当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

小児科

後期研修について

夢を実現する為の礎を築こう

どんな小児科医になりたいですか?

「子供の命を救いたい」
「やさしいかかりつけの小児科医」

臨床研修の目的は疾患に対する知識や手技の獲得だけではありません。様々な医療現場で活躍できる医療者としてのしっかりした基礎を築き、プロフェッショナルとしての夢を実現する為に必要なキャリアパスを作成する事が重要なのです。

広範な専門分野が存在する小児科領域でプロとして活躍するには、広い知識と経験を要します。従って特定分野のspecialistであっても、臨床家である以上はgeneral pediatricianとしての質の高い経験が必要となります。

手稲渓仁会病院における小児臨床研修はどこに行っても通用するgeneral pediatricianを”最低限”の目標としています。しっかりした基盤を築いた後に、将来の夢を発見、実現する為に柔軟性に富んだカリキュラムを提供しています。

小児科学会専門医の取得は小児科医として活躍するためには必須条件と言えます。専門医制度規則では3年以上の小児科臨床研修が必要ですが、当院は小児科研修施設として認定されています。また、自ら診療に携わった30症例について下記に挙げた分野ごとに2症例以上ずつ要約を提出しなくてはなりません。

1. 遺伝疾患、染色体異常、先天奇形
2. 栄養障害、代謝疾患、消化器
3. 先天代謝異常、内分泌疾患
4. 免疫異常、膠原病、リウマチ疾患、感染症
5. 新生児疾患
6. 呼吸器疾患、アレルギー
7. 循環器疾患
8. 血液疾患、腫瘍
9. 泌尿器疾患、生殖器疾患
10. 神経・筋疾患、精神疾患(精神・行動異常)、心身症

多くの小児科研修医が症例の収集に苦労する中、当院の研修医はこれらの多彩な疾患を広くカバーする経験をしています。つまり当院で3年間臨床経験を積めば専門医取得の準備は完了しています。

手稲渓仁会病院にとっての臨床研修教育とは

何故、手稲渓仁会病院は研修に力をいれるのか?

目的は将来の優秀なスタッフを育成する事です。時代、環境の変化に対応しうるタフな組織であり続けるために外で学んだ新しい血を取り込んでいかなければなりません。当院で研修した医師が旅立ち、一回りも二回りも大きく成長して戻ってくることを夢見て指導にあたっています。その為にも、働きやすい雰囲気と臨床を楽しめる環境を心がけています。

臨床研修の実際

一般小児:プロのgeneral pediatricianとしての基礎を築きます。

その他、卒後4年目以降では院外研修(市立札幌病院NICU 2ヶ月、北楡病院:血液疾患 1ヶ月)を必須カリキュラムとして用意しています。科内及び院内カンファレンスの講師として講義してもらっています。講義の準備を通して一般的な小児疾患における知識が整理されます。積極的に学会への発表もしてもらっています。

病棟 上級医の指導の下、主治医として診療にあたる。
初期研修医の指導
病棟運営に関わる
外来 上級医の指導の下、一般外来、専門外来を担当する。
予防接種について必要な知識と経験を積む
乳児健診について必要な知識と経験を積む
退院後症例のフォローアップを担当し、小児科医の喜びを経験する。
救急 ドクターヘリ基地を併設する3次救急施設でありながら365日24時間openのwalk-in救急外来では、多彩な症例が経験できる。臨床能力が磨かれる最高のチャンスで、必ず上級医のバックアップが得られる環境でのチャレンジは臨床医として最高の舞台と言える。
ICU 救急と共に極めて高い機能を発揮している。
神経疾患、心疾患、呼吸器疾患、感染症、腎疾患、代謝疾患、外傷など多様な疾患に対応している。
エビデンスに基づいた標準的な治療を基本とした最先端の取り組みを学べる。
上級医と共に主治医として担当する。
新生児 豊富な周産期症例(年間症例数約500例)を基に新生児の特性と疾患について良く知る。
6床のNICUでは30週以降(1000g以上)のハイリスク新生児の診療にあたっている。基本的な新生児医療の知識と経験は充分に詰むことが出来る。(更に2年目以降で規模の大きなNICUでの院外研修が必須となっており、より高度な新生児医療の研鑽を積める。)
循環器 小児循環器専門医の指導の下、小児循環器疾患の診断と管理の基本を学ぶ事ができる。
年間症例数:カテーテル約60症例、オペ約40症例。
NIV
在宅医療
当院独特の専門分野。今後の小児慢性疾患医療において重要な役割が期待されている。現在50症例の在宅人工呼吸器を診療している。この規模は全国随一、訪問診療は年間300回に及ぶ。
その他 上級医には代謝、腎臓、アレルギーなどの専門医が揃っており各疾患分野の経験が可能。

