施設ピックアップ 西円山敬樹園

シリーズ第1弾!

社会福祉法人渓仁会の最初の施設として1982年に開設された西円山敬樹園の特徴をご紹介いたします。

医療・福祉の充実

医療法人渓仁会 札幌西円山病院に隣接し、スムーズに医療サポートを受けられる環境が支持されています。また、西円山敬樹園内にはデイサービス・ホームヘルパーステーション・居宅介護支援事業所・介護予防センターが併設されており、介護サービスを総合的に受けられる体制が整っております。

多床室ならではのコミュニケーション

当園は2~4名の多床室で入所123名・ショートステイ14名の合計137名定員となっております。春には桜・秋には紅葉と、円山の高台にある立地ならではの四季折々の景色を窓から眺めることができ、同室の方とのコミュニケーションもはずみます。また、2人部屋には夫婦水いらずで入所されている方もいらっしゃいます。
築30数年と老朽化も目立ちはじめましたが、今年入れ替えた床頭台は使いやすいと好評で、特殊浴槽、ベッド等設備の更新も順にすすめ、住環境の改善に取組んでおります。また、ユニット型個室タイプよりもかなり費用負担が低いのも特徴です。

リハビリスタッフ3名常駐

少しでもお元気に毎日を過ごしていただきたいという思いから、言語聴覚士1名と作業療法士2名が常駐しています。特別養護老人ホームにリハビリのスタッフが3名も常駐しているところは市内でも稀です。毎日目的別に集団体操や身体機能の評価による環境整備を行い、利用者様の健康維持に取組んでいます

行事の充実

行事は、利用者様の日常に変化をつけるもの。開設以来、訪問ボランティア活動も盛んで、フラワーアレンジメント等5つのクラブ活動のほか、毎週金曜日には喫茶店・月に一度のアニマルセラピーも大好評で、皆さん楽しみにされています。
そのほか、出店や余興などで大変賑わう夏祭り、大通公園の散策や回転寿司を楽しむ外出行事、本物の竹を使った流しソーメンや園庭での花火大会、園児さんとの大運動会や、餅つき大会など、季節ごと趣向をこらして行事を多く実施しています。個別性を重視して少人数単位で、利用者様に生き行きと暮らしていただけるよう取り組んでおります。
また、園内には床屋さんやセイコーマートもあります。月に一度のイトーヨーカ堂の出張販売では衣類等も購入でき、日常的にお買い物等を楽しんでいただけるようになっております。

質の高い介護サービス

行事のみならず、スタッフとの日々の会話も入所者様の楽しみのひとつ。利用者様一人ひとりに個別の担当職員を決め、コミュニケーションを図りながら利用者様の体調の変化や悩み事などを細やかに察知しケアに繋げています。また、平成24年からはケアマネージャーを専任で1名配置しています。西円山敬樹園独自のアセスメントシートを使用することにより、利用者様の現在のケア、必要なケア等がさらに理解しやすく、各専門職種が同じ目標に向かってケアをすることが強化されました。それによって、利用者様・ご家族の意向・望まれる生活により近づけることができるようになりました。
平成27年1月1日から施設理念を「あなたの心の人生(たび)によりそい、日々生きるよろこびを感じ、心のよろこびをわかち合える場所でありたいと願っています」に改定しました。様々な人生を歩んで来られた入所者様に寄り添って真摯に向き合い、毎日何かしら喜びを感じていただけるサービス提供を行い、入所者様が喜ばれている姿を見て職員も自分の技術に自信を持ったり、もっと喜んでいただくためにさらに研鑚していける施設であるよう職員一同取り組んでおります。

地域との繋がり

これからの課題は福祉の拠点として地域との繋がりをさらに深めていくこと。平成26年秋には地域の町内会の皆様を対象に「なるほど身になる福祉講座」を開催し、好評いただきました。今後もより一層利用者様・ご家族・地域の皆様に喜んでいただけるサービス提供をめざしてまいります。