教育

看護部Home教育>院内研修

院内研修

2022年度版 研修スケジュール

2022年度 教育目標
  1. 患者の意思決定を支えるために必要な知識・技術・態度を学習する場を提供する
  2. 患者の状態を正しくアセスメントし、最適な実践をするための専門的知識・技術を学習する場を提供する
  3. 研修を通して、チームの一員としての自己の役割を認識する

以下表は横スクロールしてご覧になれます。

研修名 ラダー
レベル
対象者 講師 担当者 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
教育部会研修 ラダー研修 1)倫理研修 U 看護
・介護職員
老人看護専門看護師
菅原昌子 師長
教育部会                   25日    
2)呼吸ケア研修 U以上 看護職員 重傷集中ケア認定看護師
教育部会                      
3)看護過程研修 T以上 看護職員   看護部・教育部会                      
新人看護師研修 1)新入看護職員技術研修
移動・移送・酸素ボンベの取り扱い 気道吸引 尿道留置カテーテル挿入手技 静脈採血・末梢静脈ルート留置・血液培養検査 フィジカルアセスメント 輸液ポンプ・シリンジポンプ KYT 心電図モニター・12誘導心電図 BLS(手稲渓仁会病院にて)
T 看護職員 主任 教育部会・主任会 5日

6日

7日
27日 24日 22日                
2)新人看護師OSCE研修 T 看護職員   教育部会・主任会                        
3)新入職員フォローアップ研修 T・U T 看護職員
・他職種新人
  教育学術委員会     T                 U
4)新入職員ローテーション研修
病棟ローテーション 他部門
T 看護職員
・他職種新人
  教育学術委員会                    
多職種研修 1)摂食嚥下ケア研修
基礎編 実践編
T以上 U以上 看護・
介護職員
他職種
ST 摂食嚥下障害看護認定看護師 教育部会                
2)エンドオブライフケア研修 U以上 看護・
介護職員
他職種
がん看護専門看護師
教育部会                    
3)退院支援・多職種協同研修 V以上 看護職員
他職種
  看護部・教育部会                      
リソース研修 院内チーム研修 1)認知症ケア研修
基礎編 実践編 事例検討
T以上 U以上 U以上 看護・
介護職員
老人看護専門看護師
菅原昌子 師長
認知症看護認定看護師
松山 愛副看護部長
田屋 香さん
菅原昌子師長
老人看護専門
看護師
認知症看護認定看護師
  25日     24日   19日          
2)排尿ケア研修 T以上 看護・
介護職員
  排尿ケアチーム 各病棟での随時開催
3)褥瘡予防研修 T以上 看護・
介護職員
  PTPU 開催時期検討中
看護部ワーキング研修 中途採用者研修 調整中   看護職員   看護部WG                        
介護職員研修 調整中   介護職員   看護部WG                        
看護部研修 研究支援 看護研究研修   看護職員   看護部 開催時期検討中

院内研修の様子2022年度

研修名 研修の様子
基礎 認知症ケア研修 認知症ケア研修:基礎編 2022年5月25日開催
当院は、認知症の方と接する機会が多いことから、認知症の知識を深めるための研修を開催しています。研修企画は認知症看護認定看護師、老人看護専門看護師が担当しています。今回の基礎編では、認知症に関する基本的な知識をわかりやすく職員へ伝えてくれていました。

認知症ケア研修

院内研修の様子2021年度

研修名 研修の様子
基礎 倫理研修 この研修は、日々、わたしたちが経験する倫理的課題を解決するための知識、カンファレンスの方法を学ぶことを目的に開催しています。
 講師は当院看護部の老人看護専門看護師 菅原昌子師長です。身近に起こっている事例を題材に、「こんな時どう考える」という投げかけから、受講生同士でディスカッションし、考えを深めていきました。

倫理研修

受講生からは、「倫理と聞くと難しいものと思っていた。以前に買った本をもう一度手にとってみようと思う」「皆で話し合うことが大切だと思った」などの声が聞かれていました。
また、「コロナ禍でなかなか他部署の人と交流することができていなかったので、研修の場で話が出来てよかった」という声もありました。
倫理的な課題は個人で悩むより、誰かと話し、一緒に考えることが大切だということも研修を通して実感出来ていたようです。
新入看護職員技術研修 12誘導心電図
患者さんが『胸が苦しい』と訴えた時に、正しく心電図検査ができるよう、12誘導心電図のとり方について学びました。心電図モニターとは違って電極の数が多く、どの電極をどの位置につけるのか、実際に体験しながら学習していきました。(開催日:2021年10月13日)

