医療関係者の皆様へ
手稲渓仁会病院 循環器内科

Home医療関係者の皆様へ>病棟チーム

病棟チーム 手稲渓仁会病院 循環器内科

手稲渓仁会病院 循環器科には病棟チームが存在します。

病棟チームは基本的に入院患者様の対応を専門に行い、その間患者様や御家族とのコミュニケーションをはかり、病態説明を行い、安心して医療を受け入れられるように日々努力しています。循環器専門医をもった熟練した病棟専属の指導医が後期研修医及び初期研修医と毎日綿密なカンファレンスを行い、重症心不全などの循環器疾患の診療にあたっています。

手稲渓仁会病院にはカテチーム、不整脈チーム、エコーチームなど各部門にわかれていますが、それぞれの検査を終えた患者様のその後の管理を一気に引き受け、必要であれば再度カテーテルなどをお願いするなど他チームとも連携して、診療に当たっています。よって、カテーテル検査・治療後の不安定な状態の患者様も病棟チームが引き受けるので、カテーテルの術者はその後も安心して検査に打ち込むことができます。

また、われわれの病棟は心臓血管外科と同じ病棟であり、常にコミュニケーションを交わし、心臓血管外科の内科的管理にも相談に乗っています。逆に外科的対応が必要な場合には外科的処置をスムーズにお願いできるような体制がとられています。病棟チームは研修医たちの鍛錬の場でもあります。研修医たちには日々患者様と接することにより、実臨床に接してもらい、疑問点などは積極的に勉強し、ディスカッションする場を毎日もうけています。

特に後期研修医には患者様との接し方、手技、病態説明も含めてしてもらい、患者様を入院から退院までを総括的に管理できるように指導し、より一歩進んだ研修体制をとっています。また、定期的に看護師やリハビリ担当部門、メディカルソーシャルワーカーなど他業種の方々ともカンファレンスを行い、患者様をトータルでご満足いただけるように努力しています。


ページの上へ