一般の皆様へ
手稲渓仁会病院 循環器内科

Home一般の皆様へ病気の説明>心房細動

心房細動 手稲渓仁会病院 循環器内科

心房細動とは?

心房細動は臨床で最も多く出会う不整脈の一つで、治療方法も特有のものがあるので他の不整脈とは区別して取り上げます。心臓は心房、心室に別れますが、この心房から発生し、心房が不規則に高頻度に収縮する不整脈です。症状は不規則な動悸を自覚しますが、最も問題になるのが、心房の不規則な運動によって心臓の中にできた血栓が飛んでしまうと、全身どこでも塞栓症を来たすことです。最も多いのが脳梗塞であり、これは時に致命的になります。次に原因、症状、検査、治療など具体的に見ていきます。

原因

基礎疾患がなく、年齢と共に生じる心房の電気的・形態的変化により心房細動を来たす場合は90%以上が左房に流入する肺静脈より生じると言われます。また、基礎疾患として心房細動の原因になる疾患は、心房に負荷がかかる疾患であれば何でもリスクを増加させます。高血圧症、僧帽弁などの弁膜症、心筋症、心筋梗塞、甲状腺機能亢進症など原因疾患は非常に多く、心房細動が多い病気であることがよくわかります。

症状

動悸が最も多い症状です。その他に、心臓自体のポンプとしての能力が下がる場合には時にめまい、失神の原因にもなり、低心機能に伴い心不全を合併した場合には息切れ、体重増加、咳なども認めます。最も恐れられる脳梗塞を来たす場合には麻痺、失語、意識障害など様々な神経症状を来たします。

検査

心電図
発作中に施行した場合にはすぐに診断がつきます。
レントゲン
心不全などの合併の有無をみます。心房細動自体の診断はできません。
ホルター(24時間)心電図
発作が一過性の人も少なくなく、病院を受診した時には症状がなく、何も治療されなかったという患者さんもたくさんいます。このような方に対しては外来で行えるホルター心電図で24時間心電図を観察します。弁当箱大の機械を取り付けて、普通に自宅で生活して頂きます。検査後1週間以内に解析結果がでます。
心エコー検査
心房細動の診断もできますが、心房細動の原因として基礎疾患がないかを確認します。基礎疾患の有無によっても治療方法や成績が変わります。
血液検査
血液検査では心房細動の診断はできません。しかし、その原因として甲状腺機能異常がないか、心房細動を持っている人が脳梗塞のリスクが高いかどうか、などが評価できます。また、脳梗塞予防目的に使用される抗凝固薬ワーファリンをコントロールする上でも採血が必要です。
経食道エコー
心房細動により心臓の中に血栓ができる場合にはほとんどが左心耳といわれる左房にある盲端にできます。ここに血栓があるかどうかを検査する時に、普通の経胸壁心エコーでは観察が困難であるため、胃カメラと同様の経食道エコーを口から食道に通し、心臓を裏側から観察します。
造影CT
心房細動の根治的治療方法であるカテーテルアブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)を行う場合には、心臓の立体像を把握することが重要であるため、造影CTで心臓の3次元写真を作成して治療にいかします。

治療方法

心房細動の治療は主に4種類に別れます。1.レートコントロール 2.リズムコントロール 3.抗凝固療法 4.手術(アブレーションなど)です。

  1. レートコントロール: 心房細動により脈が速くなると、動悸を来たします。この動悸に対し、脈をゆっくりすることで症状を緩和します。しかし、基本的にこの治療により症状はなくなっても不整脈自体を治すものではありません。
  2. リズムコントロール: 抗不整脈薬によって不整脈自体を治します。レートコントロールと比較して一般的に生活の質が改善することが知られますが、副作用がやや多いのが欠点です。薬剤の種類はたくさんあるので、その患者さんにあった副作用の少ない薬剤を見つけることで、副作用が問題になることはほとんどありません。しかし、薬剤の効果は不整脈自体が抵抗性になり、年単位では再発することがあります。
  3. 抗凝固療法:心臓の中にできた血栓を溶かすのに必要です。脳梗塞のリスクが高いと一般的に判断された方はワーファリンの内服が勧められます。レートコントロール、リズムコントロールのいずれでも飲みます。
  4. 手術: 当科で行う手術はカテーテル手術です。心房細動は90%が肺静脈起源と言われているので、両側肺静脈隔離術を行うことで90%の治療成績が見込まれます。1週間以内の入院で検査、治療と行っており、毎年症例は増加傾向で、年間100例に迫っています。手術時間は3時間程度で、静脈麻酔で苦痛がないように軽く鎮静します。全身麻酔は行いません。

    その他の手術方法としては開心手術としてMaze(メイズ)手術、開胸肺静脈隔離術などがあります。これらは侵襲が高いので、バイパス手術や弁置換術の予定手術患者が心房細動を持っている場合に、ついでに行う手術で、単独で行うことはありません。

ページの上へ