KYT
昨年に引き続き研修を開催しました。
4月に入職した新入職員も業務を開始して3ヶ月が過ぎようとしています。業務への参加機会も増えていく中、医療安全に対する意識を高め、患者さんが安心して療養できるケアを提供していくことを学びました。(開催日:2021年7月12日)

新入看護職員技術研修

入職して2カ月が過ぎようとしています。病棟の業務をひとつ、ひとつを覚えていっている時期ですが、次のステップアップに向けた技術研修を行いました。(開催日: 2021年5月28日)

尿道瘤置カテーテル挿入手技
女性患者さんの尿道留置カテーテルの挿入について学習しました。実技はシミュレーターを使用し実際にカテーテル挿入手順を演習しました。

新入看護職員技術研修

輸液ポンプ
輸液ポンプの操作、輸液ポンプ使用患者観察点について学びました。

新入看護職員技術研修

今年度は、新卒者5名と准看護師進学コース修了者1名の計6名の看護師が入職しました。入職1日目と2日目は病院と看護部のオリエンテーションを行い、3日目からは病棟主任の指導のもと技術研修を行いました。(開催日: 2021年4月5日・6日・8日)

移動・移送

新入看護職員技術研修

フィジカルアセスメント

新入看護職員技術研修

気道吸引

新入看護職員技術研修

BLS
BLS研修は、手稲渓仁会病院で行われた研修に参加しました。

新入看護職員技術研修

専門 認知症ケア研修 当院の入院患者の多くは高齢者であり、認知症を抱える患者さんもいることから、認知症ケアについては継続的に学習しています。
今年度は、院内の認知症サポートチーム(DST)で活動する老人看護専門看護師と認知症看護認定看護師が中心となり研修を開催しました。

認知症ケア研修修

5月に『基礎編』、8月に『実践編』、10月に『事例検討編』と3回シリーズで開催しました。
『基礎編』で認知症に関する基礎知識を学習後、『実践編』で認知症者と関わる際の言動をロールプレイで学びました。『事例検討編』では認知症者の様々な問題を捉え、ケアプランを作成するまでをグループで検討しました。

認知症ケア研修修

受講者からは、実践をイメージすることができ、学びを深められたといった意見が多く聞かれていました。
摂食嚥下ケア研修 今年度も、札幌西円山病院 摂食嚥下障害看護認定看護師の田之上恵子副看護部長を講師に迎え、研修を開催しました。

摂食嚥下ケア研修

昼食時のラウンドでは、実際の食事介助場面でアドバイスを頂き、普段の看護を振り返る機会となりました。

摂食嚥下ケア研修

受講生の課題解決のヒントとなる講義を聴講し、グループワークでの事例検討を通して多くの学びを得ることが出来ました。(開催日: 2021年9月15日)

摂食嚥下ケア研修

エンドオブライフケア
研修
昨年度、新型コロナウイルス感染拡大の影響で計画していた研修を行えませんでした。
しかし、看護職、介護職ともに学習ニーズのたかい研修であり、今年度あらためての開催となりました。講師は手稲渓仁会病院 がん看護専門看護師/がん化学療法看護認定看護師の伊藤聖美さんです。研修前半は『エンド・オブ・ライフケアとは』『アドバンスケアプランニング(ACP)の基礎知識』『ACPにおける看護師の役割』『意思決定支援』について講義を受け、研修後半の事例検討では『意思決定支援』のプロセスについてグループ・ディスカッションを行いました。講義での学びを活かしながら、それぞれのグループで課題と支援のポイントについて話し合い患者にとって最善な支援が何かを導き出していました。講師の熱心な指導を受け、受講生も多くの学びを得ることができました。

