住み慣れた地域で暮らし続けたい

「もし介護が必要となってもできるかぎり住みなれた自宅で生活したい。」このような願いは、高齢者の方が皆感じていることではないでしょうか。渓仁会では在宅支援の施設も整っています。

通所介護(デイサービス)

通所介護とは、入浴・排泄・食事など日常生活上の世話や機能訓練を受ける日中に行われる在宅でのサービスです。家族の負担軽減のほか、家に引きこもりがちな高齢者に外出の機会を与え、他者との交流を図ることで、社会的孤立感を解消することもできます。

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護は、ご利用者様が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活の支援や機能訓練を行います。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションから専門の看護師等が利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。

訪問介護(ホームヘルパーステーション)

訪問介護は、ご利用者様が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。