自然が豊かな定山渓温泉の四季をイメージした演出が、
院内の床や壁、天井、照明、インテリアに施されています。

1階、2階、7階部分は、森や林の初夏を、

3階から6階までの 病棟は、季節(春夏秋冬)を表現しています。

そしてそれぞれのイメージに合わせて花や森の香りが漂う建物は
アロマテラピー(香り)を採用。
やわらかく落ちつきのある雰囲気づくりに工夫を凝らしています。