当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

手稲渓仁会病院の救急医療

手稲渓仁会病院の救急医療

生命を守る~脳卒中治療

急性期脳卒中に一刻も早い治療を

急性期脳卒中は前触れなく突然起こるものが多く、それまで元気だった方が言語障害や手足の麻痺などの重篤な後遺症を残したり寝たきりになったり命を落としたりする恐ろしい病気です。脳卒中の治療は時間との勝負であり、発症後できるだけスピーディーに診断をし、適切な治療を開始することが非常に重要です。当院では24時間365日、急性期脳卒中に対する検査・治療を行える体制を整え、緊急開頭手術のほか血管内治療にも対応しています。

とくに発症後4.5時間以内の超急性期脳梗塞の治療においては、tPA(組織プラスミノーゲン活性化因子)静注療法に血管内手術による血栓回収術を追加することによって治療成績が良くなることが近年証明され当院でも積極的に行っています。

低侵襲な脳血管内治療
写真写真
脳血管内治療は体への負担が少なく、高齢者や開頭手術が難しい患者さんにも適応します。
また、術後の回復が早く退院までの日数も短縮されます。

急性期の管理からリハビリまで
専門的に進めるSCU

SCU(脳卒中ケアユニット)は、脳卒中の専門知識を有する医師、専属の看護師、リハビリテーションスタッフなどで構成された“脳卒中専門チーム”が配属された脳卒中患者専用の病床です。SCUでは持続的な症状監視のもと、脳卒中急性期の濃厚治療と早期からのリハビリテーションを行い、これによって最終的な機能予後の向上や死亡率の低下が得られることが欧米の研究により証明されています。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU