渓仁会グループ 保健・医療・介護・福祉の複合事業体

メニュー

言語聴覚療法について

言語聴覚療法について

言語聴覚士とは

言語聴覚士(ST)は、主に言語障害(コミュニケーション障害)と嚥下障害の専門職です。
言語・嚥下障害は、脳血管障害が原因となる症状が多いのですが、最近では認知機能低下も関係して、様々な症状がみられることも多くなっています。
コミュニティホーム白石では、一人一人に適した検査・評価を通して、言語聴覚士が専門的なリハビリを行っています。

職員構成

言語聴覚士:4名

 

コミ白の言語聴覚療法

○言語障害(コミュニケーション障害)
失語症と構音障害、認知機能低下では意思伝達が上手くできなくなることがあります。解決すべき課題を抽出し、現在の機能維持・向上を目指していきます。
以下、当施設で実施可能な評価(検査)・訓練を紹介します。

評価:標準失語症検査(SLTA)、発声発語および構音の検査、長谷川式簡易認知機能検査(HDS‐R)、ミニメンタルステート検査(MMSE)、前頭葉機能検査(FAB)など

訓練:発話訓練、聴理解訓練、音読訓練、読解訓練、書字訓練、計算練習、発語器官体操、構音訓練、呼吸訓練、発話に関与する器官のストレッチ、学習療法、認知機能訓練 など

○嚥下障害
食べたり飲み込むために関わる部位の筋力の問題(舌、咀嚼(そしゃく)能力、唾液の分泌量、味覚機能、口の中の感覚低下など)が生じることがあります。これらの原因を明らかにし、症状の維持・改善を目指していきます。
以下、当施設で実施可能な評価(検査)・訓練を紹介します。

評価:嚥下障害アセスメント(MASA)、摂食嚥下機能評価法(ASAP)、反復唾液のみテスト(RSST)、改訂水飲みテスト(MWST)、水飲みテスト、食物テスト、頚部聴診法、摂食状況の観察 など

訓練:発声持続訓練、発声訓練、口腔嚥下体操、咳嗽訓練、嚥下訓練 など

 

 

「食事を楽しんでいただきたい」
「安楽に過ごしていただきたい」
「ご本人・ご家族に安心を提供していきたい」
コミ白の言語聴覚士は、少しでもご利用者様のお役に立てるようにリハビリしていきます!

 

≫入所相談はこちら

≫通所リハビリ相談はこちら

≫訪問リハビリ相談はこちら

リクルート

コミュニティホーム白石では、介護職員(新卒・既卒)を募集しています。

アクセス

〒003-0024
札幌市白石区本郷通3丁目南1番35号

■地下鉄 東西線白石駅下車 7番出口より徒歩7分
■中央バス 本郷通3丁目下車 徒歩2分
■JR 白石駅下車 徒歩10分

お問い合わせ

介護老人保健施設 コミュニティホーム白石へのお問い合わせ・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:011-864-5321
FAX:011-864-9590

介護職リクルート動画

リハ職リクルート動画

YouTube

社会福祉法人渓仁会

渓仁会グループ広報誌

Copyright © Keijinkai Group. All Rights Reserved.