後期研修医の声
堀大紀先生(2010年卒)
3年目以上の後期研修医にあたる私達が、主治医となって小児科診療の中心的役割を担える点が、当院における研修の最大の特徴であり、魅力です。上級医のサポートの元、最前線に立って患児のマネージメントを続けるうちに、気がつくと実力と自信がついているのを実感できます。小児救急・小児集中治療・小児循環器科で急性期医療の症例を経験できる一方で、生涯医療クリニックで慢性期・在宅医療についても関わることができます。外傷を含めたICU患者からNICUを含めた新生児医療まで、1次医療から3次医療まで、幅広く経験できる数少ない研修病院だと思います。私は3年目から渓仁会病院に来ましたが、先輩・後輩や病院スタッフ、そして何より患者さまとそのご家族からたくさんの刺激をもらいながら、充実した研修生活を送れています。

OBの声
戸田壮一郎先生(2004年卒 2004~2009年在籍)
救急外来・クリニック・病棟において豊富な症例(特にcommon disease)の経験を通じて、マネージメントについて自信が持てるようになれた事が良かったです。小児における各専門分野症例も経験できました。特にcommon diseaseのマネージメントと心エコーのテクニックは現在の職場でも十分通用しています。
橋本真理子先生(2007年卒 2007~2010年在籍)
最大の特徴は学ぶ機会の多さです。3次救急を含めた救急疾患や小児循環器・腎臓疾患など多彩な症例を経験することができます。更にCommon disease からICU Caseまで幅広い重症度の疾患・病態を経験できます。他院との連携も含め、卒後6年目での専門医取得に必要な症例は問題なく経験できました。また毎朝の病棟カンファレンスでは、指導医とのDiscussionを通じて診断や治療方針を確認し自分の考えを整理する事ができました。卒後3年目以降は一人で当直を行い自分で解決できるように訓練していきますが、いざという時には指導医が相談に乗ってくれます。毎日欠かさず行われるヌーンカンファレンスでは様々なレクチャーを聞くだけではなく自らが教える立場となって学びを深めることもできました。研修医は皆一生懸命でお互いに切磋琢磨しながら成長しています。やる気のある先生ならきっと満足できる研修になるはずです。
荻原重俊(2009年卒 2013~2014年在籍 現在当院麻酔科医)
当院の研修の特徴は、北米式研修、豊富な症例、そして”hands on”です。当院は初期臨床研修制度が始まる以前からピッツバーグ大学と連携し研修プログラムを築いてきた歴史があります。軽症から最重症までバランス良く、豊富な症例を通して世界標準の医療を学ぶ事ができます。また小児科研修医は雑用係ではありません。第一線で診療して実力を着けて頂き、2年目からは小児科当直、3年目では病棟リーダーとして全患者のmanagementを行います。仕事は多忙ながらも余暇は確保されており、札幌駅まで10分、スキー場やビーチも車で20分程と抜群の立地でリフレッシュも充実しています。On/offとも充実した研修がしたいと思う方は、是非一度見学に来てみてください。

カリキュラムの実例

1. コア・コース

・将来の明確な目標を見つける。あらゆる選択肢にも対応できるように、一般診療(病棟および外来)を通じて小児科医としての背骨を作る事を目標とする。
・専門医や他科へのコンサルテーションをスムーズに行えるようになる。 将来の目標が定まれば、カリキュラムの変更も可能。

2. 専門医コース

・将来の目標に向けて、最低限度身につけるべき小児科医としての経験と知識を磨く。
・より適切な専門医教育を受ける準備を行う(国内外機関への就職、留学を含めた相談・紹介・推薦に応じる)。

3. 大学院コース

・専門医としてのキャリアを形成しながら、専門分野における博士号取得を目指して大学院への進学を目指す。

研修プログラムの特徴

当院小児科は、札幌、北海道の急性期・重症疾患を対象とした2次、3次小児科医療をおこなっている。一般小児科、新生児・NICU、小児循環器科と3部門からなり、8名の指導医と3名の臨床研修医(研修3年目〜5年目)で診療を行っている。当科での研修プログラムの特徴を下記に示す。

