一般の皆様へ
手稲渓仁会病院 循環器内科

Home一般の皆様へ病気の説明>心筋炎

心筋炎 手稲渓仁会病院 循環器内科

心筋炎とは心臓の筋肉に炎症が起こる病気の総称です。心臓の筋肉に炎症が起こることで、心不全・不整脈などを来します。

原因としてはウイルスによる感染で発症する場合が多く、感冒後や消化器症状を初発症状として、息切れが出現したり、胸痛が持続するような場合には心筋炎も考えなくてはなりません。その他の原因としては薬剤、膠原病(自己免疫性疾患)、寄生虫感染、細菌感染などがあります。

診断は心筋生検を行い、直接顕微鏡で心臓の筋肉を見ることしか確定診断は行えません。決して頻度の多い病気ではないため疑うことがまずは必要な疾患です。

治療としては入院の上で安静を保ち、酸素投与や栄養補給を行うことが基本となります。症状が重篤な場合(心不全症状や血圧低下や高度の不整脈を呈するような場合)には機械的サポートを行い、免疫抑制剤の投与が必要となる場合もあります。

長年にわたりじわじわ炎症が進行する慢性心筋炎という疾患群もあり、その場合には心不全症状を呈するまで見つからず、偶然検診で心機能低下を指摘されるなどして見つかるケースもあります。


ページの上へ