尿管が狭窄し尿が出にくくなった患者さんに対してカテーテルを留置し尿が出るようにするための手術です。
・気管切開術は、呼吸困難を生じる疾患や、喀痰がつまったり誤嚥しやすいかたに行う手術です。喉の部分を切開し、気管切開口を作ります。気管切開口は人工呼吸器を装着したり、喀痰を吸引したりするのに使用します。

■用語の解説(以下につきましては、すべての診療科に共通する説明です)■

診療科ごとに症例数の多い手術を上位3つ挙げています。

【Kコードとは】保険診療として認められている手術に対して振られている、診療報酬点数表のコードです。
【名称とは】診療報酬請求上の手術名称です。
【平均術前日数とは】入院した日から手術の前日までの日数です。平均値を記載しています。
【平均術後日数とは】手術の翌日から退院日までの日数です。平均値を記載しています。
【転院率とは】該当する患者さんの中で、当院を退院したあとに別な医療機関で引き続き入院治療を継続された方の割合です。


呼吸器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置 31 3.58 14.48 0.40% 68.03
K6151 血管塞栓術
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置

・抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置は、抗がん剤治療を行う患者さんに何度も注射針を刺さなくても良いよう、また安全に治療を受けられるよう皮下にポート(針を刺す場所)を作成する手術です。


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術 228 1.81 9.77 6.81% 70.21
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 216 0.90 1.46 0.45% 66.76
K6532 内視鏡的胃十二指腸ポリープ・粘膜切除術 147 1.56 6.12 0.68% 72.96

内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ・膵胆管鏡等)を使用する手術は消化器内科の医師が行います。
・内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術は胆石や腫瘍などで胆管が閉塞した際に胆汁の流れ道を作る手術です。
・内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術と内視鏡的胃十二指腸ポリープ・粘膜切除術は、内視鏡の先端部分に装備された様々な・器具を使ってポリープや病変部分を切除する手術です。

 そのほか胆管結石・慢性膵炎の対するステント治療、乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術、早期がんに対するESD(粘膜下層剥離術)などをはじめ高度医療・最新医療を実施できるための医師や医療機器などの体制が整っております。「消化器病センター」として外科との連携も密ですので、個々の患者さんに応じた治療方針をご提案します。


血液内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置 40 9.08 37.03 0.80% 67.15
K6262 リンパ節摘出術
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術

・抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置は抗がん剤治療を行う患者さんに何度も注射針を刺さなくても良いよう、また安全に治療を受けられるよう皮下にポート(針を刺す場所)を作成する手術です。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 165 2.93 2.32 2.40% 71.48
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 78 3.27 3.71 4.55% 73.24
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 48 1.13 2.40 0.00% 65.19

・経皮的冠動脈ステント留置術は、心臓近くの血管(冠動脈)が狭窄し血液が心臓に運ばれにくい患者さんに行います。血管の中に細い管を挿入し、その管を使って狭窄部分にステント(金属メッシュの筒)を留置し狭窄部分を広げます。
・四肢の血管拡張術・血栓除去術は、動脈硬化などで四肢(特に下肢が多い)の血管が詰まったり細くなって痛みなどの症状が生じた場合に行う手術です。血管の中に細い管を挿入し薬剤や医療材料を使用し血管を広げ血流を改善させます。
・経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション治療)は不整脈の治療です。特殊なカテーテルを血管の中から心臓まで挿入し、高周波電流を流し心筋を焼灼します。

 いずれも開胸手術に比較し体の負担が少ない治療です。また合併症のため開心術のリスクが高く弁置換術の適応とはならない患者さんに対しては経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)が保険適用となり、当院でも循環器内科・麻酔科・心臓血管外科の診療科および臨床工学部・診療技術部・臨床検査部・看護部でハートチームを結成しチーム医療で対応しています。


小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 15 0.00 11.47 0.00% 0.00
K7151 腸重積症整復術
K616-3 経皮的胸部血管拡張術