エンド・オブ・ライフケア研修





新入職員
フォローアップ研修
今年度4月に入職した新入職員を対象に、日頃感じている「悩み」「困りごと」などを、同期入職の仲間と語り合い、共有することで継続的に相談し合える関係性づくりができることを目的に、卒後1年目の看護職、リハビリ職員、社会福祉士が一同に会し研修を開催しました。研修会場は病院の近隣にある研修保養施設をお借りし、日常の環境とは異なる空間で、自由に語れる雰囲気を大切にしました。
午前の部は、不安や辛さの乗り越え方など先輩職員の経験談を聞き、自身の悩みを解決するためのヒントを得ることができました。

新入職員フォローアップ研修

午後の部は、「とまどいやつらさ、困っていることを語ってみよう」「やりがいや楽しさ、乗り越え方を語ってみよう」という2つのテーマで座談会を行いました。何度かグループメンバーを入れ換え、参加者全員と語りの場を共有することで、研修終了時には“同期”としての一体感が生まれていたように思います。(開催日: 2021年8月13日)

新入職員フォローアップ研修

 排尿ケア研修
呼吸ケア研修

今年度は、『呼吸状態のアセスメント能力の向上と患者状況に応じた呼吸ケア方法の理解』を目的とした「基礎編」と『人工呼吸器装着中の患者の観察とアセスメントに必要な知識・技術の習得』を目的とした「実践編」の2部構成で研修を開催しました。
講師は手稲渓仁会病院 クリティカルケア認定看護師 神林知子さんです。

午前に開催した「基礎編」では、講義、演習を通して呼吸状態の観察方法を詳細に解説していただきました。特に、触診、打診、聴診について演習することで、参加した受講生も新たな学びを多く得ていた様子でした。

呼吸ケア研修

午後からの「実践編」では、人工呼吸器装着患者のケアに特化した内容で学習を行いました。最近では、人工呼吸器装着中の入院患者さんが増加してきているため、観察のポイントとケア、アラームへの対応などを中心に学びました。また、当院で人工呼吸器を使用している患者さんの状態アセスメントをグループに分かれて行うなど、実践がイメージできる研修になりました。
(開催日:12月15日)

呼吸ケア研修

院内研修の様子2020年度

研修名 研修の様子
基礎 倫理研修 看護部の目標である『患者を尊重した看護・介護ケアの確立』を目指し、今年度も倫理研修を開催しました。講師は当院の師長であり、老人看護専門看護師の菅原昌子師長です。

倫理研修

日々の看護・介護実践での「あれ?おかしいな」「釈然としないな」「どうするべきなのだろう」という思いを解決するには、どのように考え、行動すると良いのか、倫理的課題解決に必要な知識や手法について学びました。受講生は、『患者の思いを大切にすることが重要』ということを再認識していたようです。

倫理研修

新入看護職員技術研修  BLS(Basic Life Support:一次救命処置)
BLSとは心肺停止または呼吸停止に対する一次救命処置のことです。
シミュレーターを用いて心臓マッサージ、気道確保、アンビューバックによる呼吸補助といった基本的な手技を体験しました。研修参加者の積極的な参加姿勢があり、指導する主任達にも熱が入っている様子が伺えました。

新入看護職員技術研修

新入看護職員技術研修

心電図モニター・十二誘導心電図
心電図モニター、12誘導心電図の正しい取り扱いを学ぶことを目的に研修を開催しました。患者役の主任さんの胸を借りて、12誘導心電図の電極を貼る練習をしたり、心電図モニターの設定について説明を受けました。

今回は新入職員だけでなく、心電図について再学習を希望する看護職も参加し、皆さん熱心に学習していました。

新入看護職員技術研修

KYT(危険予知トレーニング)研修
KYTとは危険(K)予知(Y)トレーニング(T)の頭文字をとった造語で危険に対する感受性を磨く訓練として工業界で作られたものです。医療の現場での危険とは①医療者の不適切行為(ヒューマンエラー)②不安全な環境や設備の状況③患者の不安全な状態や危険行動があげられます。これらに対する危険の感受性を高め、物事への集中力、問題解決能力、実践への技術を高める訓練手法がKYTです。

当院は高齢患者、神経筋疾患患者が多く療養されており、日々の入院生活の中に隠れている危険を予測し関わる必要性があります。そのため、看護者が患者の安全を守ることへの意識を高め、危険を予測し行動する大切さを理解することを目的に研修を開催しました。今回は、4階A病棟の三浦優美主任、6階B病棟の早坂砂江子主任が担当です。

