渓仁会グループ 医療・保健・福祉の複合事業体

デイサービス

  • HOME
  • > デイサービス

あおばデイサービスセンター

地域の皆さまと共に20年

当デイサービスは、ご利用者さまの人数が比較的多めのデイサービスです。多彩な年間行事や毎月の取り組みを通し、様々な方と顔馴染みになれることから交流がひろがり、ご利用者さまに「あおばに来るのが楽しみ」と言っていただいています。
私たちスタッフは、ご利用者の皆さまが札幌の四季を体で感じ、日常生活を元気に過ごすことができるように支援したいと願っています。

☆利用できる方

要支援1、2・要介護1~5の介護認定を受けている方や障害認定をお持ちの方で、ご自宅で生活され
ている方を対象にした「通い」のサービスです。
デイサービスをご利用されることで、住み慣れたご自宅で少しでも長く生活をしていただくことを目的にしています。

☆介護予防サービスについて

あおばデイサービスセンターでは、札幌市の委託を受けて介護予防サービスを実施しています。
要支援認定を受けている方、要支援に相当する状態の方が利用できます。運動・機能訓練だけでなく、
入浴、食事、趣味活動もセットに出来ます。

☆あおばデイサービスが大事にしていること

あおばデイサービスではご利用者の皆さまの身体機能の維持、向上のために機能訓練を実施していますが、より日常生活に着目した「生活リハビリ」の考え方に基づいたサービスを徹底したいと考えています。

☆「生活リハビリ」の考え方について
住み慣れたご自宅で少しでも長く楽しく過ごしていただくために

着替えやトイレ、入浴など日常生活で行う動作をリハビリと捉え、日常生活の動作を自分の力で継続できるように支援していくのが生活リハビリです。
そのために、私たちスタッフ全員がリハビリ実施者となって支援していきます。

☆ご利用者の皆さまにお願いしたいこと
過介護は身体機能の低下を招くことから、自分でできることは自分で行っていただきます。

本人が日常生活で「できそうなこと」「していること」を大事にし「どこに介助が必要なのか」を考えなら介
助します。
ご自宅の生活で「していること」は同様に行っていただき、その中で困難な点や工夫できる点を考えながら、生活動作能力の維持・向上を目指します。
テーブルの位置、機能訓練の場所、カウンターの使用方法などを工夫し、生活リハビリを重視したレイアウトにしていますので、多少の不便さはリハビリと考えてください。

 

サービス内容のご紹介

スタッフや他のご利用者の皆さまとの交流、活動、レクリエーションを通し、有意義に1日を過ごしていただけるように支援しています。
ご自宅でしていることは居室、浴室、トイレでも同様に行なっていただきます。自立支援のために過剰な介護は行いません。

【送迎】

専用送迎車で自宅まで送迎します。乗り降りが困難な方は職員がお手伝いします。車椅子の方は車椅子のまま乗り降りできます。

【健康管理】

居室に到着後、血圧、体温、脈拍を測定します。看護師が利用者さま一人ひとりの体調確認を行います。

 

【入浴】

広々とした浴室を用意しています。浴場、浴槽には手すりや補助具を完備し、車椅子のままで浴槽に浸かることができる機械浴も装備しています。体調に応じてミスト浴の対応もします(浴槽に入らなくても体が温まります)。入浴時はご利用者さまの体調に合わせてスタッフが入浴のお手伝いをします。

  
一般浴            ミスト浴           機械浴

【機能訓練】

スタッフがリハビリ専門職(作業療法士)の指導に基づいた機能訓練を実施します。集団で実施する機能訓練としては「転倒予防体操」、「筋力ストレッチ体操」、「リズム」、「口腔体操」を実施しています。個別に実施する機能訓練は、その方の症状に合わせて実施しています。また必要な方には言語聴覚士による「言語訓練」も実施しています。
本デイサービスではこれらの機能訓練と同時に、着替えやトイレ、入浴など日常生活で行う動作をリハビリと捉え、日常生活の動作を自分の力で継続できるように支援しています。

 

【食事】

管理栄養士が栄養バランスの整った献立を組み立てています。一人ひとりの症状にあわせて、お粥、糖尿病食、減塩食、キザミ食等の食事形態の対応をします。年間行事では四季を感じていただけるように「あおばデイサービス自慢の美味しい食事」をご用意しています。

 

【レクリエーション】

午後の時間帯はスタッフと一緒に簡単なゲームを行なっています。ご利用者さまの笑顔と歓声が響き渡る時間帯です。

【趣味活動】

ご自身のペースで「やりたいこと」に取り組んでいただいています。計算や漢字、ことわざなどの「能力トレーニングプリント」、「パズル」、「塗り絵」、「麻雀」、「囲碁」、「将棋」、「オセロ」、「習字」、「編み物」、「縫物」など、午後には専用ルームで「カラオケ」を楽しめる時間もあります。

 

 

施設外活動では桜や紅葉見学、食事会、買い物など、年間行事では「敬老会」、「クリスマス会」、新年会」などを盛大に行なっています。またボランティアによる「お抹茶会」、「リボンフラワー」なども開催しています。

 

【喫茶コーナー】

専用カウンターでスタッフと会話をしながらコーヒーを楽しむことができます。コーヒーが苦手な方にはお茶をご用意しています。

日々の活動内容、年間行事などをブログで紹介していますのでぜひご覧ください。

 

 

職員状況

職員数48人
生活相談員、看護職員、介護職員、ケアマネジャー、作業療法士ほか

アクセス

〒004-0021
札幌市厚別区青葉町4丁目10番27号

地下鉄東西線「新さっぽろ」駅
JR「新札幌」駅 徒歩10分

お問い合わせ

青葉ハーティケアセンター へのお問い合わせ・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:011-893-5000
FAX:011-893-5303

社会福祉法人渓仁会

渓仁会グループ広報誌

Copyright © Keijinkai Group. All Rights Reserved.