・新生児仮死蘇生術とは出生時に呼吸障害等があった場合に口や鼻から羊水を吸引したり、酸素投与や気管挿管などを行う蘇生措置のことを指します。分娩に際しては産婦人科医師と小児科医師が密接に連携をとり、迅速に処置を行う体制を整備しています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 215 2.48 2.71 2.24% 61.15
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 125 4.46 8.42 3.17% 72.22
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 74 0.97 2.11 0.00% 58.78

※外科には消化器外科、呼吸器外科が含まれます。

 当院の外科では、腹腔鏡や胸腔鏡を用いた体に優しい手術に積極的に取り組んでいます。適応としては気胸、肺がん、縦隔腫瘍、鼠径ヘルニア、胆石、食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、膵腫瘍などです。低侵襲で術後の疼痛も少なくなったため、入院期間の大幅な短縮化が実現しています。最新の周術期管理であるERAS(術後回復力促進プログラム)を胃がん、大腸がん、膵がんの手術に適用し、早期経口接種と早期離床により短い入院期間で治療することが可能となりました。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 122 3.15 17.98 66.14% 70.76
K0821 人工関節置換術 66 1.55 23.08 12.12% 71.42
K0732 関節内骨折観血的手術 66 3.18 13.71 18.18% 55.61

 骨折観血的手術と関節内骨折観血的手術は骨折に対する手術で、中でも最近増加傾向にあるのが高齢者の大腿頚部骨折です。
 股や膝、肩、肘や指などの関節が変形したり壊死が生じた場合などに人工関節を用いた手術を行います。
 特に全身管理を要する多臓器損傷、多発骨折や神経・血管損傷、小児の骨折に対しては救急科や麻酔科、外科などと協力して迅速に対応しております。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 36 0.50 29.50 38.89% 65.94
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 0.76 16.67 27.27% 72.85
K1643 頭蓋内血腫除去術 23 0.26 39.87 80.00% 69.09

 脳神経外科では、急性期医療として脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)および頭部外傷を中心に幅広い疾患に対応しています。また、大型脳動脈瘤に対するクリッピング術や閉塞性血管障害への血行再建術、脳血管内治療、脳腫瘍摘出術など高い専門性を要する医療を提供しています。脳卒中の専門知識を有する医師、専属の看護師、リハビリテーションスタッフなどからなる”脳卒中チーム”が配属された脳卒中患者専用の病床(SCU)を整備しています。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 114 1.12 2.72 0.87% 72.24
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 99 0.22 1.10 1.01% 65.18
K843 前立腺悪性腫瘍手術 86 1.05 8.80 0.00% 67.51

 当院の泌尿器科は、悪性腫瘍(前立腺がん・膀胱がん・腎がん・腎盂尿管がん・精巣腫瘍・副腎腫瘍など)、前立腺肥大症・尿路結石症、婦人泌尿器科の4つの領域を診療の基幹として取り組んでいます。北海道内で最初に手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入し、先駆けてロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術を開始し、現在は腎がんにおいても保険診療の認定施設となりました。膀胱がんについては可能な限り膀胱温存を図りながら内視鏡手術を第一選択としています。上部尿路の腎盂尿管がんの根治手術に対しては腹腔鏡手術で低侵襲で患者さんに優しい手術を行っています。


産科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8961 会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(筋層に及ぶもの) 190 1.11 4.75 0.00% 31.33
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 76 3.41 5.71 0.00% 33.88
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 70 4.96 6.09 0.00% 33.77

 当院には、リスクの高い赤ちゃんや早産にも対応できる、新生児のICU(NICU)があり、様々な合併症を持った妊婦さん、異常妊娠やハイリスクな妊婦さんも紹介されてきます。あらゆる病気に対応できる各専門科があり、緊急時にも麻酔科が迅速に帝王切開に対応し、生まれた赤ちゃんはすぐに小児科医が診ています。このようなバックアップがありますので良いお産に臨んでいただけると思います。


婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 272 1.02 2.17 0.00% 47.07
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術 253 0.94 2.09 0.00% 38.30
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出 240 1.05 2.14 0.00% 37.73

