スペシャリスト

「リソースナースの会」ご紹介

リソースナースの会

リソースナースとは、常に変化する医療現場の最前線で働く看護師たちを専門知識や技能で支援する看護師のことです。

当院には、下記に紹介する専門看護師、認定看護師が所属しています。各分野の専門性を活かし、互いに協力・連携・支援を行うことで看護の質向上に貢献できるようリソースナースの会を結成しました。

希望・誠実・自律・成長をめざし、会の名前を「クローバーの会」としました。
これから、リソースナース同志が協力し、活動していきたいと考えています。

老人看護専門看護師

老人看護専門看護師 菅原 昌子

老人看護専門看護師
菅原 昌子

老人看護専門看護師 菅原 昌子

専門看護師とは、特定の専門看護分野において日本看護協会が認定する専門看護師試験に合格し、より困難で複雑な健康問題を抱えた人、家族、地域等に対して質の高い看護を提供するための知識や技術を備え、卓越した看護実践能力を有する看護師のことをいいます。
その中で、老人専門看護師は、認知症や嚥下障害などをはじめとする複雑な健康問題を持つ高齢者のQOLを向上させるために水準の高い看護を提供するという役割をもっています。

私は、疾病を抱える高齢者が、場所を問わず、常に自分が望む医療や福祉を受けられることが当然の権利であると考えています。また、高齢者が住み慣れた場所で過ごしていた時のような、生活スタイルを維持できることが望ましいと考えています。
当院に入院する高齢者が病院という住まいの中で、疾病と戦いながら、今まで大切にしてきたこと、これだけは守りたいこと等、『真の自分』を医療者に理解してもらい、また、医療者は高齢者が大切にしていることを十分に理解したうえで、看護することが必要であり、チーム医療を最大限活用し、すべての人に、「この病院に入院して良かった」と心から思っていただけるケアを提供していきたいと考えています。

さらに、ご家族や地域に対しても、専門的な知識や技術を提供していくことが求められます。そのために、患者、家族との会話を通して、その人が必要とする医療、看護を理解し、その思いをチームメンバーに橋渡しする役割を担っていきたいと考えています。また、患者・ご家族が必要としている質の高い看護を提供できるように、実践者としての活動も大切にしていきたいと考えています。

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師 小池 ひとみ

感染管理認定看護師
小池 ひとみ

感染管理認定看護師 小池 ひとみ

感染管理の目的は、患者やその家族、病院職員を感染から守ることです。

院内では多職種で構成された感染対策チーム(ICT)に所属し、院内感染の発生動向調査、感染予防対策に関する教育、院内ラウンドによる対策実施状況の確認など、組織横断的な活動をチームで取り組んでいます。また、各看護単位から選出された感染リンクナースとともに、日常生活援助や看護ケアにおける感染対策の徹底を目指した活動も行っています。

「患者様が安心して療養できる環境づくり」「職員が安心して活躍できる職場づくり」を目指し、いつでもスタッフの相談にのることができるフットワークの軽いICNになれるよう努力していきたいと思います。

感染管理認定看護師の活動

第30回日本環境感染学会学術集会
学会での演題発表

第30回日本環境感染学会学術集会 2016年2月19、20日に国立京都国際会館で開催された「第31回日本環境感染学会学術集会」に参加しました。この学会は感染管理分野で活動する多職種が参加しているため、多方面から学ぶことの出来る学会です。私も2014年度に取り組んだ職員への手指衛生教育についてポスター発表を行いました。4年ぶりの演題発表でとても緊張しましたが、無事に終えることができました。

学会参加は、最新の知見を得るだけではなく、日頃の実践を振り返る良い機会であり、今後も大切な学びの場として積極的に参加していきたいと思います。

障害者支援施設での研修会

近隣の施設より、研修会の講師を依頼されました。
冬場の流行時期を迎えるに当たり、インフルエンザウイルス、ノロウイルスの感染対策についての研修内容で、講義と演習を行いました。
職員の皆さんの熱心な様子に、私もたくさんの刺激を受けました。

