[H28.11.14~11.18]

 

タイトルを読んだら

 

拍子木の音が聞こえてきそうですね

 

昔懐かし紙芝居をすまいるで行いました。

 SANYO DIGITAL CAMERA 

実は今までもパソコンに取り入れた紙芝居をプロジェクターで投影して

 

読み上げたことはあったのですが、

 

今回はビデオカメラで写したものをプロジェクターで投影しました。

 

「ぇ?何が違うの??」

 

違うんですよ!迫力が!

 

一瞬で切り替わる画面ではなく、

 

人間の手によって演出しながら場面を切り替えると

 

それだけで雰囲気が変わるんです。

 

10作品用意し皆さんにリクエストをお願いしたところ、

 

写真の「愛染かつら」「瞼の母」などの懐かしの名作が人気でした。

 

現在、美唄聖華高校の学生が実習中なので、

 

お願いして作品を読んでもらいましたが、これもまた楽しんでもらえたようです。

 

紙芝居といえば「あめせん」でしょうか?

 

あめせんだと歯にくっ付いてしまうのではないか?と心配しまして、

 

すまいるではクラッカーにジャムをつけて提供しましたよ

 

これもまた好評♪

 

みなさん楽しんでいただけたようです。