 当院の婦人科では良性疾患手術の大半を腹腔鏡手術で行っています。腹腔鏡手術はからだに優しい手術ですので、平均在院日数も短くなっております。 また、がん治療につきましては、2014年より一部の認定された病院のみ腹腔鏡下子宮体がん手術を保険診療で受けることができるようになりました。当院でもその認可を得ていますので、経済的な負担も軽く手術を受けていただけます。がん治療は日本婦人科腫瘍学会専門医を中心に行っています。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(その他のもの) 452 1.05 3.36 1.11% 74.52
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 301 1.20 9.01 0.66% 64.26
K2821イ 水晶体再建術(縫着レンズを挿入するもの) 19 1.63 3.58 5.26% 77.42

 当院の眼科は大きく分けて「網膜硝子体」と「眼窩・神経眼科」の治療を中心としております。網膜硝子体の主な疾患は増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜症、増殖硝子体網膜症、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑牽引症候群、網膜静脈閉塞症などで手術による治療に力を入れています。眼窩・神経眼科の分野では視神経はもちろん、それ以外の眼に関連する神経や筋肉の病気、眼球周囲の骨(眼窩)の病気や腫瘍について診断治療しています。また白内障・緑内障・斜視・眼瞼下垂・眼瞼内反・翼状片に対する手術も多数行っています。


耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 49 0.96 5.59 0.00% 31.02
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型 29 1.03 6.14 0.00% 57.52
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 20 0.05 3.75 0.00% 41.70

※耳鼻咽喉科には耳鼻咽喉科、頭頸部外科が含まれます。

・口蓋扁桃摘出術は、反復性扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群、IgA腎症 などに対する手術です(小児7日 ・ 成人8日)。
・内視鏡下鼻副鼻腔手術は、難治性副鼻腔炎、副鼻腔嚢胞、鼻閉の著しい鼻アレルギー、嗅覚障害、反復性鼻出血、鼻副鼻腔の良性腫瘍に対する手術です(7〜8日間入院)。
・扁桃周囲膿瘍切開術は、口蓋扁桃炎で感染・炎症により膿瘍がたまり、ものが飲み込めないなど重症な方に行う手術です(4~5日間入院)。

 そのほか、より良い聞こえを目指した聴力改善手術、頭頸部がんに対する機能温存療法と機能再建手術 、頭頸部良性腫瘍に対する低侵襲手術、耳下腺腫瘍における傷が目立たない皮膚切開による手術、副鼻腔腫瘍における内視鏡下手術などを行っています。


放射線診断科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 37 1.95 11.70 0.84% 69.27
K6153 血管塞栓術(その他のもの)
K6151 血管塞栓術(止血術)

 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)はおもに肝細胞癌に対して行われます。肝動脈内にカテーテルを挿入し抗癌剤を投与したあと塞栓物質で血流を遮断し癌を死滅させる方法です。
 これ以外にも超音波画像やCTで観察しながら(IVR)、外傷等の出血に対する緊急止血術や、リザーバーによる動注化学療法、中心静脈ポートの留置など様々な疾患に対応しています。


心臓血管外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 47 1.36 10.09 6.38% 76.02
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 24 6.50 15.08 14.81% 72.71
K5551 弁置換術 24 5.83 23.75 16.67% 74.67

・胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤に対しては、従来の開胸、開腹による人工血管置換術に加え、高齢者や合併症を持つハイリスク症例に対するカテーテル的ステントグラフト留置術を行っています。
・心臓弁膜症においては、自己弁温存が可能な症例に対しては積極的に弁形成術を行い、人工弁が必要な場合、特に65歳以上では抗凝固療法の不要な生体弁を使用した弁置換術を行いQOLの向上を目指しています。
僧帽弁のみの手術症例では、胸骨正中切開を行わずに右側肋間からの小切開でアプローチする低侵襲心臓手術(MICS)を開始しました。 また、合併症のため開心術のリスクが高く弁置換術の適応とはならない患者さんに対しては経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)が保険適用となり、当院でも循環器内科・麻酔科・心臓血管外科の診療科および臨床工学部・診療技術部・臨床検査部・看護部でハートチームを結成しチーム医療で対応しています。
・狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患については、カテーテルによる冠動脈インターベンションが困難である重症病変、あるいは左室瘤・虚血性僧帽弁閉鎖不全などの心筋梗塞合併症などが手術対象となっています。高齢者や脳血管病変などの合併症を有する患者さんに対しても安全に手術が行われています。


