一般の皆様へ
手稲渓仁会病院 循環器内科

Home一般の皆様へ病気の説明>弁膜症

弁膜症 手稲渓仁会病院 循環器内科

心臓は4つの部屋から構成されており、それぞれがドアによって仕切られています。
そのドアのことを弁といいます。

長年使ったドアはしまりが悪くなったり(逆流症)、逆に開きづらくなったりする(狭窄症)のは容易に想像できると思いますが、心臓の弁も長年使用していると同様の現象が起こります。それを弁膜症と呼びます。

弁膜症の原因には、先天性と後天性(リウマチ熱、動脈硬化、心筋梗塞、変性など)があり、原因を特定できないものも多くあります。
以前はリウマチ熱の後遺症として弁膜症になることが多かったのですが、現在は抗生物質の普及によりリウマチ熱自体が減り、リウマチ熱を原因とする弁膜症は減少しました。

一方、高齢化に伴い、大動脈弁に動脈硬化と同じような変化が起きて硬くなり、うまく開かなくなる「大動脈弁狭窄症」や、弁の組織が弱くなって起きる「僧帽弁閉鎖不全症」が増加しています。

症状としては労作時の息切れ、体重の増加、下腿浮腫などの症状から始まり、進行するにつれて安静時の呼吸苦、喘鳴、呼吸困難などを呈するようになります。病状は一般的に徐々に進行するため、症状が出始めたときにはかなり進行している可能性があります。

弁膜症は基本的に軽度のものであれば治療の必要はないため、経過をみるだけでよいことが多いのですが、症状を伴うものや急速に進行するものに対しては治療が必要となります。軽症〜中等症のものでは内服治療(利尿剤など)で経過をみることが多いですが、重症になると根本的治療は手術で弁を治すことしかありません。


ページの上へ