診療部

診療部概要

院長
菅原 啓(すがわら ひろし)
名誉院長
中川 翼(なかがわ よく)
副院長
俣野 順(またの じゅん)、杉本 信志(すぎもと しんじ)
神経難病センター長
松本 昭久(まつもと あきひさ)

神経難病(リハビリ)センター

看護部長 桐生 眞由美
神経難病(リハビリ)センター長
松本 昭久(まつもと あきひさ)
日本神経学会専門医・指導医
日本リハビリテーション学会専門医・指導医

神経難病(リハビリ)センターについて

当院にはパーキンソン病、脊髄小脳変性症や筋萎縮性側索硬化症などの難治性疾患を抱える患者さんが多く入院しています。リハビリ医療目的の患者さん以外にも、ターミナル医療目的で入院される方も少なくありません。
近年は当院でも在宅での訪問リハビリ以外に、短期集中リハビリやレスパイトケア目的で入院される患者さんが増えています。

神経難病疾患におけるターミナルケア

神経難病は治療手段の確立されていない疾患が多いのが現状です。ただ近年は神経学的所見と画像検査などを組み合わせる事により、発症後の早期診断と病状の進行を遅らせる治療もある程度はできるようになっています。市立札幌病院で神経内科医療に関わっていた当時は、限られた病床数の中で急性期医療を優先せざるを得ない事情もあり、神経難病疾患についても在宅医療が困難になった患者さんは慢性期型病院にお願いしていました。
しかし神経難病疾患の病状が進行し、治療が困難になったターミナル期こそ神経内科医が関わるべきでないかとも思いもあり、現在は慢性期の神経難病患者さんを受け入れていた当院でリハビリ医療を主体に関わっています。神経難病疾患では早期からのリハビリ医療が必要になりますが、特に病状の進行した時期では個々の患者さんへのオーダーメイドのリハビリを継続する事が病状の緩和につながります。当院の理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士などのリハビリスタッフも神経難病疾患、特に病状の進行した時期の病態をよくしっています。
神経難病のターミナル期の患者さんにとっても当院が第一選択として選んでいただけるよう、担当医・看護職・リハビリスタップ・栄養士・薬剤師・ソーシャルワーカーによるチーム医療をさらに充実させてゆきたいと思っています。

定山渓病院が核となり南区の神経内科患者さんの地域の施設と病院が連携した終末期も含めた地域医療支援体制が確立しつつあるのは、南区の医療・介護・福祉関係者の協力が実を結んだものと、関係者の方には大変感謝しています。

看護部

看護部長 田中 かおり
医療法人 渓仁会 定山渓病院
看護部長
田中 かおり(たなか かおり)

豊かな自然に恵まれ、札幌の奥座敷と呼ばれている定山渓に、渓仁会グループ第2の病院として開設されました。

病いや怪我などにより、急性期あるいは回復期の治療、看護を終えた慢性期の段階にあるみなさまの医療・ケアを担う病院です。病いを持ち療養される方は、高齢の方だけではありません。私たちの病院には、幼児から高齢者まで幅広い年齢にある方が入院されています。

当院は、1999年に『抑制廃止』を宣言し、それ以降、入院されている皆様には身体拘束を行なっていません。定山渓病院が理念とする人権と尊厳をまもること、クライアントファーストの考えを実践しています。

私たちは、すべての方に最善のケアを提供すること、そして、その人らしさを守ることを目指しています。その結果、定山渓病院を選んで良かったと満足して頂けたら幸せに思います。

看護部ホームページ

リハビリテ―ション部

リハビリテーション部 部長 原田 拓哉
医療法人 渓仁会 定山渓病院
リハビリテーション部 部長
原田 拓哉(はらだ たくや)

当院のリハビリテーションは急性期での治療を終え、継続してリハ専門職による関わりが必要な方に対して質の高いリハビリテーションを提供しています。様々な疾患や幅広い年齢層の方が入院されていますので、それぞれの疾患の特性にあわせて患者さん一人一人の個別性を重視した支援をさせていただいています。特に、出来る限り口から食べる事、出来る限り寝たきりにならず人との交流ができること、人生の最期に尊厳を保って過ごすことができること等を大切にして、摂食・嚥下訓練やシーティング、終末期リハビリテーション等にも力を入れています。

在宅サービスでは通所リハビリテーション(デイ・ケア)、訪問リハビリテーションで地域で生活されている方への支援にも力を入れています。また、包括支援センターや介護予防センター等と協力して、転倒予防教室等の介護予防事業への講師派遣や企画運営の相談等にも積極的に取り組んでいます。

今後も在宅療養や長期療養をされる方々が生き活きと、その人らしく過ごすことができるよう、質の高いリハビリテーションを提供していきたいと考えています。

リハビリテーション部ホームページ

医療技術部

医療技術部 部長 松尾 繁信
医療法人 渓仁会 定山渓病院
医療技術部 部長
松尾 繁信(まつお しげのぶ)

医療技術は日々進化を遂げ、各種検査や服薬指導、栄養管理といった専門分野の重要性は慢性期医療機関でも高まりを増しています。当院では、すべての医療スタッフが協働し治療にあたる「チーム医療」を積極的に展開しており、将来的には在宅医療へのサポートも実現したいと考えております。

医療技術部は、こうしたチーム医療の一翼を担う、薬剤科、放射線科、検査科、栄養科から構成されており、スタッフ各々が専門職として医師や看護師、療法士と共に質の高いサービスを提供しています。

