地域のみなさまへ

在宅医療に関する地域住民への普及啓発

在宅医療に関する地域住民への普及啓発

鉄北地区住民への普及啓発(アンケート調査)

日程 名称 場所 アンケート回収
10/23(火) 手稲区介護予防センター
中央・鉄北すこやか倶楽部
曙第7町内会館 6人
10/26(金) 手稲鉄北地区民生児童委員
連絡協議会
山口団地会館 27人
10/27(土) 手稲曙連合町内会役員会 曙第一会館 11人
11/6(火) 福まち事務局会議 鉄北まちづくりセンター 5人
11/10(土) 手稲区連合町内会連絡協議会 鉄北まちづくりセンター 26人
11/13(火) 山口団地連合自治体町内会
役員会議
山口団地会館 19人
2016.07.28第20回手稲ふれあいフェスティバル開催案内

平成28年9月9,10日、今年で第20回を迎える手稲ふれあいフェスティバルが開催されます。
高齢者住宅・グループホーム、デイサービス等の「施設見学会」や健康予防の「ミニ講話」「医療介護福祉相談コーナー」なども設けます。また、講演会では「在宅医療」をテーマに医師、看護師、ケアマネジャーなど各職種へのインタビュー、実際に在宅医療を利用し介護されたご家族のお話もまじえた映像をご紹介する内容となっています。

トップへもどる
2015.07.06手稲区認知症市民フォーラム~さらに安心して暮らせるまちづくりをめざして~
photo

7/4手稲区民センターで「手稲区認知症市民フォーラム~さらに安心して暮らせるまちづくりをめざして~」が開催されました。
定員を超す230人余りの市民の方が参加しました。
手稲区3名の認知症サポーター医(手稲病院菅原先生、新発寒ファミリークリニック加藤先生、当院小嶋先生)が司会・講演・座長を務め、「認知症の合図とその対応」について講演された菅原先生は、「日中に活動し、夜はしっかり寝ることが大事」と認知症予防のポイントについて話されました。会場から「眠剤を飲み続けることで癖にならないか?」「認知症状が原因でうつ症状がみられたら病院ではどのような対応がなされるのか?」など質疑が活発に交わされました。
手稲区第一・二地域包括支援センターからは、「昨年度、地域包括支援センターへ寄せられた相談の約20%が認知症に関する相談」であった報告があり、介護予防センターと共に介護・福祉に関する地域の相談窓口であることが紹介されました。
手稲区役所保健福祉部からは、認知症が疑われる人に医師、保健師、社会福祉士などが早期に関わり医療、介護サービスへ繋げる支援を行う「認知症初期集中支援チーム」が、今年10月からモデル地区として手稲区を含む3区で
稼働する説明がありました。

トップへもどる
2015.07.03第19回手稲ふれあいフェスティバル開催案内

平成27年9月11・12日に第19回手稲ふれあいフェスティバルが開催されます。今年もグループホームや高齢者住宅など各ルート別の施設見学会や手稲駅多目的空間「あいくる」での医療・介護の無料相談、そしてクイズ番組形式の内容で講演会「認知症・ふしぎ発見!」が手稲区民センターで行われます。

トップへもどる
2014.11.17『在宅看取りを伴う在宅医療推進のための研修会』(1)
photo

かりんぱ通信NO.10に内容を掲載しています。

トップへもどる
2014.11.17『在宅看取りを伴う在宅医療推進のための研修会』(2)
photo

かりんぱ通信NO.10に内容を掲載しています。

トップへもどる
2013.10.11高齢者のための健康講話
photo

10月10日、稲山連合町内会・老人クラブ稲山峰和会からのご要望で小嶋先生が「高齢者のための健康講話」を行いました。

トップへもどる
2013.09.17第17回手稲ふれあいフェスティバル
photo

9/13、14の両日、第17回手稲ふれあいフェスティバルが開催されました。1日目はデイサービスやグループホームなどの介護施設を巡る施設見学会を実施。2日目は、JR手稲駅構内の多目的空間「あいくる」で医療・介護・福祉相談や骨密度測定など様々なイベントを実施し、手稲区民センターでは、手稲家庭医療クリニック小嶋一先生による講演「認知症サポート医に聞く~知って得する認知症の知識~」が行われ多数の市民の方々が参加されました。

トップへもどる
2013.02.27シニア教室
トップへもどる

HOMEかりんぱ通信事業内容地域のみなさまへ各種研修会相談窓口お問い合わせ会員ページログインサイトマップ