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術 17 0.94 0.94 0.00% 6.24
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 17 1.00 4.82 0.00% 57.65
K333 鼻骨骨折整復固定術 11 1.00 3.00 0.00% 23.64

 当院の形成外科では、交通事故などによる顔面の骨折や外傷の治療、先天性異常(口唇裂・口蓋裂・耳介など)による体や顔面への治療、あざやほくろなど皮膚の良性腫瘍や悪性黒色腫(皮膚悪性腫瘍)をはじめとした様々な治療に対応しています。2015年度は617件の手術を行っています。


腎臓内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 28 4.68 16.89 10.71% 65.57
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 21 0.67 1.81 0.00% 67.48
K6146 血管移植術、バイパス移植術 10 15.10 14.20 11.11% 72.90

 透析機器は年々進歩していますが、機械と患者さんをつなぐアクセス(シャント)の医療技術の進歩は遅れており、狭窄や閉塞は避けられません。その際のカテーテル治療や手術治療も腎臓内科医が行います。


腫瘍内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置 38 1.03 7.21 0.00% 65.55
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K6153 血管塞栓術

 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置は抗がん剤治療を行う患者さんに何度も注射針を刺さなくても良いよう、また安全に治療を受けられるよう皮下にポート(針を刺す場所)を作成する手術です。


乳腺外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 20 1.35 5.35 0.00% 69.80
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 17 1.00 2.59 0.00% 59.76
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 11 1.00 6.36 0.00% 62.36

 一般的にがんの手術にリンパ節郭清はつきものです。しかし乳がんにおいては、患肢のリンパ浮腫や可動制限など腋窩郭清に伴う合併症を回避するため、術前検査で転移がないと思われる患者さんに対して、“センチネルリンパ節生検”を行なっています。
 今では多くの病院で行なわれている手技ですが、当院は北海道でも数少ないRI法と色素法の併用が可能な施設であり、短時間に低侵襲で正確な検査が可能となっています。この技術により、多くの患者さんが安全性を損なわずに腋窩リンパ節郭清を省略できています。


救急科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術 14 1.71 15.79 25.58% 59.86
K386 気管切開術 11 7.36 21.18 25.00% 81.36
K1641 頭蓋内血腫除去術

・救急科における血管塞栓術は外傷等の出血に対する緊急止血術です。
・呼吸困難を生じる傷病の場合に緊急的に気管切開術を行います。

 救急科では診断が確定した時点で必要に応じて各専門科に引き継ぎをしますが、多発外傷や中毒などの重症者については救急科が主治医となり入院治療を行う場合もあります。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 10 0.06%
異なる 10 0.06%
180010 敗血症 同一 71 0.43%
異なる 66 0.40%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 58 0.35%
異なる

 この項目に関しましては、併発感染症および合併症の意味合いが強い疾患(事象)です。全国平均(H27年DPC対象病院)の数値としましては、播種性血管内凝固「0.17%」、敗血症「0.56%」、その他の真菌症「0.04%」、手術・術後の合併症「0.70%」となっており、当院はほぼ発生率は下回っております。これらの疾患は重篤な疾患の合併症として発症することが多く、重症疾患を診療している病院では臨床上ゼロになることはないのですが、医療費や入院日数が増えるため、発生率の低下が望ましいと考え、少しでも改善できるよう努めております。
 また、『手術・術後の合併症』の多くは他院での手術施行後の不具合-一番多いケースでは白内障手術で挿入した眼内レンズの修正やペースメーカーなど挿入物の不具合の処置-による入院となっております。

更新履歴



ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU