当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

リハビリテーション部

リハビリテーション部の紹介

平成29年7月現在、リハビリテーション部は、理学療法士が58名、作業療法士が18名、言語聴覚士が10名、物理療法助手2名、事務職3名の合計91名から構成されています。また、専門理学療法士・認定理学療法士・認定作業療法士のほか、呼吸療法認定士・心リハ指導士・リンパ浮腫療法士・ケアマネジャーなど、リハビリテーションに関連する資格取得も推奨しています。更に、社会人枠での大学院進学を推奨し、特殊なケースを除いて学費などは自己負担となりますが、業務調整主体に支援しております。2015年3月現在までに5名の修士資格取得者が在籍し、内3名は本システムを利用しています。

リハビリテーション部の構成は、整形班、脳外班、総合内部班、心リハ班・ユニット班、がんリハ班(2班)、外来班、訪問リハ班の計8班から成り、PT・OT・STなどの専門職種毎にグループ編成は行っていません。
今後は、更に班編成が増え、いずれは病棟配置に移行させる予定でおります。

組織のたゆまぬ発展を目指し、1年単位での目標管理は当然のことながら、5年単位でのマスタープランの設定も行っています。年単位の目標管理としては、個人目標・班目標・部目標をおのおの新年度が始まる前の3月に設定し、5月に全体周知、10月に中間報告、翌年5月に結果報告を順次行っています。5年単位でのマスタープランについては、2000年~2005年「臨床実習施設としての機能強化、リハ業務マニュアル作成」、2006年~2010年「地域連携パスの作成・普及」、2011年~2015年「卒後教育プログラム企画・運用」を掲げ、2016年~2020年は「手稲地区に於けるCBR、MMTからHHDへの移行推進」を計画しています。

 

中でも、法令遵守の精神に則り1日の業務量適正化に向けて、前述の患者数のコントロールとは別に、リハビリ管理システム「リハメイト」を導入し、業務の簡略化を図りつつ「電子カルテ20:00シャットダウン」という試みも実施、職員の過剰労働抑止に努めています。これらの努力が、長きに渡って低い離職率を維持し、現在の91名というスタッフ数へと貢献しています。

クリニカルインディケーター卒後教育システム

卒後教育システム

2010年~2015年のマスタープランである「卒後教育プログラム企画・運用」に準じて、マスタープラン最終年度である2015年には、予定通り全プログラムが施行されています。3年間の準備期間を経て、2013年4月から3ヶ月間の集中講義が中心である「新人教育プログラム」をスタートさせ、2014年4月には3年目のPT・OT、4年目のST向け臨床指導資格取得前プレゼンファイル全8ファイル(PT3ファイル・OT3ファイル・ST3ファイル、1ファイルのみPT・OT共通)をスタート、最終年度である2015年には、新人教育プログラム以外の全講義ファイル計14ファイルを完成・運用するに至っています。

新人教育プログラムを含むリハビリテーション卒後教育プログラムはSPOT教育システムと称され、レベル1~レベル5にランク付けされています。レベル1~レベル2だけはエスカレーター方式で自動的にレベル2へ移行し(PT・OTは3年目、STは4年目)臨床指導者向けの講義や試験(プレゼンファイルを用いた)を受けなければなりません。レベル3・レベル4・レベル5に移行するためには、予め決められた講義や勉強会への参加、症例レポートの提出、学会発表スキルの獲得、投稿スキルの獲得などをクリアーしなければなりません。

レベル1・2は「ジェネラリスト養成期間」として概ね10年、レベル3は「レベル1・2向けの技術指導者、自立した学会発表者」「管理指導者見習い」として概ね主任レベルを指し、レベル4は「レベル3向け技術指導者、学会発表指導者、専門誌投稿者、自立した管理者」として概ね副部長レベル、レベル5は「学会発表指導者、専門誌投稿指導者、リハ部マスタープラン立案者、管理運営責任者」として部長レベルという位置づけで、SPOT教育システムのラダーに記されています。役職に就ける基準と連動させている点も本システムの特徴であり、主任となるためにはレベル3を、副部長となるためにはレベル4を、部長候補になるためにはレベル5をクリアしていなければなりません。

本システムで特記すべきことは、『10年掛けてジェネラリストを養成した後に、スペシャリスト或いはプロフェッショナルといったステージを用意していること』に他なりません。今後、高齢者が30~40%を占める人口構造へのシフトを考えれば、整形分野・脳外分野・呼吸器分野・循環器分野・がん分野などのあらゆる分野をローテーションさせた後に、訪問リハを経験させてジェネラリストを養成することは必須と考えます。
今後は、レベル3以上に到達したスタッフに対して手稲渓仁会病院独自で「ジェネラリストPT・OT・ST」の修了証を発行し、その資格について周知するよう働きかけようと計画しています。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU