健康経営への取り組み

渓仁会グループ 健康経営宣言

 私たち渓仁会グループは、“「ずーっと。」人と社会を支える”をスローガンにCSR経営を推進し、高い志と卓越した保健・医療・介護・福祉サービスの提供を行うことを社会的使命として今日に至ります。そして、人と社会を幸せにするためには、「職員自らが長期に渡って活力を持ち働き続けられる組織づくり」が必要です。そこで、渓仁会グループでは「健康経営優良法人」の認定取得を宣言し、職員の健康増進と職場の活力向上を職員・組織一体となって推進いたします。
 さて、WHO(世界保健機構)は“「健康」は単に病気でないことや弱っていないことではなく、肉体的・精神的・社会的に完全に満たされた(ウェルビーイングな)状態”と定義しております。従って、私たちの求める「健康経営」は職員のウェルビーイングを高める取り組みと言えます。つまり、「ウェルビーイング経営」と言い換えることもできます。経営する側と職員が一体となり、健康のポジティブな側面に対する認識と評価を共有してワーク・モチベーション、組織コミットメント、ワーク・エンゲージメントを高めていくことを目的に掲げて「健康経営」を推進していきたいと考えております。
 近年、渓仁会グループでは「働き方改革への取り組み」を一層進めるために、業務改善を推進し、時間外労働も含めた労働環境の改善や渓仁会健康保険組合との連携強化を図り職員の健康増進を図るなどの活動を推進しております。また、今期は健康経営推進体制の強化のため、担当役員を選任し、法人の組織に「健康経営推進委員会」を設置し、推進活動のPDCAを回す態勢を構築いたしました。
 「健康経営」とは、職員の健康と生産性を両立するためのマネジメントと言えます。つまり、職員の健康に対して投資する⇒職員の健康が増進するとともに職場の活力も上がる⇒組織全体の活性化と生産性が向上する⇒組織の業績向上と同時にブランド力の向上などの好循環が期待されます。
 今後も、将来に向けて職員の生産性を高め、組織としての高いパフォーマンスを発揮し続けるため、永続的に「健康経営」に取り組んで参ります。

2020年7月
渓仁会グループ最高責任者
医療法人渓仁会 理事長
田中 繁道

 

健康経営推進体制図

 

 

 

Home 健康経営への取り組み