皆さんはプリン体というものをご存知でしょうか。痛風になったことがある方はご存知かもしれません。
プリン体はそもそもエネルギーとして私たちの体内で利用されるのですが、最終的に尿酸になって尿から体の外に排泄されます。そのため体内のプリン体が多くなってくると血液中の尿酸の量も増えていき、いわゆる高尿酸血症という状態になってしまいます。尿酸値が高くなると痛風になると言われていますが、必ずなるわけではなく無症状の方もいます。
ただし、放っておくと体に様々な影響を及ぼす可能性があります。
尿酸値を上げないために皆さんが出来ることは何があるのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。

<お酒>
実はお酒そのものに含まれるプリン体は多くはありません。いわゆるプリン体フリーのビールを飲んでいれば尿酸値は上がらないのでしょうか?
アルコールを分解するときにプリン体から尿酸が多くつくられるので、結局お酒を飲むこと自体が尿酸値を上昇させるのです。
1日に飲む量としては350ml缶ビール1本、焼酎や日本酒なら1合程度に抑えましょう。おつまみにも注意してください。

<食事>
肉ではレバー、魚介類ではエビ、カツオ、イワシ、ニボシ、干物などはプリン体を多く含むため、尿酸値を高くします。このような食品を多くとりすぎることは避け、時々食べる程度に控えましょう。

<肥満>
太っている方は尿酸値が高い傾向があり、肥満を解消することで尿酸値は下がっていきます。
1日の摂取カロリーを考えた食事をとりましょう。

<水分摂取>
汗をかいたりして体内の水分量が減ると尿酸値が高くなりやすいです。こまめに水分補給をしましょう。

薬の影響もあります。
例えば慢性心不全が持病にあり、利尿剤を服用している方も尿酸値が上がりやすくなります。

腎臓の機能が悪い場合、尿酸値が高いことが多く治療を行うこともあります。
これは尿酸が腎臓の機能を悪くするとも言われているからなのですが、腎機能が悪いこと自体が尿酸値を高くする原因でもあるので、実際に治療を行うかは明確な答えは出ていません。

いかがでしたか?健診で尿酸値が高いと指摘されている方は是非一度クリニックを受診されてくださいね。