一般の皆様へ
手稲渓仁会病院 循環器内科

Home一般の皆様へ病気の説明>心不全

心不全 手稲渓仁会病院 循環器内科

心臓は全身の臓器に血液を送るポンプの働きをしていますが、その心臓が何らかの原因によって弱ってしまい、全身に有効な血液を送り届けることができなくなった状態を心不全といいます。つまり、心不全とはもともと発生した心臓の機能異常により全身への循環が保てなくなった病態のことをいいます。

症状としては、体重増加、むくみ、尿量低下、呼吸苦、全身倦怠感、起座呼吸などがあります。心不全には急性心不全と慢性心不全があります。急性心不全とは急性に心筋梗塞などの心機能低下を発症し、極めて短期間で循環不全を起こしてしまう状態です。慢性心不全とはなんらかの心機能低下を有していますが、急激に呼吸苦等は出現せず、徐々に増悪していく傾向を示す循環不全状態を指します。

また、慢性心不全の状態に、風邪などの感染症やストレス、塩分過多、水分過多、過労作などがくわわることで、心不全が増悪することも多く、我々は慢性心不全の急性増悪と呼んでいます。また、心不全には左心室と右心室のどちらの機能が低下するかによって左心不全と右心不全にわかれます。左心不全では、左心室からの血液の拍出が低下するので、その手前にある左心房、肺静脈に血液がうっ滞し、肺が水浸しになります。そうすると、吸い込んだ酸素が上手に血中に入り込んでいかなくなり、酸素濃度の低下、呼吸困難がおきます。右心不全では、その手前にある右心房や全身の静脈に血液がうっ滞するため、下肢のむくみや体重増加が起こります。

心不全の状態となるにはなんらかの心機能低下がかならず存在します。主なものには、心筋梗塞や心筋症、心筋炎、弁膜症、不整脈による心筋障害などがあげられます。治療としては、体内に貯留した水を取り除く利尿剤、血管拡張薬や強心薬、β(ベータ)遮断薬などを適宜使用します。重症な場合には大動脈バルーンパンピングなどのカテーテル等補助装置により治療をすることもあります。最も重症な心機能低下を有し、心不全コントロールも難しい場合は心臓移植も選択肢に入ります。大切なことは、心不全を発症するためには必ず心臓の機能に異常があるということですので、先述した症状を認める場合は、一度循環器専門医へ受診されることをおすすめします。


ページの上へ