医療技術部
薬剤科

薬剤科の主な業務
  1. 調剤
    処方箋に基づいて調剤します。
    処方の内容に疑問な点があれば必要に応じ処方変更も依頼しています。
  2. 注射剤や外用剤の払い出し
    処方箋に基づいて1処方ごとにセットし供給します。
    一部の注射剤は薬剤師が調製します。
    外用剤は伝票または処方箋により供給します。
  3. 病棟業務(薬剤管理指導業務)
    薬歴を管理し、必要な情報を患者さん本人またはご家族に説明し記録、必要とされる患者さんに医師の同意を得て行います。
  4. 医薬品情報
    医薬品についての情報を提供します。
    使用上の注意の改訂や重要な注意事項を医師や看護師に伝達します。
    また、必要に応じてカンファレンスでの情報提供も行います。
    患者さんに処方された薬剤の薬効や注意事項を説明します。
    状況によって薬剤の写真を印刷した説明書もお渡しします。


    薬品情報提供書

  5. 医薬品の管理
    医薬品の発注、納品、在庫数量を厳密に管理するほか、使用期限の管理、保管温度の管理などを行います。
    劇薬、毒薬、医療用麻薬など特別な管理を求められる医薬品も、法律を遵守した手順で管理しています。

医療技術部
放射線科

当放射線科は、患者さんが安心で安全に検査を実施できるよう対応しております。
また、適正な放射線量で、診療に必要な最大限の画像情報を提供する事によって、医師の診断が正確に下せるように日々勤めております。

画像装置

  • 16列マルチスライスCT装置

  • 一般X線撮影装置

  • パノラマX線撮影装置

  • 移動型X線撮影装置

  • TV式X線透視撮影装置

  • 超音波診断装置

  • PACSシステム(プリズムメディカル)
検査
  • 当院の医療機能の性格上、侵襲性の少ない安全な検査となっており、嚥下の放射線透視検査も行っております。
  • 『頭痛・外来・もの忘れ外来』や『糖尿外来』などの各種外来での画像データ提示は速やかで、外来検査の待機時間も短いことが特徴です。
  • CT検査の医療被ばく管理もされ、患者さんが必要であれば開示できます。
  • 入院患者さんのお体のご負担にならないよう、各部位の撮影は、病棟での対応を多くとらせていただいております。
スタッフ
  • 常勤2名:シニア認定技師(日本放射線技師会)、認定放射線管理士、認定放射線機器管理士、認定医療情報精度管理士(日本放射線技師会)
  • 非常勤1名

医療技術部
臨床検査科

臨床検査室は1階にあり、患者さんの診断や治療効果の判定をするために必要な検体検査(血液・尿・体液など)と生理検査(心電図・ホルター心電図など)を行っています。

検体検査は殆どが委託先への外注検査となりますが、生化学など緊急性の高い検査項目については院内でも実施しています。また、定山渓という地域柄、観光や修学旅行で訪れる方も多く、体調悪化時に受診の際はインフルエンザやノロウイルス迅速検査の対応も可能となっています。
臨床検査技師は一人勤務体制ですが、感染防止対策委員会やICTなどに参加し院内感染の予防活動にも努めています。

医療技術部
栄養科

栄養科では患者さんへ喜ばれる食事提供と栄養状態を的確に評価・判定し より良い栄養状態を維持していくことを目指しています。

当院の食事

厨房:オール電化厨房と新調理システムを導入した厨房で食の安全を第一に考えております。

行事食:四季が感じられるよう、祝日などに合わせてごちそうメニューやイベント食を企画しています。

  • 病院祭:敬老の日のメニュー
    「病院祭」
    敬老の日のメニュー
  • 駅弁の日:病院オリジナル定山渓駅弁
    「駅弁の日」
    病院オリジナル定山渓駅弁
  • 6月のごちそう
    6月のごちそう

食事形態:嚥下障害や嚥下機能が低下した方にも安全に食べられるよう工夫しています。

  • 軟菜
    軟菜
  • ゼリー菜
    ゼリー菜
栄養ケア

管理栄養士は各病棟担当制とし、入院されている全患者さんを対象に多職種と連携を図りながら個々人に対応した栄養ケアを実践しています。
また、特に栄養障害の状態にある患者さんや、栄養管理をしなければ栄養障害の状態になることが見込まれる患者さんに対し、生活の質の向上、現疾患の治癒促進及び感染症等の合併症予防を目的として、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士で構成されている「栄養サポートチーム(NST)」も活動しています。

在宅ケア部

定山渓病院の在宅支援サービスとして各事業所を併設しています。

札幌市南区介護予防センター定山渓(札幌市委託機関)

高齢者やその家族の介護福祉に関する総合的な相談に応じるほか、

  • 地域と連携を取り、介護予防事業を実施し、介護予防の普及啓発を図ります。
  • 地域包括支援センター(第2地域包括支援センター)との連携を図ります。

定山渓病院在宅ケアセンター(居宅介護支援事業所)

介護支援専門員(ケアマネージャー)が、介護保険サービスを受けるためのお手伝いをします。

定山渓病院デイケア
(通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション)

施設や病院に通い、定期的な健康管理や入浴、食事、リハビリテーション趣味活動を通じて、要支援・要介護者の方とご家族を支援します。

歯科診療部

歯科診療部 部長 久米 麻也子
医療法人 渓仁会 定山渓病院
歯科診療部 部長
久米 麻也子(くめ まやこ)

入院患者さんの歯科治療はもちろん、義歯の調整や口腔ケアを丁寧に行います。また、地域の歯科として外来の診療も行っています。
入院患者さんは病棟スタッフに、地域のみなさんは病院代表電話にご連絡ください。