  • 症例が豊富で多彩であり、特に重篤な疾患が多い。小児疾患全般を幅広く経験でき、診療に必要な手技(採血・点滴、気管チューブ挿入、中心静脈ライン挿入、胸腔穿刺、髄液採取、骨髄穿刺、腸重積整復、心エコー検査、腹部エコー検査等)を覚える充分な機会がある。
  • 小児科全般の基礎研修(研修3年目)に加え、研修4年目、5年目では各自のキャリア・プランに応じたテイラー・メイドな臨床研修に対応している。
  • 毎朝の入院症例のカンファレンス、また毎日の昼食を食べながらの勉強会(ヌーン・カンファレンス)など、小児科医必須の基礎知識やまた専門的な知識を得る場が数多く用意されている。
  • 学会発表や論文作成する症例に恵まれている。年2〜3回の学会発表、年間1つ以上の論文作成を課題とし、学術的な育成を目標とする。

主たる専門医と取得までの期間、条件

日本小児科学会認定小児科専門医

•日本小児科学会入会後5年間、かつ 5年間以上の研修歴

他の取得可能な専門医資格

•小児循環器専門医(5年間の日本小児循環器修練施設での研修が必要)

施設認定の名称

•日本小児科学会研修支援施設
•日本アレルギー学会認定準教育施設

研修計画

研修3年目:

主に病棟チームリーダーとしての役割をなす。一般小児科病棟、新生児・NICU病棟を交代で分担する。

研修4年目、5年目:

本人の希望に沿い、テイラーメイドな研修ができるよう柔軟に対応する。ただし、研修4年目に、血液・悪性疾患研修1ヵ月(院外)およびNICU研修2ヵ月(院外)を必須とする。
希望があれば、6ヵ月から1年の長期院外研修(必須研修のできる施設で)を企画する。

例1)いろいろな部署で多彩な研修を受けたい

・研修4年目:一般小児科 6ヵ月、NICU(院外) 2ヵ月、血液(院外) 1ヵ月、ICU 3ヵ月
・研修5年目:一般小児科 3ヵ月、循環器 3ヵ月、在宅医療 3ヵ月、救急 3ヵ月

例2)一般小児科をしっかり研修したい

・研修4年目:一般小児科9ヵ月、NICU(院外)2ヵ月、血液(院外) 1ヵ月
・研修5年目:一般小児科12ヵ月

カンファレンス スケジュール

名称主催科内容日時場所
病棟カンファレンス 小児科 入院全症例の診断および治療方針の検討 毎日9:30 小児病棟
周産期カンファレンス 産科、小児科 分娩、胎児、新生児に関する検討 木曜日8:00 会議室
ICUカンファレンス 小児循環器科、小児科、麻酔科 ICU症例の治療方針の検討 毎日8:30 ICU
術前カンファレンス 小児循環器科、心臓血管外科 手術症例の術前検討 月曜日17:00 小児病棟
ヌーン・カンファレンス 小児関連科 昼食をとりながらの勉強会 月〜金曜日12:00 会議室

科の実績

一般小児科診療

•外来数 平均40-50人/日(平成27年度:平均42人/日)、入院総数 1200-1400例/年(平成27年度 1455例)
•道央圏の3次小児救急に対応している。人工呼吸管理を必要とする症例はもとより、急性脳症、溶血性尿毒症症候群、敗血症ショック、劇症型心筋炎などが搬送され、小児の脳低体温療法、血液浄化や時には補助循環なども行っている(3次対応 20-30例/年)。

新生児・NICU診療

•分娩数は、年間 450-550例(平成27年度 526例)。
•平成28年度7月からNICU6床へ増床及びGCU6床を開設。(平成27年度:入院数100例)
双胎、胎便吸引症候群、新生児感染症、先天性心疾患など主に新生児疾患を対象に診療。超未熟児や極小未熟児の診療研修については、提携した札幌市立病院NICUにて院外研修を併せ行っている。

小児循環器診療

•心臓カテーテル検査 : 年間40-50例(平成27年度:38例)。
•カテーテル治療(肺動脈弁狭窄や大動脈弁狭窄に対するバルーン弁形成術、末梢性肺動脈狭窄に対するバルーンやステント拡大術、動脈管や側副血管に対するコイル塞栓術など) : 年間15-25例(平成27年度:15例)。
•新生児・小児心疾患手術 : 年間30例前後(平成27年:人工心肺使用25例、非人工心肺使用 3例)。

募集要項

  2017年度の専攻医を募集しています。募集人数や研修期間、処遇、応募資格などは
後期臨床研修医募集要項をご覧ください。

 

見学、ご相談

問い合わせは…
手稲渓仁会病院小児科
〒006-8555 札幌市手稲区前田1条12丁目1-40
tel: 011-681-8111  fax: 011-685-2196

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU