医療関係者の皆様へ
手稲渓仁会病院 循環器内科

Home医療関係者の皆様へ>当科の特徴

当科の特徴 手稲渓仁会病院 循環器内科

医療関係者の皆様へ

私達、手稲渓仁会病院心臓血管センター循環器内科は急性期から慢性期まで、虚血、不整脈、心不全、心筋症、弁膜症、大動脈疾患、末梢動脈疾患など、あらゆる循環器疾患に対応できるよう全ての分野の専門医師が揃った、全国でも数少ない専門家集団です。

虚血に対するカテーテル治療(PCI)は年間300例を超え、さらに、末梢動脈疾患へのカテーテル治療(PPI)、大動脈弁狭窄症に対する新しい経中隔的大動脈弁形成術(PTAV)、肥大型閉塞性心筋症に対する経皮的心室中隔焼灼術(PTSMA)、僧帽弁狭窄症への経皮的僧帽弁拡張術(PTMV)など、全てのカテーテル治療が可能です。また、ロタブレーターなどあらゆる治療機器の使用も可能な認定を受けています。

不整脈では心室頻拍、上室性頻拍のカテーテルアブレーションは勿論、心房細動にたいする肺静脈隔離術(PVI)も年間50例以上行い、アブレーション総件数は118例です。植え込み型除細動器(ICD)、両心室ペースメーカー(CRT)の植え込み認定施設を持ち、この分野でも全ての治療が可能です。

エコーは通常の心エコー検査に加え、経食道エコー(TEE)、ドブタミン負荷エコー(DSE)、内皮機能検査、血管エコー(大動脈、腎動脈、頸動脈、下肢動脈、下肢静脈)が可能で、年間6500件程度施行しています。急性期心臓リハビリはリハビリテーション部と共同でCPXも含めて施行・運用し、術後や、心筋梗塞後患者の社会復帰をサポートしています。

また、循環器救急は札幌市ACSネットワークの会員として24時間、365日の救急対応を行っています。加えて、研修病院として、初期、後期研修医の教育には専属スタッフを配置して明日を担う、良質な医師の育成に努めています。臨床(診断、治療、救急)から教育、研究まであらゆる面をカバーし、患者さん、医療関係者の全てのニーズに応えられると体制になっています。

このため、研修医は全国から俊英が集まりつつあります。ご紹介頂いた患者さんの多くは循環器内科フォローアップシステムにて、生涯に亘って定期的に経過を見させて頂き、我々の治療・判断の是非を常に確認しております。患者さんに満足いただける技術、人材、機材、システムを揃え、皆さんと一緒に明日の新しい医療を作り出そうと考えております。どうぞ宜しくお願い致します。

後期研修医募集
後期研修カリキュラム

ページの上へ