障害者支援施設での研修会

感染管理認定看護師 梅津 光香

感染管理認定看護師
梅津 光香

感染管理認定看護師 梅津 光香

臨床現場において医療従事者が、感染防止対策の知識を獲得し、感染防止技術の提供ができるよう、感染管理認定看護師は実践・指導・相談をする役割を担っています。慢性期医療を提供する当院は、長期入院や高齢の患者様が多く、感染を機にADLやQOLが低下することがないよう、患者様を感染から守ることが重要となります。

私は現在、病棟に所属し部署の感染対策を推進しています、また、感染対策チームの一員として、メンバーと協力して院内の感染対策に取り組んでいます。たった一人が感染対策を怠ってしまうだけで感染予防は成り立ちません。そのため、無理なく職員全員が感染防止対策に取り組めるよう、患者様の状況や、日常のケアに即した方法を提供していきたいと考えています。

感染管理認定看護師の活動

リハビリスタッフによる吸引技術サポートチーム<SST>
Suction Support Team(SST)の活動

2010年より取り組みが始まった「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進」に関連し、2015年度下期より「リハビリスタッフによる吸引技術の提供に基づく、効果的なリハビリテーションの実現」というビジョンを掲げ、リハビリテーション部、看護部協働でSuction Support Team(SST)を立ち上げ活動を開始しました。

活動内容は、リハビリスタッフの吸引技術院内認定制度の運営と管理に関する検討、認定者育成にむけた研修の企画と開催です。
感染管理認定看護師は吸引実施時の感染予防に対する知識と技術の習得を目指し、チームの一員として講義や演習を担当しました。昨年度末に第1期18名のリハビリスタッフが筆記試験・実技試験に合格し、現在、病棟実習を行っています。自立して患者に吸引技術を提供することで、効果的なリハビリテーションを提供したいと努力しているスタッフをサポートしながら、ともに成長して行きたいと考えています。

リハビリスタッフによる吸引技術サポートチーム<SST>リハビリスタッフによる吸引技術サポートチーム<SST>

認知症看護認定看護師

認知症看護認定看護師 市川 豊子

認知症看護認定看護師
市川 豊子

認知症看護認定看護師 市川 豊子

認知症看護は、認知症の人が“今をいかにその人らしく生きるか”という事を大切に、認知症発症から終末期までの病状管理、療養生活環境の調整、行動・心理症状(BPSD)の予防・緩和など認知症の人の生命、生活の質、尊厳を尊重した看護を実践します。また、長期にわたる経過の中で生じる、さまざまな看護・介護上の問題に対し、本人、ご家族に寄り添いながら共に考え、その人らしい生活の実現に向けて努めていきます。

認知症を抱えた人は自分の知的低下に気づき、不安を感じ、自信を喪失しながらも懸命に生きている人です。認知症により生じる「生活のしにくさ」を理解し、もてる力に着目して、認知症の人とそのご家族の笑顔を支える看護を他職種と協働して行いたいと思います。

認知症看護認定看護師の活動

地域住民への健康講座

2015年10月2日「第6回定山渓病院健康教育講座」を開催しました。
「認知症の正しい理解〜知ってほしい!認知症〜」というテーマで、認知症の症状、認知症を持つ人との接しかたなどをお話しました。
当日はあいにくの天気でしたが、定山渓地区住民20名の方が、当院へお越し下さいました。時間が足りなくなるほど沢山の質問を頂き、住民の方の関心の高さが伺えました。

地域住民への健康講座地域住民への健康講座

院内研修会の講師

今年度の「看護部内の研修」と「院内学術講演」として「認知症ケア研修」の講師を務めました。今回は認知症ケアの基礎編として、合計4回の講義を行いました。研修後には様々な職種の方から、「認知症の人の思いを知ることができた」「また話を聞きたい、もっと認知症について知りたい」「こんな時はどうしたら良いの?」など多くの相談や質問を頂き、日々、患者さんと真摯に向き合っている姿勢や学びたいという気持ちを感じることができた研修会でした。

院内研修会の講師院内研修会の講師