当院へのアクセス

病院代表 TEL:011-681-8111 FAX:011-685-2998

予約センター 011-685-2990

  • 取材について

お問い合わせメールフォーム

  • 文字サイズ

    • 通常
    • 拡大

診療科・部門

リウマチ科

診療実績・対象疾患

対象疾患

関節リウマチ、血清反応陰性脊椎関節炎(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎ないしはReiter症候群、炎症性腸疾患に伴う関節炎等)、シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス、抗リン脂質抗体症候群、強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、ベーチェット病、成人発症スティル病、リウマチ性多発筋痛症、血管炎症候群、サルコイドーシス、掌蹠膿疱症性骨関節炎、等

膠原病とは

リウマチ科が対象とする疾患は、関節リウマチを始めとする膠原病全般です。正常から疾患への、また疾患間での連続性や、重症度や進み方における多様性(個体差)等からも、診断や治療に難渋することの多い領域です。原因不明の発熱、多関節痛・腫脹、筋痛、皮膚粘膜症状、循環障害等々の症状や身体所見、あるいは炎症反応や自己抗体等の検査所見から疑われてご紹介いただくことが多いです。

実は感染性心内膜炎等uncommonな感染症であった!と言うように、感染症との鑑別は膠原病では免疫抑制療法が行なわれることが多い点からも重要です。反応性関節炎等に見られるように微生物感染は単なるきっかけでそれに対する宿主免疫応答により膠原病症状を呈する場合もあります。反応性関節炎はまた、仙腸関節を含む脊椎関節や腱付着部の炎症により特徴付けられる、脊椎関節炎と呼ばれる疾患群の一つでもあります。この脊椎関節炎は乾癬や掌蹠膿庖症等の皮疹の存在が有力な手がかりとなる場合もありますが、(どのような疾患もそうであるように) 特に初期あるいは軽症例、非典型例等では診断が難しいことが多く、血清反応陰性の関節リウマチとされる症例の一部に同疾患が紛れ込んでいる可能性もあり注意が必要です。

病因・病態への自己免疫の関与が明らかでない疾患と言う点では、近年自然免疫系の遺伝子異常等による変調から炎症性サイトカインの産生をきたす「自己炎症性疾患」なる疾患概念が提唱され、家族性地中海熱やその類縁疾患を筆頭に広義ではベーチェット病や成人発症スティル病等もその一つと考えられています。その他、悪性リンパ腫等も含む悪性腫瘍を背景として膠原病あるいは類似の病像を来たす場合もあり、常に念頭に置くようにしています。

関節リウマチは膠原病の中で最も多く (有病率0.5~1%, 日本での推定患者数約70万人)、(典型例では) 複数の関節に痛みや腫れが続き、放置すると関節破壊から変形に至る病気で、関節以外に肺、血管等にもしばしば炎症を伴います。
特筆すべきは、関節リウマチの診断、治療がここ数年間で大きく変わってきていることです。他の疾患同様、より早期に診断し治療を開始することが関節炎の鎮静化や関節破壊を食い止める上で重要ですが、その早期診断が抗CCP抗体のような血液検査やMRIや関節エコー等の画像検査も駆使されることにより実現可能となってきています。治療では、TNF-αやIL-6と言った炎症性サイトカインや免疫担当細胞でのシグナル伝達分子を標的とした新薬 (当科では一部の剤形を除き保険適応のある8剤全て使用可能です) の登場と、必要に応じそれらも活用した治療目標の早期達成と厳格なコントロールにより、著明な改善や寛解、さらにはより早期からの介入により健常人と変わらぬQOLの保持も夢ではなくなってきています。
しかしながら治療の強化の一方で、感染症等有害事象へのきめ細かな配慮や対応がこれまで以上に求められる等、関節リウマチを巡る状況は大きな変革の只中にあると同時により複雑化して来ていると言えます。

膠原病は若年~中年に発症する疾患が多いのですが、リウマチ性多発筋痛症や血管炎等元来高齢者に好発するものもあり、また関節リウマチでは好発年齢は30才~50才台とされていますが、昨今の高齢化を反映してか70才以上の高齢で発症する患者さんもしばしば経験されるようになっております。実際、2009年から2014年の間に当科を初診した新規発症、早期関節リウマチ患者 (67例) の検討では、平均発症年齢が61才と大幅に高齢にシフトしており、しかも多くの高齢発症関節リウマチ患者では疾患活動性や骨関節破壊の進行が非高齢発症患者と同等かそれ以上、すなわち必要とされる治療も同等であることが判明し、臓器機能の低下や種々の合併症のために治療が限定的とならざるを得ない現状とのギャップが浮き彫りになりました。これら高齢発症を含む「高齢者の膠原病診療」は、「個別化医療」とも不可分であり、共に今後の膠原病診療の重要な課題の一つと考えられます。

ページ上部へ戻る

CONTENTS MENU