新入看護職員技術研修

トレーニング用のイラストを見ながら、自身が感じた“危険”について意見を出し合い、その危険を回避するための対策まで話し合いました。最後に、各グループで決まった対策を全員で声に出して発表し、意思統一を図って終了しました。
グループでディスカッションしたことで、同じ場面であっても色々な見方ができる事、自分では気づかない“危険”もあるということに気づくことができたのではないかと思います。

新入看護職員技術研修

輸液ポンプ・シリンジポンプ
確実で安全な輸液投与のために、輸液ポンプ・シリンジポンプの知識と技術を習得することを目的に研修を開催しました。今回は、3階B病棟の湯澤寿美代主任と4階B病棟の弓削清美主任が担当しました。

実際に医療機器に触れながら学習することで、受講生の理解を深められた様子がうかがえました。

新入看護職員技術研修

フィジカルアセスメント
この研修は、病棟主任が中心となり企画しました。フィジカルアセスメント研修は、3階A病棟の阿部主任、5階B病棟の川渕主任が担当しました。
フィジカルアセスメントモデル“Physiko”をレンタルし、胸腹部の観察、アセスメントを中心に学習しました。
移動・移送気道吸引膀胱留置カテーテル挿入手技静脈採血・末梢静脈ルート留置
今年度4月に新たに5名の看護職員が私達の仲間になりました。そのうち、卒後3年未満の看護職員を対象とした看護技術研修を4月・5月に開催しました。

この研修は、患者さんへの侵襲が大きい看護技術をシミュレーターを用いて演習し、実際に患者さんへ実施する際のイメージを持つことを目的としました。受講した2名の看護師は、病棟で患者さんに実施する場面を想定しながら演習を行い、上手く行かない手技は何度も繰り返し練習していました。また、指導してくれた主任さんからは"手技のコツ"を聞くこともできてよい時間になっていたようです。

新入看護職員技術研修

新入看護職員技術研修

今後も継続的に研修を行っていく予定です。随時、研修の様子を報告させていただきます。 
専門 認知症ケア研修 今年度の認知症ケア研修は、看護部認知症ケアリンクナース会との共催で実施しました。
認知症ケアリンクナース会では、昨年度から高齢者との対話方法を見直すために、シミュレーション学習を行って来ました。この学習を今年度は看護部全スタッフに実施しています。
自分自身が日頃どのように患者さんと向き合っているのかを振り返り、患者さんとのより良い対話が出来るよう努力していきます。

認知症ケア研修

摂食嚥下ケア研修 今年も札幌西円山病院 摂食・嚥下障害看護認定看護師の田之上恵子副看護部長に講師を依頼し研修を開催しました。
当院には、加齢に伴う嚥下機能の低下に加え、疾患の影響による機能低下が加わり誤嚥のリスクを抱えながら食事を摂取している患者さんがいらっしゃいます。皆さん“命をかけて”食事をしているのです。そのような患者さんが安心して食事を摂取するためにはどのような援助を行ったらよいのか、看護師は日々悩みながら援助をしています。そんな看護師たちの悩みを軽減するためにこの研修を開催しています。

摂食嚥下ケア研修

研修では、神経難病や認知症による嚥下機能障害と援助のポイントについて講義を受け、その後、受講生が関わりに困難を感じている事例についてグループディスカッションを行いました。受講生は、それぞれが学んだこと、感じたことをお互いに意見交換することで、今後の援助のヒントを得ることができたようです。

摂食嚥下ケア研修

エンド・オブ・ライフ
ケア研修
新型コロナ感染拡大のため今年度は開催中止となりました。




排尿ケア研修
呼吸ケア研修 今年度も手稲渓仁会病院のクリティカルケア認定看護師の神林知子さんを講師にお招きし研修会を行いました。今年は、新型コロナ感染拡大の影響を受け、演習内容を一部変更しなければならない状況となってしまいましたが、しっかりと感染対策を行い、可能な範囲での演習を取り入れながら学習しました。

呼吸ケア研修

当院のように高齢者が多く入院している病院では、患者さんの呼吸変化を察知する力は重要です。そのために必要な観察の視点と方法、観察したことをどのようにアセスメントし、ケアに結びつけるかといった内容を3時間の研修のなかで十分に学ぶことができました。

呼吸ケア研修