ごあいさつ・理念
医療法人 渓仁会 手稲渓仁会病院 看護部

看護部TOP>ごあいさつ・理念

〜“生命”にひたむきな看護があります〜

 生命にひたむきな看護、それは患者さんのこれまで歩みを通して繋がれた命、その命に、真摯に向き合い看護を通して関わらせていただくことです。お一人おひとりの命、それは単に生物学的な命を指すのではなく、その人の生活、大切にしていること、その人らしさも含みます。患者さんの傍にいることを許され、命に関わる私達看護師。患者さん、ご家族の傍で私達は何をすべきか常に考えなければなりません。

手稲渓仁会病院 看護部長
認定看護管理者 田中いずみ

手稲渓仁会病院 看護部長
認定看護管理者 田中いずみ

 当院はドクターヘリを含む救急医療、地域災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院など公的な役割を担いつつ、急性期の総合病院専門病院として医療の貢献に努めております。医療技術は確実に日々進歩しています。また少子高齢社会、社会保障制度の改正などにより医療を取り巻く情勢は刻々と変化しています。

 その中で私達は、高度医療を担える確かな技術の獲得を目指します。ただ、どんなに医療が発展しても病に伴う患者さんご家族の苦しみ、悲しみは変わりません。私たちはその苦しみ悲しみに寄り添い、患者さんそしてご家族の持てる力が発揮できるように支えることを目指します。

 それには、主体性と責任をもって看護を提供し、ひたむきに患者さんとご家族のために、何をすべきかを考え変化し続ける看護師でありたいと考えています。

看護部のミッション

看護部の理念

看護部は手稲渓仁会病院の理念に基づき、時代に即応した質の高い看護サービスを提供するために、次のような理念をかかげて、その達成に努めています。

  • 患者の権利を守り、確かな技術で患者中心の看護を実践する。
  • 社会の変動に目を向け、時代の要請にこたえた看護を実践する。
  • 自己の能力の開発に努め、よりよい看護を追究し主体性と責任をもった看護を実践する。