Home 渓仁会グループについて 品質と環境への取り組み

品質と環境への取り組み

1.第三者評価の積極活用

 渓仁会グループでは、1998年11月に定山渓病院が日本医療機能評価機構の認定審査を受審・認定を受けた(長期療養型の病院では日本初)ことを皮切りに、ISOの登録認証(品質・環境)など、積極的に第三者評価を受ける方針を貫いてきました。質の高いサービスを提供するために職員が一丸となる仕組みづくりとして、また、渓仁会グループが提供するサービスの「質」を皆さまにわかりやすい形で説明するために、これからも第三者評価を積極的に活用していきたいと考えています。

2.ISO9001(JIS Q 9001)

 「品質マネジメントシステムの国際規格」であるISO9001は、2001年より渓仁会グループの各施設で審査登録を始め、2005年にはそれらを統一し、グループ全体で審査登録を行いました。ISO9001では、「品質」を向上させるためのさまざまな仕組みを整備・維持し、かつ継続的に改善していくことが求められます。当グループが提供している医療・保健・福祉サービスのレベルを一定以上に保つために、この規格を登録・維持していくことが重要であると考えています。

190424登録証
ISO9001登録証

3.病院機能評価/人間ドック健診施設機能評価

 病院機能評価とは、公益財団法人日本医療機能評価機構による認定のことであり、人間ドック健診施設機能評価とは、公益財団法人日本人間ドック学会による認定のことを言います。これらの認定は、各機関が「患者及び利用者の方々が、安心して医療や健診を受けられるような施設となっているか」を審査し、一定の基準を満たした施設のみ受けることができます(第三者評価による認定制度)。
 渓仁会グループでは、1998年に定山渓病院が長期療養型の医療施設として日本で初めて病院機能評価の認定を受けました。その後も2005年に手稲渓仁会病院、2007年に札幌西円山病院が同認定を受け、健診施設である渓仁会円山クリニックも2011年に人間ドック健診施設機能評価の認定を受けています。
 私たちは、これらの第三者評価を渓仁会グループが提供する医療、保健、福祉サービスの「質」をチェックする機会として積極的に活用しています。