渓仁会グループ 医療・保健・福祉の複合事業体

訪問看護ステーション

  • HOME
  • > 訪問看護ステーション

訪問看護ステーションあおば

訪問看護とは?

病気や障害があっても、住み慣れたご家庭や地域で安心して療養生活がおくれますよう、看護師がお宅にうかがい、日常生活の看護や機能回復のお手伝いをさせていただきます。

当ステーションの方針と特徴

 
  1. 地域の方々に質の高いサービスを提供し安心して在宅生活が継続できるように支援する
  2. 地域の保健・医療・福祉サービスとの連携はかる

赤ちゃんから高齢者まで、あらゆる病気や障害があっても、在宅で生活したい人すべてに対応します。
医療依存度の高い方や終末期の方、精神疾患の方、小児慢性疾患の方など、幅広い対応が行えます。

対象となる方は?

  • 要介護認定を受け、要支援・介護1~5と判定された方イメージ画像
  • 赤ちゃんからお年寄りまで、病気やけがなどにより、ご家庭で継続して療養を受けている状態の方

※上記に該当し、医師が訪問看護を必要と認めた方なら、どなたでもご利用になれます。

受け入れ可能な特定処置

  • 人工呼吸療法(レスピレーター、ベンチレーター)
  • 人工肛門(ストマ)
  • 人工膀胱
  • 吸引
  • 在宅中心静脈栄養法(IVH)
  • 在宅自己腹膜潅流(CAPD)
  • 在宅酸素療法(HOT)
 

  • 気管カニューレ
  • 点滴・静脈注射
  • 経管栄養法(胃ろうを含む)
  • 腎ろう・膀胱ろう
  • 膀胱留置カテーテル
  • 麻薬を用いた疼痛管理

訪問看護の内容は?

医師の診断を受けて、ご本人・ご家族と相談のうえ、次のことを行います。

  1. 症状の観察や症状を和らげるためのアドバイス
  2. カテーテルの管理
  3. 床ずれや傷の処置
  4. 日常の身の回りの援助
    清潔(入浴・清拭・洗髪など)、食事、排泄、移動(体位交換・車椅子の移動など)
  5. リハビリテーション
    リハビリ専門職員が 在籍しています。
  6. 療養・介護の相談
  7. 医師の指示による医療処置
  8. ターミナルケア

お申し込み方法

介護認定を受け、担当の介護支援専門員がお決まりの方は居宅介護支援事業所の 担当の介護支援専門員が主治医から指示をいただき、訪問が開始となります。
介護認定を受けていない方や介護保険の対象でない方は、直接ステーションにご連絡下さい。

主治医か、ステーションにご相談の上、申し込みをしていただきます。
ご不明な点がございましたら、直接ステーションにお問い合わせ下さい。

サービス対応地域・提供可能時間

札幌市厚別区全域、清田区、白石区、豊平区、北広島市(虹ヶ丘、西の里、大曲、北進1~3丁目)、江別市(文京台まで)

月~金曜日  9時00分~17時30分
休日     毎週土・日曜日・国民の休日・12月30日~1月3日

緊急時の対応
休日、あるいは夜間などに容態の変化があった時や、何かお困りの時は訪問看護ステーションにご連絡下さい。(事前に、申し込みが必要となります。)要請に応じて臨時訪問を行っています。

訪問看護ステーションあおば

〒004-0021 札幌市厚別区青葉町4丁目10-27
TEL:893-5500 FAX:893-5303

【体制】
24時間対応体制加算
緊急時訪問看護加算
緊急時介護予防訪問看護加算
重症者管理加算
特別管理加算(Ⅰ・Ⅱ)
サービス提供体制強化加算
【指定】
指定居宅サービス事業者
指定介護予防サービス事業者
指定自立支援医療
難病指定医療機関
生活保護法
中国在留邦人等支援法
労災保険
小児慢性特定疾患

訪問看護・リハビリの様子

「又、歩けるようになって夢のようだわ」と笑顔でリハビリ中。

自宅で安心して過ごせるように看護師は、すぐかけつけます。

何気ない会話でも、かかせない時間です。

かかりつけ医との連携に迅速に対応中。

職員状況

職員数48人
生活相談員、看護職員、介護職員、ケアマネジャー、作業療法士ほか

アクセス

〒004-0021
札幌市厚別区青葉町4丁目10番27号

地下鉄東西線「新さっぽろ」駅
JR「新札幌」駅 徒歩10分

お問い合わせ

青葉ハーティケアセンター へのお問い合わせ・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:011-893-5000
FAX:011-893-5303

社会福祉法人渓仁会

渓仁会グループ広報誌

Copyright © Keijinkai Group. All Rights Reserved.