渓仁会グループ 医療・保健・福祉の複合事業体

後期研修プログラム

  • HOME
  • > 後期研修プログラム

後期研修について

研修責任者・指導医

研修責任者・指導医
小嶋 一(手稲家庭医療クリニック院長、公衆衛生修士、日本プライマリケア連合学会家庭医療認定医・指導医)
指導医
星 哲哉(米国家庭医学専門医、米国老年科専門医)
中島 徳志 (日本プライマリケア連合学会家庭医療認定医・指導医在宅医療認定医、産業医、日本内科学会認定医)

家庭医とは

小児から高齢者まで、病気に罹患する前から病気にかかったあとまで、都市部から僻地まで、包括的に患者に寄り添うことのできる医師である。
対象診療科は内科、小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科、精神科など多岐に渡る。

取得できる専門医資格と研修期間

資格:日本プライマリケア連合学会認定家庭医専門医
期間:3年間

後期研修医の定義

•当院内科系プログラム家庭医コースで3年間の初期研修を終了した場合、卒後3年目を後期1年目とする
•他院で2年間の初期研修を終了した場合、卒後年度に関係なく、後期研修に採用された時点で後期1年目とする

研修医の概要

日本プライマリケア連合学会後期研修プログラムVersion2.0準拠

研修 頻度・期間 内容
継続外来研修 通年、週1-2日 ローテーション科に関わらず、継続外来研修を行う。
家庭医療の醍醐味である継続診療の重要性を学ぶ。
初診外来研修 3年で9-12ヶ月 予約外の患者の診療を行う。
1か月で約100人の初療(軽症から緊急搬送まで)にあたる。
在宅医療研修 通年、月2-4回 2-8人程度の在宅患者を受け持ち、看護師と共に在宅診療を行う。
患者や患者家族、他職種との連携を図り、医療・社会的問題に対応する力を養う。
希望により在宅癌終末期患者も受け持つことができる。
緩和ケア病棟研修 3年間で3ヶ月 クリニック2階の緩和ケア病棟で癌終末期の病棟研修を行う。
月に10人前後の患者を看取り、症状コントロールの技術や家族のケアを学ぶ。
総合内科病棟研修 3年間で5ヶ月 手稲渓仁会病院と江別市立病院総合内科病棟で家庭医として必要な一般内科疾患診療を学ぶ。
手稲渓仁会病院ではICU管理も含む重症度の高い患者を、江別市立病院では一般市中病院でのCommon diseasesを多く経験する。
小児科研修 3年間で3ヶ月 手稲渓仁会病院小児科や札幌社会保険総合病院小児科で一般小児疾患と予防医療、救急疾患を中心に学ぶ。
僻地研修 3年間で3ヶ月 倶知安厚生病院などの僻地医療機関で人的・医療的資源が限られた環境下での診療を通じて、自身の成熟度を再認識する。
救急研修 3年間で3ヶ月 手稲渓仁会病院の救命救急センターにて1次〜3次までの幅広い初期治療を学ぶ。
選択
研修 頻度・期間 内容
選択研修 3年間で3〜6ヶ月 強化したい分野や興味の強い分野などを選択期間で学ぶことができる。
整形外科、皮膚科、産婦人科、耳鼻科、精神科、泌尿器科、リハビリなどが選択できる。
院外研修 3年間で3ヶ月 上記選択研修の中で希望者が院外でも研修が可能。
研修例
総内:総合内科、家外:家庭医療クリニック外来
1年 2年 3年
4月 選択 家外 選択
5月 緩和 家外 地域(倶知安)
6月 小児 内科 選択 地域(倶知安)
7月 総内(渓仁会) 内科 選択 地域(倶知安)
8月 緩和 救急 家外
9月 救急 総内(渓仁会) 家外
10 家外 緩和 家外
11月 総会(渓仁会) 家外 内科 選択
12月 家外 小児 家外
1月 家外 緩和 家外
2月 救急 総内(江別) 家外
3月 小児 総内(江別) 内科 選択

 カンファレンススケジュール

•毎日外来開始前:オンラインレクチャー、論文抄読会
•毎日外来終了後:新患振り返りカンファランス
•毎週火曜日午後:抄読会、レクチャーシリーズ、ケースカンファランス、在宅カンファランス

科の実績(2015年4月〜2015年3月)

外来:17,138人
病棟:125人
訪問:112人

疾患の内訳

●内科系疾患循環:高血圧症、狭心症、心筋梗塞
代謝:糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、甲状腺疾患、骨粗鬆症、痛風、偽痛風
呼吸:気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、肺癌
消化:急性胃腸炎、過敏性腸症候群、虚血性腸炎、炎症性腸疾患、胃癌、大腸癌
神経:脳梗塞、末梢神経障害、認知症
免疫:関節リウマチ、シェーグレン症候群、リウマチ性多発筋痛症、SLE、成人スチル病
感染:急性上気道炎、尿路感染症、肺炎、性感染症、軟部組織感染症、結核

●小児科疾患
循環:起立性調節性障害
呼吸:気管支喘息
消化:急性胃腸炎
神経:熱性痙攣
免疫:食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎
感染:感冒、尿路感染症、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎、インフルエンザ、水痘、流行性耳下腺炎
精神:適応障害、不登校
その他:予防接種、健診

●産婦人科疾患
産科:正常妊娠
婦人科:月経困難症、不整性器出血、性感染症、バルトリン腺膿瘍、腫瘍:子宮頸癌、子宮体癌、卵巣腫瘍

●整形疾患
腰痛症、骨折、肩関節円板炎、捻挫、変形性関節症、ベーカー嚢胞

●皮膚疾患
アトピー性皮膚炎、白癬症、脱毛症、蕁麻疹、乾癬、帯状疱疹、伝染性軟属腫

●眼科疾患
結膜炎、鼻涙管膿瘍、涙腺炎、ぶどう膜炎、ヘルペス性角膜炎、角膜潰瘍

●精神科疾患
うつ病、パニック障害、全般性不安障害、適応障害、不眠症

●その他
禁煙外来

 施設認定の名称

日本プライマリケア連合学会認定施設(2009年認定)
※募集人数や研修期間、応募資格などは後期臨床研修医募集要項をご覧ください。

 

Copyright © Keijinkai Group. All Rights Reserved.