当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

TAVI(経カテーテル的大動脈弁留置術)

TAVI(経カテーテル的大動脈弁留置術)

TAVIとは

開胸手術がハイリスクである患者さんも人工弁へ置き換えが可能に

心臓の左心室と大動脈の間にある弁の動きが悪くなり、血液が循環しにくくなる大動脈弁狭窄症。胸痛や失神、息切れといった症状を伴うため、日常生活の質が下がり、進行すれば心不全を繰り返す危険な状態となります。
重症の場合、開胸手術で人工弁に置き換える治療(大動脈弁留置術)を行わなければ、生命にかかわる状態になっていきます。しかし開胸手術は、高齢の方、合併症などでリスクが高い方など、少なくとも3割以上の方は受けることができません。

外科的治療ができない、またはハイリスクの患者さんに有効な治療法がTAVI(Transcatheter Aortic Valve Implantation、経カテーテル的大動脈弁留置術)です。開胸せずに大動脈弁を生体弁へ置き換えができるため、体への負担が少なく、今まで治療できなかった方を救える可能性を持っています。

TAVIは、欧米ではすでに数多くの症例を重ね、外科的開胸手術と同等の成績が報告されています。
日本では2013年10月に保険適用となり、手稲渓仁会病院は道内初のTAVI実施施設の認可を受け、これまで58例(2016年9月時点)を施行しています。

重症大動脈弁狭窄症に悩む方を
より多く救える治療法です

循環器内科部長
廣上 貢

重症の大動脈弁狭窄症は非常に予後が悪く、外科的な大動脈弁留置術ができない場合は薬物治療でも効果がなく、なすすべがない状況がありました。そこで海外で行われていたTAVIにいち早く注目していました。

TAVIは従来のように胸を大きく切開する必要がなく、心臓を停止させ人工心肺を使用しなくて済むことから、患者さんの体への負担が少ないことが特徴です。

当院では2013年8月から高い医療水準をめざした総合力のあるハートチームを結成し、各専門のスタッフが症例を十分検討した上で適応と治療戦略を決めて行っています。
2014年5月13日に道内第一号のTAVI実施施設の認可を受け、これまで実施した患者さんからは『体の調子が元に戻り、寝る時にもつらい苦しさがなくなった』と喜ばれています。
外科手術ができないと言われ落ちこんで来院される方、重症大動脈弁狭窄症のために日常生活が制限される高齢の方を1人でも多く救うため、慎重な適応判断のもと精度の高い手術を提供していきたいと思います。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU